FC2ブログ
2019/06/18

リリーバレロ、9カ月ぶりの実戦。長かったぁ。

リリーバレロファンの皆様、お待たせしました。

今週の土曜日に、9か月振りのレースを迎えます。

しがらきで転倒して足を痛めてから半年、じっくり時間をかけて慎重に進めたようです。

まだ痛めたところの影響でか、手前の得手不得手がでてしまっているようですね。

万全とはいかないようですが、無事に力を出してほしいと切に願います。

鞍上のレーン騎手は一流の騎手ですので、その点も考慮してうまく乗ってくれるのではないかと期待します。



以下転載です。

19/6/13 堀厩舎
12日は軽めの調整を行いました。13日は美浦南Wコースで追い切りました。「今朝はレーン騎手騎乗で3頭併せを行いました。キャンターのおろしがけは一番後ろからでしたが、ハミに乗っかかり気味で前進気勢が強くなっている馬のリズム考え、一度インコースから前に出て直線で併せる格好になりました。その形でも終いまでしっかりと反応できていましたし、事前にジョッキーに感触を確かめてもらえたことはプラスになるはずです。今回の調整時は左手前では少し左にヨレ気味も、右手前に替えればそこまで気にならないですから、左回りは悪くないはずです。少しテンションが上がり気味でカイバ食いも完全ではありませんが、483キロで入ってきて現在は469キロとまずまず保つことができています。また、その中でシルエット的には絞れて来ていますし、今後も心身のバランスを見ながらしっかりと状態を整えていきたいです」(堀師)22日の東京競馬(3歳上1勝クラス・芝1600m)にレーン騎手で出走を予定しています。

19/6/6 堀厩舎
5日は軽めの調整を行いました。6日は美浦南Wコースで追い切りました。「カイバ食いは相変わらずあまり良くなくイライラした様子も目立ちますが、馬体重は470キロを何とかキープできています。ただし、毛ヅヤ、張りはひと息なのでガストロガードという薬を使いつつ少しでも健康状態をあげられるようにしています。先週よりはほんの少しいいかなとは思えたので今回はコースで時計を出すようにしていました。そう言った精神状態から来る緊張感もあるのかもしれませんが、前進気勢のある走りになっていました。このこと自体は決して悪いことばかりとは思っていません。もちろん精神的なことは気になりますが、元々血統的な部分からこの馬は短い距離に適性があると見ていたので、成長とともにこの馬本来の適性部分が出てきているのかもしれないと、捉えられるからです。もちろん、度が過ぎるとそれこそカイバ食いに影響したり、走る際も夢中になりすぎてコントロールが難しくなったりしてしまいますから、程よいところで留めつつ競馬へ向かっていければと考えています。もしかすると1200m戦を選択をするかもしれませんが、いきなり詰めるのではなく教えつつ走らせたい考えもあるので東京を本線に見て、現在の状態と照らし合わせると再来週の1600m戦を考えています」(堀師)今のところ22日の東京競馬(3歳上1勝クラス・芝1600m)に出走を予定しています。

19/5/30 堀厩舎
29日は軽めの調整を行いました。30日は美浦坂路で追い切りました(56秒8-41秒4-27秒2-13秒1)。「先週北海道から美浦トレセンへ移動してきました。調整自体は進んでいたようですが、どうもトモ脚に傷をつくって炎症を起こしていた部分もあったので慎重に見極めながらトレセンでの調整をスタートさせています。体は増えた状態で入って来ていますが、カイバ食いがひと息のため与え方等を工夫しつつ、昨日から胃薬の投与も始め少しでもいい状態で調教を行っていけるようにしています。調教に関してもこの状況を考慮し、今週の追い切りを当初予定していたコースではなく坂路で軽めにしました。上がりの息遣いを聞くとフーフー言っていてまだ整い切れていませんが、行きっぷりを見ていると良好で活力もあり、リフレッシュされているように感じます。しかし、以前見せていなかった左へのモタれがあります。しがらきで左の腰角部分を傷めたことがあったのでその影響があるのかもしれませんが、そのあたりのバランスを少しでも整えていけるようにケアの仕方、または馬装等も考えていきます」(堀師)

19/5/24 堀厩舎
24日に美浦トレセンへ帰厩しました。




応援クリックお願いします。
     ↓

人気ブログランキング

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
スポンサーサイト



2019/06/18

ルージュバックの初仔は、かわいい牝馬!!

ロードカナロアとの初仔は、牝でした。

鹿毛のかわいい顔をした、賢そうな仔です。

体をみると、母譲りのトモの大きさが特に目立ちます。

お母さん同様、あの脚で牡馬たちを蹴散らすんだろうかと、未来が楽しみになりました。

募集があるとすれば来年。

それまで、大きく成長するんだよ。

178_3c51df27 (3)


178_7ddf972a (1)




178_3aa5622a (1)


応援クリックお願いします。
     ↓

人気ブログランキング

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
2019/05/22

ファナティック 惜しくも2着!!

ファナティックは先週に出走し、惜しくも2着。ファナティックは、頑張ってたけどねー。

三浦皇成騎手、何とかしてほしかったよ!!

松永幹夫調教師は「オークスに出したかった」とどこかでコメントしていたくらい、期待の素質馬ということが分かっていたので、是非とも勝って、秋華賞へのステップを歩みだしたかったのですが、人気薄に足元をすくわれてしまいました。

これで、次はお姉さま方と一緒に走らないとならなくなったわけですね。

自走は6/15に阪神の1800mが牝馬限定で組まれてるので、疲れがなければ、そこらへんを目指すことになるのではないでしょうか。

何とか1勝クラスを卒業して、秋華賞トライアルに出られるようにしてください!!

以下転載です。

19/5/22 NFしがらき
22日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週の競馬はいい結果を出せず申し訳ありませんでした。内も伸びる馬場で、勝ち馬にうまく抜け出されてしまいました。枠が違えばまた結果も違ったと思うだけに残念ですが、力のあるところは再確認しましたし、また巻き返していきたいと思います。輸送もありましたから、いったん放牧に出させていただき、状態を見てから今後のプランを検討していきます」(松永幹師)

19/5/18 松永幹厩舎
18日の東京競馬ではまずまずのスタートを切るも周りの状況を見ながら折り合い重視で進める。直線では外から抜け出すかに見えたが、内をついた勝ち馬に先着を許し2着。「初めて競馬で跨るので以前との比較はできませんが、輸送の影響もあるのか少し気が入っている様子で、ゲートを含め出過ぎたかなと思えるほどでした。それでもそこで行かせてしまうと先につなげにくいですし、外から上がっていく馬もいたのでしっかりと我慢させました。何とかリズムを整えて直線へ向かえ最後まで脚を使ってくれていますが、勝ち馬に内から上手く抜け出されてしまいましたね…。今週は内馬場も伸びやすくなっていただけに、枠の内、外の差もあったと思いますが、いい馬でチャンスをいただいただけに申し訳ありませんでした」(三浦騎手)「直線では外からしっかりと脚を使ってくれましたが、勝ち馬に内をすくわれてしまいましたね…。広いコースでしっかりと結果を出したかっただけに、申し訳ありませんでした。悔しい結果になりましたが、今日は外目の枠で序盤に少し気負っている様子もありましたし、散水したのが乾いて来た午後は内も伸びるようになっていて、内をロスなく回った勝ち馬に流れが向いたこともあるでしょう。決して力が足りなかった訳ではありませんから、前を向いて次につなげて行きたいです。今後はトレセンに戻して状態を見てから考えていきます」(松永幹師)直線ではしっかり脚を使ってくれましたが、よりスムーズに運んだ勝ち馬には届きませんでした。今回はキッチリと決めたかっただけに悔しい限りですが、同世代ではクラス上位の走りができていますから、今日の経験も糧にさらにレベルアップを図って結果につなげていきたいものです。今後はレース後の状態を見てからどうするか判断していきます。

19/5/16 松永幹厩舎
18日の東京競馬(カーネーションC・牝馬限定・芝1800m)に三浦騎手で出走いたします。

19/5/15 松永幹厩舎
15日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで併せて追い切りました。ちょっとズブいところを見せる時もあるので今日はテンからある程度出していくよう指示をしたのですが、しっかりとハミを取ってすんなりと行き脚はついていました。先行する形で進めて最後もそのままきっちり先着という内容で、終いまで動きも良かったですよ。東京への長距離輸送は初めてですが、普段の輸送でも馬運車でバタバタするようなことはありませんし、そのあたりは特に心配していません。広いコースで力を出し切ってもらいたいですね」(松永幹師)18日の東京競馬(カーネーションC・牝馬限定・芝1800m)に三浦騎手で出走を予定しています。

19/5/12 松永幹厩舎
18日の東京競馬(カーネーションC・牝馬限定・芝1800m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて13頭の登録があります。

19/5/8 松永幹厩舎
8日は栗東坂路で追い切りました(56秒0-40秒3-26秒0-12秒8)。「牧場での状態も特に問題ないようでしたので、来週のカーネーションCを目標に無事帰厩しており、今朝は坂路で併せ馬を行いました。テンのペースが遅く、併走相手もあまり動かなかったので時計的にはそれほど強調できるものではないのですが、こちらは終始いい手応えで動けていていましたし、やればいくらでも時計は出そうな感触でした。広いコースは合うと思いますし、自己条件ならば力は上だと思いますから、今回はきっちりと結果を出してもらいたいと思います。なお、鞍上は三浦騎手に依頼しています」(松永幹師)18日の東京競馬(カーネーションC・牝馬限定・芝1800m)に三浦騎手で出走を予定しています。

19/5/3 松永幹厩舎
2日に栗東トレセンへ帰厩しました。

19/5/1 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間は坂路で15-15近くまでペースを上げて乗り込みを行っています。ケアを行いつつ背腰の状態も落ち着いていますし、厩舎サイドとは近々移動させましょうという話をしているところですから、いつ声がかかってもいいように調整を進めていきます。馬体重は473キロです」(NFしがらき担当者)

19/4/23 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週の木曜日にこちらへ到着しており、周回コースと坂路で軽めに乗り出しています。背腰に多少の反動はありますが、カイバはこの馬なりに食べてくれていますし、毛ヅヤも良くて体調自体は問題ありません。しっかりとケアをしながら進め、問題ないようなら3歳馬同士の番組があるうちに出走させることも考えていきます」(NFしがらき担当者)

19/4/18 NFしがらき
18日にNFしがらきへ放牧に出ました。

19/4/17 松永幹厩舎
17日は軽めの調整を行いました。「先週は申し訳ありませんでした。強いメンバーを相手に結果を出すことができれば今後が楽しみになりますし、なんとか最良の結果をと思っていたのですが、4コーナー手前で窮屈になる場面がありましたからね。ただ、それでも最後までよく差を詰めてくれていますし、なんとか巻き返していければと思います。レース後は目立った疲れなどは見せていませんでしたが、背腰のケアも兼ねていったん放牧に出させていただくことにしました。状態次第では3歳馬同士で走れる期間内に戻すことも検討していきます」(松永幹師)

19/4/14 松永幹厩舎
14日の阪神競馬ではスタートを決めて道中は3、4番手のインコースを追走。直線に向いて脚を伸ばすが、逃げた勝ち馬が最後までしぶとく2着。「ハナに立った馬が楽なペースで行っていましたが、この馬自身もしっかりと脚は溜まっていたと思いますし、道中は悪くない形で競馬ができていました。ただ、4コーナーで外から寄られて窮屈になり、そこで仕掛けがワンテンポ遅れてしまったのが痛かったです。馬場を気にしているような感じもありませんでしたし、もったいない競馬になってしまいました。本当に申し訳ありません」(北村友騎手)「僅か4キロでもプラスだったのは良かったと思いますし、少頭数とはいえ強そうなメンバーを相手にどんな競馬をしてくれるか楽しみにしていました。馬場を気にしているような感じもなく途中まではうまく運べていたのですが、エンジンを掛けていくところで外から来られてしまいましたからね…。勝負どころがもっとスムーズだったらと思いますし、勝ち切ることができず申し訳ありませんでした。この後どうするのかはまず背腰や脚元などをしっかりと確認した上で検討していきます」(松永幹師)パドックから落ち着きがあって状態は良さそうに見えましたし、昇級戦でも自信を持って臨むことができました。残念ながら逃げた勝ち馬に展開が向いてしまいましたが、最後まで脚は使ってくれていますし、相手関係や流れ次第で差し切るところまで十分期待できそうです。今後についてはまず馬体をよく確認してから検討していきます。


応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。

2019/05/22

リリーバレロ ようやく入厩が決定!!

リリーバレロファンの皆様、長い間お待たせいたしました。

ついについに、入厩が決定いたしました。

12月にしがらきで転倒してから約6カ月、途中、このまま引退かと思うこともあり、不安な日々を過ごしてまいりましたがようやく、GOサインが出たようです。

まずは入厩しての追い切りで競馬まで行けるかということだと思いますが、順調なら、6/22東京の混合の1600mか、23日東京の牝馬限定の1800mでの復帰なのではと予想してます。

その日は休みだから、応援に行くぞー!!

がんばれ、バレロ!!

以下転載です。

19/5/22 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンターを2本登坂しています。「厩舎サイドと相談した結果、金曜日の検疫を確保することができたという話でしたので、本州へ移すことになりました。具体的な目標に関しては入厩後の状態次第で判断してもらうことになるでしょう。まずはスムーズに競馬まで進めることができればと考えています」(空港担当者)23日に美浦トレセンへ向けて移動する予定です。

19/5/16 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンターを2本登坂しています。「継続的に乗り込みをこなしていますが、いい意味で変わりありません。必要な箇所にはケアを施しつつ、更に本数をこなしていければと思います」(空港担当者)

19/5/9 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンターを2本登坂しています。「引き続き、動きの質の向上を目指して、じっくり負荷をかけています。しっかりとベースとなる部分を整えて本州移動へつなげていきたいです。馬体重は494キロです」(空港担当者)

19/5/1 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンターを2本登坂しています。「リフレッシュを取り入れながら進めていますが、ここまでの感触は悪いものではありません。まだ具体的な予定は定まっていませんので、徐々に状態を上げていければと思います」(空港担当者)

19/4/25 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンターを2本登坂しています。「この中間も変わりなくメニューを消化できています。疲れが蓄積してきた箇所にはショックウェーブでケアを施しています。引き続き慎重に接しながら前進を図っていきたいです。馬体重は489キロです」(空港担当者)

19/4/18 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンターを2本登坂しています。「速めのペースで動かしていますが、問題なくメニューを消化することができています。更に乗り込みを重ねていき、良い状態にしていければと思います」(空港担当者)

19/4/11 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンターを2本登坂しています。「ハロン14秒ペースを始めていますが、トモを含めて状態は変わりありませんね。引き続き、感触を確かめつつ乗り進めていく予定です。馬体重は491キロです」(空港担当者)

19/4/4 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンターを2本登坂しています。「速めのペースを取り入れていますが、ここまでは順調に進められていると言っていいでしょう。この調子で動かしていき、状態を上げていければと思います」(空港担当者)

19/3/26 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンターを2本登坂しています。「この中間はハロン15秒ペースを取り入れて進めています。ここまではいい意味で変わりありませんので、継続的に乗り込みを行っていければと考えています。馬体重は496キロです」(空港担当者)

19/3/20 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンターを2本登坂しています。「坂路でのメニューを再開した後も変わりはなく、徐々に負荷を高めています。この後はじっくり本数をこなすことで乗り込み量を確保していければと思います」(空港担当者)

19/3/14 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンターを1本登坂しています。「ここまで周回コースでのメニューを行ってきましたが変わりありませんでしたので、この中間から坂路入りを開始しています。まずは無理なく動かしていきますが、問題ないようであれば徐々にピッチを上げていきます。馬体重は510キロです」(空港担当者)

19/3/6 NF空港
この中間は周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行っています。「相談の結果、この中間から騎乗運動を取り入れて進めていくことになりました。ここまで乗り進めていく中で大きな変化はありませんので、状態に合わせて少しずつ負荷を高めていければと考えています」(空港担当者)

19/2/28 NF空港
この中間はトレッドミルかウォーキングマシンでの調整を行っています。「引き続き、変わりなく調整を進められています。まだ騎乗運動を再開する時期は定まっていませんが、良い状態で本州へ送り出せるように焦らず取り組んでいきたいです。馬体重は510キロです」(空港担当者)

19/2/19 NF空港
この中間はトレッドミルかウォーキングマシンでの調整を行っています。「トレッドミルでのメニューへ移行して、1ヶ月が経過しましたが、ここまで大きな変化はありません。人を乗せた際にどうかという感じもありますので、状況を見ながら慎重に取り組んでいきます」(空港担当者)

19/2/14 NF空港
この中間はトレッドミルかウォーキングマシンでの調整を行っています。「キャンターペースで動かしていますが、変わりなく取り組めています。しばらくは現状のメニューで状態の確認を行いつつ進めていければと考えています。馬体重は510キロです」(空港担当者)

19/2/7 NF空港
この中間はトレッドミルかウォーキングマシンでの調整を行っています。「状態はいい意味で変わりありませんでしたで、徐々にキャンターペースを速めています。その分負担も大きくなるでしょうか、慎重に状態を見ながら進めていければと考えています」(空港担当者)

19/1/31 NF空港
この中間はトレッドミルかウォーキングマシンでの調整を行っています。「この中間からキャンター調整を織り交ぜて進めています。ここまでの調整過程は悪くありませんので、この流れを維持しながらさらなる良化に努めていければと思います。馬体重は516キロです」(空港担当者)

19/1/24 NF空港
この中間はトレッドミルかウォーキングマシンでの調整を行っています。「ウォーキングマシン運動を行う限りで状態は変わりはありませんでしたので、この中間からトレッドミルでのメニューも取り入れ始めています。まだダク程度の内容ではありますが、問題ないようであれば更に負荷を高めていければと考えています」(空港担当者)

19/1/17 NF空港
この中間はウォーキングマシンでの調整を行っています。「引き続き、マシン運動に留めて楽をさせていますが、大きな変化はありません。今後も左トモの状態をよく見つつ適切な治療を施していければと思います。馬体重は505キロです」(空港担当者)

19/1/10 NF空港
この中間はウォーキングマシンでの調整を行っています。「年末年始を挟んでいますが、こちらでの状態に変化はありません。しばらくは楽をさせる必要があると考えているので、状況を見ながらメニューを構築していきます」(空港担当者)

18/12/26 NF空港
この中間は軽めの調整を行っています。「しばらく軽めの内容で様子を見ていく必要があるということでしたので、このタイミングで北海道へ戻ってきています。経過を見た上でこちらでも状態のチェックを行えればと考えていますので、まずは輸送の疲れをしっかり癒していきます」(空港担当者)

18/12/25 NF空港
24日にNF空港へ移動しました。

18/12/22 NF天栄
「ここまで状態を確認してきてトモの状態は安定していますが、もうしばらくは軽めの調整で様子を見て行く必要がありますので、堀師、クラブサイドと相談をして一度北海道に戻すことにしました。今日NF天栄へ移動しています」(NFしがらき担当者)22日にNF天栄へ移動しました。

18/12/18 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間もトレッドミルでは常歩のペースで動かしています。先週から左トモの状態については大きく変わったような感じはありませんが、引き続き歩様は安定しています。状態の良化度合いについての判断は、ある程度のスパンで考えていく必要がありますし、もうしばらくは軽めの調整を行っていきます」(NFしがらき担当者)

18/12/11 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週後半からトレッドミル調整を開始しており、現在は常歩のペースで動かすことができています。まだそれほど強い負荷をかけていないとはいえ、左トモに反動が出ることはありませんし、歩様も安定していますね。少しずつ確実にペースアップできていますから、馬体のケアも行いながらこのまま進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

18/12/4 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「ここまで曳き運動で様子を見ていましたが、左トモの状態も引き続き安定していましたし、この中間からウォーキングマシン調整も開始しています。少しずつ負荷を上げて動かすことができていますし、歩様も特に問題ありません。体調面の心配もありませんから、様子を見てさらにペースアップしていきたいですね」(NFしがらき担当者)

18/11/27 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間も曳き運動を中心とした調整を行っています。左トモの状態は獣医にもしっかりと診察してもらっていますが、動かしつつも状態はいい意味で変わりありません。様子を見て問題なさそうであれば運動時間を増やすなど少しずつ負荷を上げていき、次の段階へとつなげていきたいと思います。馬体重は503キロです」(NFしがらき担当者)

18/11/20 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「数日舎飼で様子を見ていたのですが、動かしても問題なさそうだったことからすでに曳き運動を開始しています。トモの状態は引き続き慎重にチェックしていますが、今のところは歩様が悪化するようなこともありません。獣医にも定期的に診察してもらいながら様子を見ていきます」(NFしがらき担当者)

応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
2019/04/28

平成最後の天皇賞 予想


天皇賞ですが、フィエールマンはディープ産駒。春天でディープ産駒を本命にして何度痛い目にあったか、切りたい馬になりますが、素質と状態がいいので、△にします。外枠も痛いし。
本命は◎エタリオウ。いい枠を引きましたし、友道厩舎が、前走は本番を見据えた仕上げであったこともありますし、今回は浅めのブリンカーで前進を期待します。また②着のような気もしますが・・・。
対抗が〇ユーキャンスマイル、キンカメ産駒ですが、母父のダンスインザダークが出ているクチ。友道厩舎のワンツー?
▲グローリーヴェイズ 春天の舞台でメジロの血が騒ぎだす。
☆ハーツ産駒で①枠引いたチェスナットコート。
△昨年の3着馬クリンチャー。この舞台なら輝ける。
以下△メイショウがうまく乗れれば、
ということで、

◎エタリオウ
〇ユーキャンスマイル
▲グローリーヴェイズ
☆チェスナットコート
△フィエールマン
△メイショウテッコン
△クリンチャー
穴カフジプリンス



買い方
馬連 ◎⇒〇▲☆△△△(6点)

3連複フォーメーション
1頭目 ◎
2頭目 〇▲☆
3頭目 〇▲☆△△△穴 15点

3連単フォーメーション
1頭目 ◎
2頭目 〇▲☆
3頭目 〇▲☆△△△穴 18点

おさえ
1頭目 〇▲
2頭目 ◎
3頭目 〇▲☆△△△穴 12点
               計 30点
当たりますように。

応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ