FC2ブログ
2019/05/22

ファナティック 惜しくも2着!!

ファナティックは先週に出走し、惜しくも2着。ファナティックは、頑張ってたけどねー。

三浦皇成騎手、何とかしてほしかったよ!!

松永幹夫調教師は「オークスに出したかった」とどこかでコメントしていたくらい、期待の素質馬ということが分かっていたので、是非とも勝って、秋華賞へのステップを歩みだしたかったのですが、人気薄に足元をすくわれてしまいました。

これで、次はお姉さま方と一緒に走らないとならなくなったわけですね。

自走は6/15に阪神の1800mが牝馬限定で組まれてるので、疲れがなければ、そこらへんを目指すことになるのではないでしょうか。

何とか1勝クラスを卒業して、秋華賞トライアルに出られるようにしてください!!

以下転載です。

19/5/22 NFしがらき
22日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週の競馬はいい結果を出せず申し訳ありませんでした。内も伸びる馬場で、勝ち馬にうまく抜け出されてしまいました。枠が違えばまた結果も違ったと思うだけに残念ですが、力のあるところは再確認しましたし、また巻き返していきたいと思います。輸送もありましたから、いったん放牧に出させていただき、状態を見てから今後のプランを検討していきます」(松永幹師)

19/5/18 松永幹厩舎
18日の東京競馬ではまずまずのスタートを切るも周りの状況を見ながら折り合い重視で進める。直線では外から抜け出すかに見えたが、内をついた勝ち馬に先着を許し2着。「初めて競馬で跨るので以前との比較はできませんが、輸送の影響もあるのか少し気が入っている様子で、ゲートを含め出過ぎたかなと思えるほどでした。それでもそこで行かせてしまうと先につなげにくいですし、外から上がっていく馬もいたのでしっかりと我慢させました。何とかリズムを整えて直線へ向かえ最後まで脚を使ってくれていますが、勝ち馬に内から上手く抜け出されてしまいましたね…。今週は内馬場も伸びやすくなっていただけに、枠の内、外の差もあったと思いますが、いい馬でチャンスをいただいただけに申し訳ありませんでした」(三浦騎手)「直線では外からしっかりと脚を使ってくれましたが、勝ち馬に内をすくわれてしまいましたね…。広いコースでしっかりと結果を出したかっただけに、申し訳ありませんでした。悔しい結果になりましたが、今日は外目の枠で序盤に少し気負っている様子もありましたし、散水したのが乾いて来た午後は内も伸びるようになっていて、内をロスなく回った勝ち馬に流れが向いたこともあるでしょう。決して力が足りなかった訳ではありませんから、前を向いて次につなげて行きたいです。今後はトレセンに戻して状態を見てから考えていきます」(松永幹師)直線ではしっかり脚を使ってくれましたが、よりスムーズに運んだ勝ち馬には届きませんでした。今回はキッチリと決めたかっただけに悔しい限りですが、同世代ではクラス上位の走りができていますから、今日の経験も糧にさらにレベルアップを図って結果につなげていきたいものです。今後はレース後の状態を見てからどうするか判断していきます。

19/5/16 松永幹厩舎
18日の東京競馬(カーネーションC・牝馬限定・芝1800m)に三浦騎手で出走いたします。

19/5/15 松永幹厩舎
15日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで併せて追い切りました。ちょっとズブいところを見せる時もあるので今日はテンからある程度出していくよう指示をしたのですが、しっかりとハミを取ってすんなりと行き脚はついていました。先行する形で進めて最後もそのままきっちり先着という内容で、終いまで動きも良かったですよ。東京への長距離輸送は初めてですが、普段の輸送でも馬運車でバタバタするようなことはありませんし、そのあたりは特に心配していません。広いコースで力を出し切ってもらいたいですね」(松永幹師)18日の東京競馬(カーネーションC・牝馬限定・芝1800m)に三浦騎手で出走を予定しています。

19/5/12 松永幹厩舎
18日の東京競馬(カーネーションC・牝馬限定・芝1800m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて13頭の登録があります。

19/5/8 松永幹厩舎
8日は栗東坂路で追い切りました(56秒0-40秒3-26秒0-12秒8)。「牧場での状態も特に問題ないようでしたので、来週のカーネーションCを目標に無事帰厩しており、今朝は坂路で併せ馬を行いました。テンのペースが遅く、併走相手もあまり動かなかったので時計的にはそれほど強調できるものではないのですが、こちらは終始いい手応えで動けていていましたし、やればいくらでも時計は出そうな感触でした。広いコースは合うと思いますし、自己条件ならば力は上だと思いますから、今回はきっちりと結果を出してもらいたいと思います。なお、鞍上は三浦騎手に依頼しています」(松永幹師)18日の東京競馬(カーネーションC・牝馬限定・芝1800m)に三浦騎手で出走を予定しています。

19/5/3 松永幹厩舎
2日に栗東トレセンへ帰厩しました。

19/5/1 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間は坂路で15-15近くまでペースを上げて乗り込みを行っています。ケアを行いつつ背腰の状態も落ち着いていますし、厩舎サイドとは近々移動させましょうという話をしているところですから、いつ声がかかってもいいように調整を進めていきます。馬体重は473キロです」(NFしがらき担当者)

19/4/23 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週の木曜日にこちらへ到着しており、周回コースと坂路で軽めに乗り出しています。背腰に多少の反動はありますが、カイバはこの馬なりに食べてくれていますし、毛ヅヤも良くて体調自体は問題ありません。しっかりとケアをしながら進め、問題ないようなら3歳馬同士の番組があるうちに出走させることも考えていきます」(NFしがらき担当者)

19/4/18 NFしがらき
18日にNFしがらきへ放牧に出ました。

19/4/17 松永幹厩舎
17日は軽めの調整を行いました。「先週は申し訳ありませんでした。強いメンバーを相手に結果を出すことができれば今後が楽しみになりますし、なんとか最良の結果をと思っていたのですが、4コーナー手前で窮屈になる場面がありましたからね。ただ、それでも最後までよく差を詰めてくれていますし、なんとか巻き返していければと思います。レース後は目立った疲れなどは見せていませんでしたが、背腰のケアも兼ねていったん放牧に出させていただくことにしました。状態次第では3歳馬同士で走れる期間内に戻すことも検討していきます」(松永幹師)

19/4/14 松永幹厩舎
14日の阪神競馬ではスタートを決めて道中は3、4番手のインコースを追走。直線に向いて脚を伸ばすが、逃げた勝ち馬が最後までしぶとく2着。「ハナに立った馬が楽なペースで行っていましたが、この馬自身もしっかりと脚は溜まっていたと思いますし、道中は悪くない形で競馬ができていました。ただ、4コーナーで外から寄られて窮屈になり、そこで仕掛けがワンテンポ遅れてしまったのが痛かったです。馬場を気にしているような感じもありませんでしたし、もったいない競馬になってしまいました。本当に申し訳ありません」(北村友騎手)「僅か4キロでもプラスだったのは良かったと思いますし、少頭数とはいえ強そうなメンバーを相手にどんな競馬をしてくれるか楽しみにしていました。馬場を気にしているような感じもなく途中まではうまく運べていたのですが、エンジンを掛けていくところで外から来られてしまいましたからね…。勝負どころがもっとスムーズだったらと思いますし、勝ち切ることができず申し訳ありませんでした。この後どうするのかはまず背腰や脚元などをしっかりと確認した上で検討していきます」(松永幹師)パドックから落ち着きがあって状態は良さそうに見えましたし、昇級戦でも自信を持って臨むことができました。残念ながら逃げた勝ち馬に展開が向いてしまいましたが、最後まで脚は使ってくれていますし、相手関係や流れ次第で差し切るところまで十分期待できそうです。今後についてはまず馬体をよく確認してから検討していきます。


応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。

スポンサーサイト



2019/04/14

ファナティック 何とか2勝目を‼

ファナティック、明日の6レースに出走!!

強敵はブエナビスタの子タンタラスや、友道厩舎のサヴォワールあたりでしょうか、うまく北友騎手がファナティックの闘志に火をつけることができれば、勝てると思います。

勝てば、オークスへ向けて視界が開けてきます!!

雨予報なので、馬場が渋るのはどうなんでしょう。

右前足あたりの蹄の薄さが気になりますが・・・。

あとは重いばばで背腰に疲れが残らないことを祈ります。

がんばれ、ファナティック!!

以下転載です。

19/4/11 松永幹厩舎
10日は栗東CWコースで追い切りました。11日は軽めの調整を行いました。「水曜日はジョッキーに乗ってもらってCWコースで併せて追い切りました。相手を追走する形から最後は内に入って同入。向こう正面ではかなり離されていましたが、並びかけるのは楽で、いい動きだったと思います」(松永幹師)「追い切りに乗せていただきました。すごく乗りやすい馬ですね。向こう正面ではなかなか進んでいかない感じで前と離れていたので『あれっ』と思ったのですが、促して並びかける反応はとても速く、追えばもっと時計は出そうです。実戦でもうまく勝負どころでスイッチが入ってくれればと思います」(北村友騎手)14日の阪神競馬(3歳500万下・芝2000m)に北村友騎手で出走いたします。

19/4/3 松永幹厩舎
3日は栗東坂路で追い切りました(53秒7-39秒2-25秒4-12秒8)。「今朝は坂路で併せて追い切りました。目一杯ではなくまだ余裕残しの内容でしたが、追走する形から相手のペースに合わせて楽な手応えで動くことができていました。背腰への負担を考慮して厩舎周りでの運動は人を乗せずに行っており、そのおかげでここまで追い切りを重ねながらも疲れが溜まるようなことはありません。体つきなどは大きく変わっていないのですが、調教の動きからもやはりいいモノを持っているなと感じさせてくれますし、休み明けでも初戦から結果を出せるようあと1週しっかりと仕上げていきます。今回の鞍上は北村友一騎手に依頼しています」(松永幹師)14日の阪神競馬(3歳500万下・芝2000m)に北村友騎手で出走を予定しています。

19/3/27 松永幹厩舎
27日は栗東坂路で追い切りました(54秒6-39秒2-25秒2-12秒6)。「牧場で速い追い切りを重ねつつ背腰の状態も安定していたようですし、先週の木曜日にトレセンへ帰厩させることにしました。今朝は坂路で併せ馬を行っています。道中は先行して同入という形だったのですが、一杯に追う相手に対してこちらは終始馬なりで楽に動けていましたね。負荷を強めても背腰の具合は問題ありません。今のところはあと2本追い切って再来週の自己条件を目標にしていくつもりです」(松永幹師)4月14日の阪神競馬(3歳500万下・芝2000m)を目標にしています。

19/3/21 松永幹厩舎
21日に栗東トレセンへ帰厩しました。

19/3/19 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も15-15程度の調教を交えて乗り込みを行っています。日によってはトレッドミル調整に留めるなどメリハリをつけたメニューで進めていますが、背腰に反動が出ることもなく状態は安定しています。厩舎サイドとも移動に向けた相談をしているところなので、こちらではいつ声がかかってもいいように調整を続けていきます」(NFしがらき担当者)

19/3/12 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間は日によって坂路を2本上がっており、15-15から終いを伸ばすような調教も交えながら進めています。背腰の疲れも抜けてきて先週よりも状態は良くなっていますし、ここから順当に上向いてきてくれそうですよ」(NFしがらき担当者)

19/3/5 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間から坂路では15-15程度の調教も行っています。まだ背腰には若干の疲れが残っている状況ですが、しっかりとケアも行いながら調整を進めているおかげで、動かしつつ反動が出るようなことはありません。体も少しずつ増えてきていますし、引き続きトレッドミルも併用して乗り込みを重ねていきます」(NFしがらき担当者)

19/2/26 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「乗り出してからも背腰の状態はしっかりとチェックしていますが、疲れは徐々に抜けてきているようですし、この中間も順調に乗り込みが続けられています。坂路では終い16秒くらいまでペースを上げることができていますから、トレッドミルも併用しながらこのまま少しずつ運動量を増やしていきます。馬体重は479キロです」(NFしがらき担当者)

19/2/19 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週後半から騎乗調教を開始しており、現在は周回コースでゆったりとしたキャンターを、そして坂路ではハロン17秒程度の普通キャンターを行っています。馬体は徐々に回復してきていますが、まだ背腰の疲れが完全に抜けたとは言えないので、もうしばらくはトレッドミルも併用して無理のないように進めていきたいですね」(NFしがらき担当者)

19/2/12 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週の木曜日にこちらへ到着しており、現在はウォーキングマシンを中心とした調整で馬体のチェックを行っています。レースから時間が経って徐々にその反動が出てきているようで、弱さのある背腰に疲れが見られる状態です。見た目にも少し寂しく映りますし、しっかりとケアを行いながらまずはリフレッシュ重視で進めていきます」(NFしがらき担当者)



応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
2019/02/10

ファナティック 二戦目で初勝利!!

先週は、ファナティックが、2戦目で初勝利!!
 
道中は、中団の内で脚をため、直線半ばで外に出すと、グイグイ伸びて勝利!!!

2戦目であっさり勝ち上がるあたり、素質が高いんでしょうね。(^^)v

グレートバニヤンに続き、今3歳世代は、パーフェクトの勝ち上がり、今後の活躍が楽しみになりました。

孝行娘のレイリオンが引退して、ちょっと寂しく思っていたところでの、うれしい勝利でした。

ダメージもなかったみたいですし、ひと月くらいリフレッシュしての500万下かトライアルでの更なる走りを期待します。


以下転載です。

19/2/7 NFしがらき
7日にNFしがらきへ放牧に出ました。

19/2/6 松永幹厩舎
5日は軽めの調整を行いました。「先週はありがとうございました。ゲートを出て後方に下げた時は大丈夫かなと不安に感じていたのですが、最後は素晴らしい脚で差し切ってくれました。ちょっと強引な競馬になったことは確かですが、それでもまずは勝てたことが一番ですからね。能力の高い馬でこれからの成長も楽しみですし、大事に育てていきたいと思います。レース後は曳き運動で様子を見ていますが、馬体には特にダメージは見られません。お伝えしたとおりいったん放牧に出させていただきますので、次走に向けてしっかりとリフレッシュしてもらいたいですね」(松永幹師)7日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

19/2/3 松永幹厩舎
3日の京都競馬では五分のスタートから好位の内々を追走。勝負どころでやや遅れたが、外目に持ち出すとグイグイ伸びて優勝。「前走同様に道中はリラックスしてとても乗りやすくスムーズに運べました。勝負どころで置いていかれそうになったのですが、馬は余裕十分だったので、自分も自信を持って外に出せましたし、しっかり伸びてくれました。素直で鞍上の指示どおりに動いてくれますし、素質の高い馬です。今日はありがとうございました」(川又騎手)「スタートを普通に出てくれましたし、もうちょっと積極的に行ってもいいかなと思ったのですが、直線で外に出してからは本当にいい脚を見せてくれました。奥のある馬で全体的にまだこれから良くなってくるタイプでしょうから、この後は無理せずいったんリフレッシュ放牧に出させていただき、向こうでの状態を見ながら大事に使っていきたいと思います。今日は人気にも支持されていましたから、期待に応えることができて良かったです。ありがとうございました」(松永幹師)初戦から素質の高さを見せてくれていましたが、今日も直線届かないような位置から目の覚めるような伸びで強い競馬を見せてくれました。まだ粗削りな印象もありますが、それだけ伸びしろも大きいということでしょうし、今後が楽しみです。この後は馬の状態をよく確認してから検討します。

19/1/31 松永幹厩舎
2月3日の中京競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝2000m)に川又騎手で出走いたします。

19/1/30 松永幹厩舎
30日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで併せて追い切りました。5ハロンからの時計だったこともありますが、ラスト1ハロンの反応は鋭くて、併走相手を楽に突き放して先着しました。一度使っていい意味でガス抜きもできたようで集中して走れていますし、体調も良好です。レースについてはギリギリまで検討しようと思いますが、牝馬同士の方がいいだろうとは思っており、基本的に中京に向かうつもりでいます」(松永幹師)2月3日の中京競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝2000m)に川又騎手で出走を予定しています。

19/1/23 松永幹厩舎
23日は栗東CWコースで追い切りました。「先週の金曜日に無事帰厩しており、今朝はCWコースで併せて追い切りました。最後は併走相手に遅れを取る形になってしまったのですが、まだ戻ってきて間もないということもあり、無理せず馬なりで流した程度でしたから、遅れたこと自体は特に気にしなくていいですよ。短期間とはいえ牧場でもしっかりと動かしてもらっていましたし、極端に緩んだような感じはなく背腰の状態も変わりなく良好です。今のところは来週の京都、中京を目標にしており、ここからピッチを上げてしっかりと態勢を整えていきます」(松永幹師)2月2日の京都競馬(3歳未勝利・芝2000m)もしくは3日の中京競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝2000m)を目標にしています。

19/1/18 松永幹厩舎
18日に栗東トレセンへ帰厩しました。

19/1/16 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週の火曜日にこちらへ到着しており、馬体に異常がないことを確認してから騎乗調教を開始しています。すでにハロン17秒の普通キャンターから終いを少し伸ばす感じで動かしていますが、特に疲れた様子も見せていませんし、このまま軽く動かしつつ移動に備えていきます」(NFしがらき担当者)

19/1/9 NFしがらき
8日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週の競馬は勝ち切ることができず申し訳ありませんでした。最後直線の伸びは際だっていましたし、もったいないレースになってしまいました。幸いレース後は目立った疲れや反動は見せていませんが、ここまで本数も重ねてきてのデビューでしたから、短期でもリフレッシュを挟んであげた方がいいと判断し、昨日放牧に出させていただきました。問題ないようなら2週間程度で帰厩させるつもりです」(松永幹師)

19/1/5 松永幹厩舎
5日の京都競馬ではまずまずのスタートから中団後方を追走。3コーナーから徐々に押し上げて直線を向くと、大外をグイグイ追い上げて3着。「道中はバランスのいい走りをしていましたし、非常にいい馬だなと感じました。最後までよく頑張ってくれましたが、コーナーで外に膨れてしまったのが痛かったです。うまく乗ることができず本当に申し訳ありません」(川又騎手)「年末からグッと良くなってきて、いい状態でレースに臨めました。4コーナーでかなり外に振られたのでそこはもったいなかったですが、直線の伸びは見どころ十分で能力の高さを示してくれました。使って良くなると思いますが、ここまで予定も延ばしてしっかり乗り込んできたので、馬体をよくチェックしてからどうするか決めようと思います」(松永幹師)予定を延ばして万全に乗り込み、いい仕上がりでレースに臨めました。外目を回る形にはなりましたが、それだけに末脚は際立ちましたし、素質の片鱗を見せてくれた内容でした。この後は馬体をよくチェックしてから検討します。


応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ
2019/01/05

ファナティック デビュー戦は惜しくも3着。

良血馬が集まる、注目のデビュー戦でした。


ソロっとゲートを出ると後方からじっくり進め、徐々に外へ出し3コーナーから徐々に押し上げ、直線では大外から一頭だけ追い込んできて、最後は2着に上がったかのように見えましたが、鼻差で3着。

レース内容としては一番光るものがあったんじゃないですか?

上がり最速は間違いないでしょうし。

クラッシックに乗れるといいなあ。

ファナお疲れ様。よく頑張りました。

応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ
2019/01/05

明けましておめでとうございます。

中央競馬も今日からですね。今年こそは、チームルージュから重賞に出れる馬が出てくれることを祈ります。

さて、今年のトップバッターは、ファナティックちゃんがデビュー戦を迎えます。

年末の厩舎の反応はいまいちでしたが、ひと叩きしてガラッと変わったとのことですので、期待したいです。

以下転載です。

19/1/3 松永幹厩舎
3日は栗東坂路で追い切りました(57秒3-41秒3-26秒4-12秒8)。「先月の19日にCWコースで3頭併せを行った時は全然動けなかったのですが、その1本でガラッと中身も変わってきたようで、翌週の26日にCWコースで追い切ったところ、以前遅れを取った2頭に楽に先着を果たしてくれました。テンから飛ばし気味に行ったためにラスト1ハロンは13秒台を要していますが、やや内目を通ったとはいえ全体80秒台と時計的にも優秀でした。その後は反動もなく順調に年末年始を過ごすことができており、今朝は坂路で追い切りを行いました。スタートはゆったりと入って上がり重点だったために全体は平凡ですが、ラストの動きは良かったですよ。これならば十分今週の競馬に向かえると判断し、京都芝1800mの新馬戦へと向かわせていただくことにしました。鞍上については減量の恩恵もある川又騎手に依頼しています。馬体重は460キロくらいでの出走になると思います」(松永幹師)5日の京都競馬(3歳新馬・芝1800m)に川又騎手で出走いたします。

18/12/20 松永幹厩舎
19日は栗東CWコースで追い切りました。20日は軽めの調整を行いました。「水曜日はCWコースで3頭併せを行いました。今週はビッシリやる予定だったのですが、道中から追走に手間取ってしまい、直線強めに追ってもなかなか差が詰まりませんでした。先週坂路で併せてある程度の負荷をかけた後ですし、もう少し動いてくれると思っていただけにちょっと物足りない内容になってしまいました。まだ気持ちが乗っていかない感じだったので、コースで強めに追ったことで変わってきてくれるとは思いますが、この状況で無理に来週のレースを目指す必要はないでしょう。いったん目標は白紙にして来週の追い切りの動きなどを見てどの番組を使っていくか改めて検討したいと思います」(松永幹師)

18/12/12 松永幹厩舎
12日は栗東坂路で追い切りました(57秒2-41秒3-26秒9-13秒4)。「ゲート試験合格後は牧場で少し時間をかけて乗り込んでもらっていましたが、コンスタントに15-15を重ねて状態も上がってきていたようでしたので、阪神最終日の芝2000mを目標に先週帰厩させています。今朝は坂路で併せて追い切りました。相手があまり動かなかったため時計は平凡ですが、この馬自身は楽な手応えで余裕を持って走ることができていました。背腰に疲れが溜まりやすい血統ですが、入厩時に比べるとしっかりしてきたと感じさせてくれますね。素直で扱いやすい馬ですし、このまま順当にピッチを上げていけそうです」(松永幹師)28日の阪神競馬(2歳新馬・芝2000m)を目標にしています。

18/12/9 松永幹厩舎
7日に栗東トレセンへ帰厩しました。

18/12/4 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も順調に乗り込みが行われており、昨日は坂路で15-15までペースを上げて乗りました。背腰もだいぶしっかりとしてきた印象がありますし、ひと追いごとに状態は上向いてきました。いつ声が掛かってもいいようこのまま調整を進めていきます」(NFしがらき担当者)

18/11/27 NFしがらき
周回コースでハロン18~20秒程度のキャンター調整を行っています。「先週後半より1週間程度の予定で坂路の工事を行っているため、この中間は周回コースでの普通キャンターをベースに乗り込んでいます。まだ具体的な日程は決まっていませんが、近々の移動ということに変わりはないと思いますから、坂路の工事が終わり次第またペースを上げて態勢を整えていきます。馬体重は491キロです」(NFしがらき担当者)

18/11/20 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き、この中間も順調に乗り込みが続けられています。日によっては15-15から終いをさらに伸ばすような感じで動かしていますが、いい手応えで走れていて息遣いも良くなってきていますね。ペースを上げてしっかりと乗り込んでも背腰の状態は安定していますし、厩舎サイドとは近々移動させましょうという話をしているところです」(NFしがらき担当者)

18/11/13 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も坂路では週2回ほど15-15程度の調教を行っており、トレッドミルも併用してメリハリをつけたメニューで進めています。適宜しっかりケアをして背腰の状態は安定していますし、体調面の不安もありません。このままコンスタントに動かしつつ順当に上向いてくるようであれば、厩舎サイドとも移動に向けた話をしていくことができそうです」(NFしがらき担当者)

18/11/6 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き、坂路では15-15程度の調教を取り入れて乗り込みを行っています。調教ペース自体は先週とあまり変わっていませんが、徐々に余裕を持って走れるようになってきていますし、継続して動かすことで少しずつ良化が見られる状況です。背腰のケアは欠かさず行いつつさらにピッチを上げていきます」(NFしがらき担当者)

18/10/30 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も坂路では15-15程度の調教を取り入れています。また、週1回は坂路を2本上がる日を設けるなど、さらに負荷を上げて乗り込みを行っています。騎乗調教をメインに進めて良化を促しているところなので、背腰のケアもしっかりと行っていきたいと思います。馬体重は510キロです」(NFしがらき担当者)

18/10/23 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き、この中間も順調に乗り込みが行われており、坂路では15-15から終いをさらに伸ばすような調教も取り入れています。あまり背腰に負担が掛かりすぎないようトレッドミルも併用していますが、今のところは反動も見られませんし、この調子でしっかりと動かしていきます」(NFしがらき担当者)

18/10/16 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も坂路では15-15近くまでペースを上げて乗り込みを行っています。騎乗調教をメインにして緩めることなく負荷をかけていますが、背腰に疲れが溜まることはありませんし、引き続き順調に調整が進められています。このままコンスタントに動かしつつしっかりと鍛えていきたいですね」(NFしがらき担当者)

18/10/9 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「乗り出した後も特に反動は見せていません。この中間も順調に調整が続けられており、坂路では15-15近いペースも交えてしっかりと動かしているところです。ここまでは背腰の状態も安定していますし、疲れが溜まらないようにケアも行いながら調整を進めていきます」(NFしがらき担当者)

18/10/3 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週の火曜日にこちらへ到着しており、馬体に異常がないことを確認してから周回コースと坂路で乗り出しています。今のところは問題なく動かすことができていますので、まずはこのまましっかりとリフレッシュさせていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

18/9/26 NFしがらき
25日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週ゲート試験に合格してからは軽く乗りながら様子を見ていましたが、変にテンションが上がるようなことはなく、体調面の問題もありませんでした。決してこのまま進められないことはないのですが、背腰がまだ頼りないかなという感じがしたので、ここは無理せずいったん放牧に出させていただくことにしました。しっかりと馬体のケアをしてもらい、向こうで少し乗り込んでもらいたいと思います」(松永幹師)

18/9/21 松永幹厩舎
21日にゲート試験を受け、無事合格しました。「ゲート練習を始めて間もないですが、特に課題となるような点もなく、すんなり対応してくれていました。今朝、試験を受けたところ無事に合格することができました。この後についてはもう数日軽く乗りながら状態をチェックして検討していくつもりです」(松永幹師)

18/9/19 松永幹厩舎
19日はゲート練習中心の調教を行いました。「先週土曜日に無事栗東へ入厩しました。軽く乗りながら様子を見ていましたが、環境の変化にも慣れてきましたし、体調も問題ないので今朝から本格的にゲート練習を開始しています。気性的にも特に難しいところはなさそうですから、まずはゲート試験合格を目標に進めていきます」(松永幹師)

18/9/15 松永幹厩舎
15日に栗東トレセン・松永幹夫厩舎へ入厩しました。

18/9/11 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「月曜日に無事こちらへ到着して、今朝はウォーキングマシンで軽い運動程度の調整を行いました。今のところ体調面の変化などはありません。軽く乗りながら近々の入厩を目指していきます」(NFしがらき担当者)

18/9/10 NFしがらき
8日にNF空港を出発し、10日にNFしがらきへ移動しました。

18/9/5 NF空港
この中間は週3日は屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター2本登坂しています。また残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。「まだ良くできる部分はありますが、乗り込み自体は順調にこなすことができていましたので、今週中に本州へ向けて送り出す予定です。まずはゲート試験をしっかりクリアしてくれればと思います」(空港担当者)

18/8/28 NF空港
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整メニューを中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン14~16秒のキャンターで2本登坂しています。負荷をかけていく中で脚元に不安を見せることはなく、順調に進めることができています。落ち着きがあるのはとても良いことですが、理想を言えばもう少しキャンター時などにピリッとした面を見せてほしいところです。

18/8/15 NF空港
馬体重:470kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整メニューを中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン14~16秒のキャンターで2本登坂しています。これまで緩さのあった背中やトモに力が付き始めたことで、歩きにも迫力が出てきました。筋肉が付き切ったわけではないので、その他の部分にはまだ寂しさがありますが、少しずつしっかりしてきている現状からも、これから変わってくると見ています。

18/7/31 NF空港
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整メニューを中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン14~16秒のキャンターで2本登坂しています。これまではトモに緩さを感じさせたものの、ハロン14秒ペースを始めたことで徐々に解消傾向にあります。背中の使い方が分かってきたようで、キャンターの動きを見ても以前より大きく、そして力強さが備わってきました。

18/7/13 NF空港
馬体重:475kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整メニューを中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~16秒のキャンターで2本登坂しています。背中やトモを中心に更に筋肉が付いてほしいなと思うものの、徐々に上手く体を使った動きが可能になってきていることから、今後はグッと変わってくるのではと見ています。まだ心身ともに良化の余地を残しているので、今後の調教では更に良くできるように意識しつつ取り組んでいければと考えています。

18/6/29 NF空港
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~16秒のキャンターで2本登坂しています。大きなストライドで坂路コースを駆け上がることができていますが、体には少し余裕がある印象です。体力を付けることで更に動けるようになれば、動きの質、そして体付きもガラッと変わってくると見ていますので、じっくり良化に努めていきたいところです。

18/6/15 NF空港
馬体重:476kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~16秒のキャンターで2本登坂しています。少しずつ前向きさは出てきていますが、マイペースな面があるので、もう少し気持ちが乗ってきてほしいなと感じています。人の指示に素直に従ってくれる点などプラスな部分もあるので、良さを損なわないように進めていきたいところです。

18/5/31 NF空港
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~16秒のキャンターで2本登坂しています。ハロン15秒ペースで乗り進めていますが、馬自身が体の使い方を理解してきたようで、徐々に見た目の印象にも変化が出てくるのではと期待しています。調教に対しての前向きさも少しずつ出てきたので、これから良くなりそうなイメージが沸いています。

18/5/15 NF空港
馬体重:474kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~16秒のキャンターで2本登坂しています。ここにきて調教に対しての前向きさが出てきたように感じられます。実際に以前は時計に脚の回転が追い付いていない感覚でしたが、今では時計に対して丁度よく対応できています。継続して負荷をかけていくことで、まだまだ良さが増してきそうな印象です。

18/4/27 NF空港
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~17秒のキャンターで2本登坂しています。暖かくなってきたことで冬毛が抜けて、毛ヅヤは良化傾向にあります。重心が前に行きがちであったり、馬体の緩さが目立ったりと未完成ではありますが、少しずつ体を使って坂路コースを登坂できるようになってきたことは評価していいでしょう。

18/4/13 NF空港
馬体重:478kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで2本登坂しています。まだ緩さが目立ち、走りを見ても重心が前に行きがちではありますが、常歩時は少しずつ体を使った動きが可能になってきています。今後は体をしっかり使わせることで、よりバランスの取れた走りを実現していきます。

18/3/30 NF空港
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで2本登坂しています。カイバ食いは安定しており、脚元や体調面にもここまで不安を見せることはありません。全体的に緩さが見られることで、見た目にもまだアンバランスな印象がありますので、今後も焦らず接することで持っている素質を開花させられるように進めていければと考えています。

18/3/15 NF空港
馬体重:476kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで2本登坂しています。全体的にまだ緩さを感じさせますが、常歩時に少しずつ後肢を使えるようになるなど着実な進展を見せています。これからの調教では緩さやバランスの改善、そして馬の気持ちに前向きさが出るように取り組んでいければと思います。

18/2/28 NF空港
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで2本登坂しています。落ち着きがあり、脚元にも不安はなく、ここまでは順調に進めることができています。ただ、背中やトモが緩く、筋肉も付ききっていない印象を受けます。引き続き、じっくりと乗り込むことで強化を図っていきたいところです。

18/2/15 NF空港
馬体重:466kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで2本登坂しています。以前と比べて体の使い方は良くなっていますが、まだ上積みの余地はあると考えています。筋肉量が少なく、現状では体の見栄えはそうしませんが、カイバは食べることができているので、春にかけてグンと良くなってくれそうです。

18/1/31 NF空港
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン16~18秒のキャンターで2本登坂しています。トビが大きく、ゆったり走ることができており、フットワークにはキラリと光るものが感じられます。兄姉に共通する部分ではありますが、背腰を中心に筋肉が付きにくいタイプと見ており、焦らず取り組むことで強化を図っていければと思います。

18/1/15 NF空港
馬体重:469kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17~18秒のキャンターで2本登坂しています。カイバ食いに不安はなく、調教を進めるにあたって脚元にも問題はありません。まだ緩さが残るが故、しっかり体を使い切れていない印象はありますが、フットワーク自体には良いものがあるのでパンとしてくれば楽しみな存在と言えそうです。

17/12/21 NF空港
馬体重:464kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17~18秒のキャンターで2本登坂しています。まだ全体的に緩さはありますが、現状でも良い走りを見せており、乗り込む中でトモを中心に筋肉が付いてきています。徐々に前向きさが出てきていることは好印象で、ハミを取って走ることができれば更に良さが増してくると見ています。

17/11/30 NF空港
馬体重:462kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17~20秒のキャンターで2本登坂しています。カイバ食いは良好で、調教を積み重ねていく中で体には張りが出てきました。まだ緩さはありますが、時間の経過とともに改善されると見ています。今後も基礎体力を養うことを目的に適切な負荷をかけていければと思います。

17/10/31 NF空港
馬体重:459kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週1回900m屋内坂路コースでのスクーリングを行っています。本格的な運動開始へ向けて、一先ず馬体の回復を図っている段階ですが、カイバをしっかり食べていることもあり、近いうちに一歩進めたメニューへ移行できると見ています。普段から手がかかることはなく、調教での動きを見ても操作性の高さが伝わってきます。

17/9/29 NF空港
馬体重:460kg 
NF空港へ移動するまでは順調に夜間放牧を行っていました。現在は騎乗馴致を終えて、ロンギ場でフラットワークを開始しており、併行して調教場での馬場見せも行っています。大きくしっかりとした骨格に、父譲りの柔軟でしなりの強い筋肉が付いており、伸びがあって力強さに溢れた体は世代屈指の出来栄えです。放牧地で見せたダイナミックな動きや賢くて集中力の高い気性にもスケールの大きさを感じさせます。

17/9/12 NF空港
12日にNF空港へ移動しました。

17/8/24 早来F
馬体重:473kg 
体高:157.0cm 
胸囲:183.0cm 
管囲:19.2cm