FC2ブログ
2018/11/18

グレートバニヤン勝利ぃ!!!

やりました、グレートバニヤン、4戦目で勝ってくれました!!

一週間延ばしてビスィッっと追い切ったことで、最後のひと伸びがありましたね。

前回までの相手が強すぎたということと、体がまだ緩いということで、更なる成長に期待したいです。

とにかく、今日は勝ててよかったです、バニヤンおめでとう!!


以下転載です。


18/11/18  牧田厩舎
18日の福島競馬ではやや躓き気味のスタートとなるが、押して前々でレースを進める。好位で直線へ向くとそのまま先頭をキープして粘り切って優勝。「勝つには勝ちましたが、まだ全体的に緩いですね。直線では突き抜けられそうな感触があるのですが、思っている以上に動き切れませんでした。それだけ奥があるということでしょうし、パンとしてくれば上を目指せる馬だと思います。早い時期に勝てたのは収穫ですし、これからに期待しています」(川又騎手)予定を1週延ばしたことで、万全の状態で競馬へ挑むことができました。鞍上の思惑以上の伸びを見せることはできませんでしたが、体がしっかりしきれていない中で今の時期に勝利を収めることができたのは収穫でしょう。今後については厩舎へ戻ってからの状態次第で検討していきます。

18/11/15  牧田厩舎
18日の福島競馬(2歳未勝利・ダ1700m)に川又騎手で出走いたします。


応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
スポンサーサイト



2018/11/14

バニヤン 今週こそ、勝利を!!

バニヤン、先週は反応がいまいちとのことでしたが、今週はビスィッと追い切りができたようですね。(#^.^#)
今週末のレース、期待しちゃいます!!

がんばれ、バニヤン!!!


以下転載です。

18/11/14 牧田厩舎
14日は栗東坂路で追い切りました(54秒4-39秒8-25秒5-12秒4)。「今朝は坂路でしっかりと追い切りました。先週は全体の時計が物足りなかったこともあり1週予定を延ばしましたが、その分しっかりと乗り込んで状態は確実に上向いています。今朝は終いビシッと追ってラスト1ハロンは12秒4と上々の伸びでしたし、これで態勢は整ったと思います。1本多く時計を出せたことでグッと素軽さを増した感じもしますし、この条件で楽に先行できるようなら楽しみです」(牧田師)18日の福島競馬(2歳未勝利・ダ1700m)に川又騎手で出走を予定しています。

18/11/7 牧田厩舎
7日は栗東坂路で追い切りました(57秒9-41秒8-26秒9-13秒3)。「今朝は坂路で併せて追い切りました。追走する形から最後はビシッと追って併入しています。ラストはしっかりした伸びでしたが、大型馬で素軽く動けなかったということを割り引いても、ちょっとモタモタしていたような印象はありました。時計の出る馬場状態ではなく、スタートをゆっくり入った分余計に全体のタイムがかかったということを考慮すればそこまで心配することはないでしょうが、来週の福島にも同じ番組がありますし、もう1本追って態勢を整えてから出走させることにします」(牧田師)10日の福島競馬(2歳未勝利・ダ1700m)への出走は見送り、18日の福島競馬(2歳未勝利・ダ1700m)に川又騎手で出走を予定しています。

18/10/31 牧田厩舎
31日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで併せて追い切りました。パートナーが新馬だったこともあり、相手のペースに合わせてあげる感じで85秒前後の無理のない時計でという指示だったのですが、そのとおり楽な手応えで走れていました。終いの伸びも上々でしたし、精神面の気負いなども感じません。ここまではいい形で仕上がってきていますよ。来週の競馬は福島開催ということもあり、減量のある川又騎手に依頼しました」(牧田師)11月10日の福島競馬(2歳未勝利・ダ1700m)に川又騎手で出走を予定しています。

18/10/25 牧田厩舎
24日に栗東トレセンへ帰厩しました。25日は軽めの調整を行いました。「前走後はリフレッシュ放牧に出していましたが、いい感じで状態も上がってきたとのことで、水曜日にトレセンへ帰厩させました。さっそく今日から乗り出しており、坂路に入れて普通キャンターをサッと上がっています。今のところは福島2週目に向かう予定と聞いていますので、ここから少しずつピッチを上げていきたいですね」(宇田助手)11月10日の福島競馬(2歳未勝利・ダ1700m)を目標にしています。

18/10/23 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「福島開催に向け、この中間は15-15を取り入れてしっかりと乗り込んできました。まだ幼い面はあるものの動きは順当に良化していますし、馬体にもいい意味で余裕が出ていてフレッシュな状態です。今のところ今週中に帰厩の予定です」(NFしがらき担当者)

18/10/16 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「少しピッチを上げてからも特に問題なく動かせていますので、この中間からは坂路でジワッと終いを伸ばす調教も取り入れ始めています。心身ともに今は気になるところはありませんし、この調子で状態が上がってくるようなら、福島開催あたりを目指して行ってもいいのではないかという話もしています」(NFしがらき担当者)

18/10/9 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週末からは坂路でのキャンターも取り入れ始め、徐々に運動量を増やしています。気持ちの面でもいいリフレッシュはできていると思いますし、無理のないように乗り進めながら全体的な良化を促していきます」(NFしがらき担当者)

18/10/3 NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「こちらに到着後は運動程度で軽く動かしながら馬体のチェックを行ってきました。大きな反動は見せていない感じなので、週明けからは周回コースでの軽いキャンター調整を開始しています。気持ちの面で苦しいところも出てきそうだとも聞いていますので、無理せずに精神面のリフレッシュを図っていきます」(NFしがらき担当者)

18/9/26 NFしがらき
26日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週の競馬はいい結果が出せず申し訳ありませんでした。内枠を利してすんなり前に行けたのでこれならと思ったのですが、最後は気持ちが切れてしまったような形でした。レース後馬体には特に傷みはありませんが、精神面のリフレッシュのためにも一度放牧に出させていただくことにします」(牧田師)

18/9/22 牧田厩舎
22日の阪神競馬では好スタートから積極的に出していき、内枠を利して先頭へ。後続を引きつけつつマイペースの逃げに持ち込むが、直線半ばでやや苦しくなり3着。「うまく先手を取れて思った形では進められたのですが、直線に入って外から来られると自分で止めているような感じがありました。間隔を詰めて使ったこともあるのか、ちょっと馬がピリピリしていましたし、気持ちの上で幼い面が出てしまったのだと思います」(川田騎手)最内枠を味方につけて無理なく先手を奪い、道中はリズムよく運んでいるように見えましたが、直線外から来られる苦しい形になって嫌気が差してしまったようです。惜しい競馬が続くだけにもどかしいですが、精神状態を含めてしっかりとチェックしてから今後のプランを考えていきます。

18/9/20 牧田厩舎
19日は軽めの調整を行いました。20日は栗東坂路で追い切りました(54秒4-40秒4-26秒4-13秒1)。「先週乗り出してからも特に反動はなく、馬体は締まってきた感じでいい雰囲気です。想定を見たところ、今週の未勝利戦はそこまで相手関係が厳しくなさそうですし、川田騎手を確保して使うことにしました。今朝は坂路で馬なり程度の追い切りを行いましたが、思ったよりも時計が出ていたぐらいで好調です。一度使った上積みも見込めますし、前進を期待したいですね」(牧田師)22日の阪神競馬(2歳未勝利・ダ1800m)に川田騎手で出走いたします。

18/9/12 牧田厩舎
12日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は申し訳ありませんでした。プラス10キロは成長分もあるとは思いますが、久々だったことを考えると一度使ってからの方が良さそうです。レース運び自体は悪くありませんでしたし、トレセンに戻ってからも特に疲れた様子は見せていませんから、今のところはこのまま厩舎で調整して続戦させるつもりです」(牧田師)

18/9/9 牧田厩舎
9日の阪神競馬では好スタートからハナに立つ。そのまま押し切りを図りたかったが、直線で後続に交わされてしまい3着。「行く馬がいなかったので道中は逃げる形になりましたが、体が大きい馬なのでなかなか思うようにスピードに乗っていけませんでした。それでも最後まで頑張って現状での力は出せていると思いますし、これから体が絞れてくればもっと動けるようになるでしょう。ゲート裏で少し力んで気難しい面を見せるなど決して素直とは言えない感じはしたので、うまくガスを抜いて次走に向かってもらいたいですね」(川田騎手)ダート替わりの一戦となりましたが、ジョッキーが積極的に進めて初戦とはまた違う競馬を見せてくれました。勝ち馬には離されてしまったものの、2着馬とはそう差のないレースをしていますし、次につながる内容だったと言えるのではないでしょうか。次走でさらに前進を図っていきたいところです。今後についてはまず心身の状態をよくチェックしてから検討していきます。

18/9/6 牧田厩舎
5日は軽めの調整を行いました。6日は栗東坂路で追い切りました(55秒8-40秒6-26秒2-12秒6)。「今朝は坂路で単走の追い切りを行いました。終い強めにしっかりと追ったのですが、いい反応を見せて動きは良かったですね。まだトモが緩くて本当に良くなるのはもう少し先だとは思いますが、背中など跨った感触は兄のロンドンタウンと本当によく似ていて、能力を秘めていると感じさせてくれます。帰厩後は順調に調整を進めることができましたから、ダートできっちりと変わり身を見せてもらいたいところです」(牧田師)9日の阪神競馬(2歳未勝利・ダ1800m)に川田騎手で出走いたします。

18/8/29 牧田厩舎
29日は栗東坂路で追い切りました(54秒5-39秒3-25秒5-12秒7)。「今朝は坂路で馬なり程度の追い切りを行いました。先週よりは少し全体の時計を詰める感じで、まだ余力もありますね。放牧を挟んでそこまで極端に変わってきたということはありませんが、一度レースを経験した分どっしりしてきた感じはあります。もともと血統的にダートで走らせてみたいと思っていた馬で、ずっと待っていた条件ですから、休み明けいきなりからでもいい競馬をしてもらいたいですね」(牧田師)9月9日の阪神競馬(2歳未勝利・ダ1800m)に川田騎手で出走を予定しています。


応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
2018/08/27

グレートバニヤン 仕切り直しの一戦

さて、バニヤンは、約三ヶ月ぶりの更新ですが、
来週末のダート1800で復帰します。
三つ上のお兄ちゃんのロンドンタウンが砂で活躍してるように、ダート馬なのでしょうか。

調教で楽2時計が出るように、調教での動きが、ダートの実戦で出せれば、楽勝しちゃうと思ってます。

まずは、出走まで、無事にいきますように。

以下転載です。

RECENT STATES
18/8/22 牧田厩舎
22日は栗東坂路で追い切りました(56秒3-41秒0-25秒9-12秒7)。「先週の木曜日に無事帰厩しており、順調に乗り出すことができています。今朝は坂路で単走の追い切りを行いました。まだ戻ってきたばかりということもあり、今日はあまりやりすぎないよう注意してサッと流した程度でしたが、馬なりでもいい感じで動けていました。休む前は時折やんちゃな仕草を見せることもあったのですが、休養している間に成長もしたようで思っていたより落ち着きがあって雰囲気はいいですよ。今のところは阪神開幕週のダート戦を目標にしていくと聞いていますので、ここから少しずつピッチを上げていきたいと思います」(上野助手)9月9日の阪神競馬(2歳未勝利・ダ1800m)を目標にしています。
PageTop
Back
18/8/16 牧田厩舎
16日に栗東トレセンへ帰厩しました。
PageTop
Back
18/8/14 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も順調に調整が続けられており、週2回は15-14程度の調教を行っています。もう飛節の状態を気にすることはなくしっかりと乗り込むことができていますし、ひと追いごとに馬もピリッとして状態は上向いてきました。近々の移動ということになりそうですから、いい状態で送り出せるようしっかりと態勢を整えていきたいと思います」(NFしがらき担当者)
PageTop
Back
18/8/7 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も週1、2回は坂路で15-14程度の調教を行っていますが、余裕のある手応えで動けていますし、飛節の状態は変わらずに安定しています。まだ具体的な番組は決まっていませんが、おそらく阪神開催での復帰になるでしょうから、オーバーペースにならないようこのまましっかりと乗り込んでいきます」(NFしがらき担当者)
PageTop
Back
18/7/31 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き、この中間も順調に調整が続けられており、週に2回は15-14程度の調教を行っています。飛節に関してはいい意味で変わりなく、歩様も特に問題ありません。秋からの始動になると思いますが、このまま乗り込んでいけばさらに状態も上向いてくるでしょう。馬体重は538キロです」(NFしがらき担当者)
PageTop
Back
18/7/24 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も坂路では週2、3回は15-15近いところを取り入れて調教を行っています。今朝はそこから終いを14秒近くまで伸ばしましたが、飛節の状態も相変わらず気になりませんでしたし、この馬なりにしっかり動けていましたよ。この調子でコンスタントに乗り込みを重ねていきたいですね」(NFしがらき担当者)
PageTop
Back
18/7/17 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「普通キャンターペースで乗り込みつつも歩様は安定していましたし、すでに坂路では週に2、3回ほど15-15程度の調教を開始していますが、ペースアップに堪えた様子もなくしっかりと動くことができていますよ。飛節の状態は落ち着いていますし、このまま乗り込みを重ねて良化を促していきたいと思います」(NFしがらき担当者)
PageTop
Back
18/7/3 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も順調に調整を行えており、坂路ではハロン16~17秒くらいまでペースを上げて乗り込んでいます。飛節に関しては腫れこそ残っているものの、歩様は安定していて痛みもなさそうですね。このままケアもしっかりと行い、様子を見て15-15につなげていきたいと思います」(NFしがらき担当者)
PageTop
Back
18/6/26 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「騎乗調教を開始してからも飛節の状態はいい意味で変わりなく、この中間も順調に調整が続けられています。日によっては坂路調教も取り入れているのですが、まだそこまでペースを上げてないとはいえ問題なく乗り込むことができていますね。様子を見ながら徐々に負荷を強めていきたいと思います。馬体重は530キロです」(NFしがらき担当者)
PageTop
Back
18/6/19 NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「左飛節についてはショックウェーブなどでしっかりとケアを行っていて、腫れは少しずつ引いて症状は良くなってきており、先週後半から騎乗調教を開始しました。まだ周回コースで軽く乗っているところですが、患部の様子を見ながら問題なさそうであれば少しずつ運動量を増やしていきたいと思います」(NFしがらき担当者)
PageTop
Back
18/6/12 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週の水曜日にこちらへ到着しています。左の飛節に腫れが見られる状態で、今は必要な治療とケアを行いつつウォーキングマシンによる調整を行っています。痛みも少しあるようですが、症状自体は日に日に治まってきていますから、様子を見てどこかのタイミングで軽く乗り出してみることも考えています」(NFしがらき担当者)
PageTop
Back
18/6/6 NFしがらき
6日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週の競馬は申し訳ありませんでした。調教では抑えるのに苦労するほどの行きっぷりでしたから、追走に手間取ったのは意外でしたし、このあたりは初めての実戦で戸惑ったのかもしれません。ゲート試験からここまでしっかり調教を積んできましたから、ここはいったん放牧に出してリフレッシュさせようと思います」(牧田師)
PageTop
Back
18/6/3 牧田厩舎
3日の阪神競馬ではまずまずのスタートも行き脚がつかず促しつつの追走。直線追い出してからもジリジリした伸びになり5着。「返し馬ではけっこういい行きっぷりだったのですが、スタートしてみると思ったより出脚がつかず、終始促しつつの追走になってしまいました。特に他の馬を気にするというところはなく、馬群の中でも真面目に走ってくれましたが、まだ体を持て余してうまく使い切れていないのかなという感じはしました。大型馬ですし、使いつつ良くなってくると思います」(松若騎手)「追い切りでは抑えるのに苦労するぐらいの行きっぷりを見せるのですが、今日は追走に手間取っているぐらいでした。追ってからも案外ワンペースになりましたし、調教の良さが出なかった印象で、このあたりは初めての実戦ということもあるのでしょう。大型馬でもありますし、一度使ってから変わってくると思います。入厩からここまでしっかり調教を積んできましたから、まずは馬体をよく確認し、一度リフレッシュさせることも考えています」(牧田師)調教内容から、いきなりから力を出せそうという期待もあったのですが、やはりこの時期の2歳で初めての実戦ですから、気持ちの面で整っていないところもあったのかもしれません。500キロを超える大型馬でもありますし、使いつつ本領を発揮してくれるはずです。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。




応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
2018/06/03

グレートバニヤン 一番人気?

バニヤン君、一番人気かもしれませんね。

阪神1400mのダイワメジャー産駒の勝利数、何と、14勝!!

単勝回収率112.1%と、素晴らしい数字が後押ししてくれてます。

今回出てる新馬戦のメンバーの中で、飛び抜けてますね。

2位はキンシャサノキセキで4勝。3位がハービンジャーで3勝。

今回は2.3番手くらいから、直線じわじわ交わして1着でゴール板を駆け抜けてほしいです。

応援よろしくお願いします。

以下転載です。

5/31  牧田厩舎
6月3日の阪神競馬(2歳新馬・芝1400m)に松若騎手で出走いたします。

5/30  牧田厩舎
30日は栗東坂路で追い切りました(53秒7-39秒1-25秒2-12秒6)。「先週まででほぼ態勢は整っていますし、今朝は坂路で単走の追い切りを行いました。前にいる他厩舎の馬がちょうど目標になるような形で終いの反応も上々でしたし、余力十分の動きでとても良かったと思いますよ。先週金曜にはゲートの確認も行いましたが、特に気になるところはありませんでした。馬体重は昨日の段階で508キロです」(牧田師)6月3日の阪神競馬(2歳新馬・芝1400m)に松若騎手で出走を予定しています。


応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
2018/05/30

グレートバニヤン、今週デビュー

今週デビューの、バニヤンの記事が競馬ラボに載ってました。

「6月3日(日)阪神芝1400m

グレートバニヤン(牡2、ダイワメジャー×フェアリーバニヤン、栗東・牧田厩舎)
「兄のロンドンタウン(コリアCなど重賞3勝)はダートだが、父が替わって芝でも走れそう。前向きでマイル前後の距離向きでは」と牧田師。鞍上は松若騎手。CWで6F82秒台、5F67秒、上がり12秒半と長めからやって崩れないあたりに非凡なものを感じさせる。 」
とのこと。

この方、嬉しいコメントしてくれますね。。。

山田さん。

「非凡なものを感じさせる」って、ひょっとして重賞級ってことですか?!

わーい。ヾ(*´∀`*)ノ

リリーバレロももうすぐデビューできそうですし、何だか運気が上向いてきてそう。

強敵は、アンラッシュ(牝2、父ノヴェリスト×母キュンティア、栗東・橋口慎厩舎) とシングルアップ(牡2、父キンシャサノキセキ×母ラフアップ、栗東・寺島厩舎) が挙げられていました。

明後日の更新を期待しましょう。

応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ