FC2ブログ
2019/02/10

ガウ君 小倉で勝負じゃ!

ガウ君の更新は昨年の4月以来?となりました。すみません。

勝ったら更新しようと思いつつ、はや10か月。

もうすぐ勝てそうと思ったんですが、そこからなかなか勝てずにここまで来ました。

久しぶりに更新したことですし、今回は勝つんではないでしょうか。

内目のいい枠を引けましたし、内で足をためつつ直線外に出しての差し切り勝ちをみたいです!!

がんばれ-!!

以下転載です。

19/2/7 吉田厩舎
6日は栗東CWコースで追い切りました。7日は軽めの調整を行いました。「状態次第では今週でも使えるようにと小倉城特別に登録をさせていただき、水曜日にCWコースで単走の追い切りを行いました。長距離輸送を考慮して終いだけ軽く伸ばすという内容でしたが、素軽い動きを見せていて引き続き馬の状態は良さそうですね。追い切った後も特に体調の問題はありませんでしたので、北村友一騎手を確保して今週使わせていただくことにしました。2着に敗れてしまったとは小倉は昨年夏に好走している舞台ですし、もちろん今回も上位争いを期待しています」(吉田師)10日の小倉競馬(小倉城特別・芝2000m)に北村友騎手で出走いたします。

19/2/3 吉田厩舎
10日の小倉競馬(小倉城特別・芝2000m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて33頭の登録があります。

19/1/31 吉田厩舎
30日、31日は軽めの調整を行いました。「乗り出してからも脚元など馬体に問題はなく、今朝も元気に坂路を普通キャンターで2本上がっています。前走時に大幅プラスだった馬体重が減るようなこともありませんし、なんとか今のいい体つきをキープして次走に向かいたいですね。この後は小倉開催を目標に今週末から時計になるところを取り入れていくつもりです」(吉田師)

19/1/23 吉田厩舎
23日は軽めの調整を行いました。「先週は勝った馬は強かったのですが、それでも一瞬は2着もあるのではという内容でいい競馬ができたと思いますし、ジョッキーもうまく乗ってくれたのではないでしょうか。道中で溜めが利けばラストはしっかりと脚を使ってくれますから、次走でも終いを活かすような形でいい走りを見せてもらいたいですね。レース後は特に馬体、歩様の異常は見られませんので、今のところはこのまま在厩で調整を進めるつもりです」(吉田師)

19/1/20 吉田厩舎
20日の中京競馬では道中は好位の後ろで脚を溜める。勝ち馬には離されてしまったが、直線でしぶとく脚を伸ばして3着。「スタートが速くてそのまま2、3番手に行ってしまいそうだったのですが、前回のことも踏まえてしっかりと脚を溜める形で進めました。今日のようなタフな馬場でも苦にすることはなく、上手に走ることができていましたね。かなり気合いが入っていたので少し力むところもありましたが、それでも最後までしっかりと頑張ってくれました。馬体が増えて馬は心身ともに成長を感じましたし、次走でも引き続き楽しみです」(荻野極騎手)馬体重は増えていましたが、これは体に身が入ってのもので特に太目感はありませんでした。ここにきて馬がまた良くなっていますし、今日のようにしっかりと溜めが利けば引き続き上位争いが期待できそうです。この後は脚元を中心に馬体をよく確認してから検討していきます。

19/1/17 吉田厩舎
20日の中京競馬(4歳上500万下・芝2000m)に荻野極騎手で出走いたします。

19/1/16 吉田厩舎
16日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで併せ馬を行いました。上がり重点の内容だったために全体時計は85秒台とそれほど強調できるものではありませんが、終いは12秒を切るくらいの数字でしっかりと動けていました。状態の良かった前回が案外な結果に終わりましたが、自分の形で競馬ができれば巻き返せるはずですし、調教の感触からは距離を苦にするような感じもしませんから、休み明けでもいい競馬を期待したいと思います」(高島助手)20日の中京競馬(4歳上500万下・芝2000m)に荻野極騎手で出走を予定しています。

19/1/9 吉田厩舎
9日は軽めの調整を行いました。「今週は火曜日に坂路で追い切りを行っています。単走でしっかりめに追うように指示を出したのですが、全体52秒1、ラスト1ハロンは12秒6でまとめて時計は上々でしたし、動きには素軽さも出てきましたね。今週でも決して使えなくはないのですが、ここに来ていい感じで上向いてきているところですし、あともう1本追い切って来週の競馬を目標にしていくことにしました。今のところは中京開幕週の芝2000mに荻野極騎手で臨む予定です。馬体に身が入ってどっしりとしていてコンディションは良さそうなので、なんとか勝ち切れるようにしたいですね」(吉田師)20日の中京競馬(4歳上500万下・芝2000m)に荻野極騎手で出走を予定しています。

19/1/3 吉田厩舎
3日は栗東CWコースで追い切りました。「先週末にCWコースで強めに時計を出してからは特に反動も見られず、順調に年末年始を過ごすことができています。今朝は畑端騎手に手伝ってもらってCWコースで併せて追い切りました。直線でしっかりと追うように指示を出したのですが、仕掛けてからの反応も良く、3歳新馬が相手とはいえ最後は一気に突き放すという内容。ゴール板を過ぎてもまだ手応えには余裕がありましたし、いい調教ができたと思います。番組についてはあと1本時計を出して問題なければ来週、もう1本追い切ったほうがいいようであればその翌週という感じで考えています」(吉田師)早ければ12日の京都競馬(4歳上500万下・芝2200m)を目標にしていきます。

18/12/26 吉田厩舎
25日は栗東坂路で追い切りました(54秒7-40秒2-26秒7-13秒3)。26日は軽めの調整を行いました。「牧場での調整も順調だったようなので、先週末にトレセンへと帰厩させています。今週は火曜日に坂路で単走の追い切りを行い、全体54秒7、ラスト1ハロン13秒3という時計をサッと出しました。馬体には緩んだ感じもありませんし、毛ヅヤが冴えて体調もいいですよ。ここから少しずつピッチを上げていきたいですね」(高島助手)

18/12/22 吉田厩舎
22日に栗東トレセンへ帰厩しました。

18/12/18 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き、この中間も順調に乗り込みが続けられており、坂路ではコンスタントに15-15近くまでペースを上げて動かしています。カイバをよく食べて体調面の問題はありませんし、厩舎サイドともそろそろ移動に向けた話をしていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

18/12/11 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も坂路では15-15近くまで脚を伸ばして調教を行っています。まだもう少し良化を促す必要はあると思いますが、ここまでは順調に動かすことができていますし、コンスタントに乗り込んでいけば状態も上向いてきそうです」(NFしがらき担当者)

18/12/4 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間から坂路では15-15程度の調教も開始しています。再度のペースアップにもすんなりと対応してくれていますし、脚元に疲れが出るようなこともありません。このまま緩めずにしっかりと乗り込みを重ねていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

18/11/27 NFしがらき
周回コースでハロン18~20秒程度のキャンター調整を行っています。「先週後半より1週間程度の予定で坂路の工事を行っているため、この中間は周回コースでの普通キャンターをベースに乗り込んでいます。その分、距離をしっかりと乗って運動量は確保できていますし、工事が終わればまた坂路に入れて終いを伸ばす調教も取り入れていきたいと思います。馬体重は478キロです」(NFしがらき担当者)

18/11/20 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「乗り出した後も反動は見せておらず、この中間も引き続き順調に乗り込むことができています。坂路ではハロン17秒程度の普通キャンターから終いを伸ばしていますが、楽な感じで動けていて馬の雰囲気は良好ですから、ここからコンスタントに速いペースを取り入れていきたいですね」(NFしがらき担当者)

18/11/13 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「軽く動かしつつ馬体のチェックを行ってきましたが、特に大きなダメージも見られませんでしたので、先週後半から騎乗調教を開始しています。体をふっくらと見せていてコンディションは良さそうですし、様子を見ながら少しずつペースを上げて乗り込んでいきたいと思います」(NFしがらき担当者)

18/11/6 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「こちらに到着後は、ウォーキングマシンを中心に軽い運動程度の調整で状態の確認を行っています。今のところ目立った反動や疲れは見せていませんが、もう少し慎重に状態を見て、問題ないようなら乗り出していきます」(NFしがらき担当者)

18/11/2 NFしがらき
2日にNFしがらきへ放牧に出ました。

18/10/31 吉田厩舎
31日は軽めの調整を行いました。「先週は申し訳ありまんでした。うまくスタートを切ることができたので。そのままジョッキーは前のポジションから進めてくれたのですが、直線でいざ追い出してからの伸びはもうひとつでした。結果的には後ろから来た馬たちに交わされていますし、前走のように後方で脚を溜める形の方が良かったのかもしれません。もう少し様子を見ながらにはなりますが、これまでと同じようにいったん放牧を挟んで次走へ向かうことも考えています」(吉田師)

18/10/28 吉田厩舎
28日の新潟競馬では好スタートを切り、好位でじっくりと進める。直線へ向き馬場のいい外へ進路を取って追い出すが、思うような伸びを見ることができず9着。「調教にも乗せてもらい状態を把握できていていい競馬ができるはずと考えていました。いざレースを迎えると良いスタートを切ることができ、じわっと進めて好位からの競馬ができました。エンジンのかかりが少し遅いのかなという前走の感触からゆったり運べる条件が好ましいと思っていたので、急かさず、引っ張りすぎず、程よいタイミングから動かしていったのですが、直線では思うほどの反応を見ることができませんでした。馬場を極端に嫌っているようには思えなかったですから、距離がやや長いということなのでしょうか…。スタッフさんたちは意識していいバランスで走れるようにつくっていただいていましたし、皆さんの期待にも結果で応えたかったのですが、申し訳ございません」(荻野極騎手)「ここを目標に入念に動かしてきて、良いコンディションで送り出せたように思えました。好スタートを切って無理のない形で運ぶことができていましたし、良い競馬をしてくれたと思うのですが、いざ追い出すとピリッとしませんでしたね…。レースの印象から少し距離が長いのかもしれないと感じた部分はありますが、馬場がタフで余計に苦しくなる面もあったと思うだけに断定しづらいところです。チャンスのある馬なのですが、なかなか上手くいかず申し訳ありません」(吉田師)現級で勝ち負けするだけの力を秘めているはずなのですが、脚の使いどころの難しさがある印象です。スムーズすぎると今日のようにピリッとせず、良い脚を使うときは詰まって勝ち切れなかったりと歯がゆいばかりです。引き続き模索していく必要はありますが、チャンスを勝ち得るためにも健康でなければいけませんから、レース後の状態をよく確認した上で今後をどうしていくか検討していきます。

18/10/25 吉田厩舎
24日、25日は軽めの調整を行いました。「今週の競馬に向けて火曜日にCWコースで単走の追い切りを行いました。単走で終いを伸ばすという内容だったのですが、しっかりとしたいい動きを見せてくれていました。短期間の放牧明けなので、緩んだ感じもありませんし、2着に来た前走時と同じくらいの状態にありますよ。なお、当初は特別登録をさせていただいた松浜特別へと向かうつもりだったのですが、想定で相手関係などを考慮した結果、同日の平場の芝2000m戦へと向かわせていただくことにしました。鞍上はそのまま荻野極騎手で変更はありませんから、引き続き勝ち負けを期待したいですね」(吉田師)28日の新潟競馬(3歳上500万下・芝2000m)に荻野極騎手で出走いたします。

18/10/21 吉田厩舎
28日の新潟競馬(松浜特別・芝1800m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて41頭の登録があります。

18/10/18 吉田厩舎
17日、18日は軽めの調整を行いました。「先週末にはCWコースでビシッと時計を出すなど、この中間も順調に調整が続けられており、水曜日には坂路で普通キャンターを2本乗っています。カイバをしっかりと食べていて体調面の問題はまったくありませんし、2着に来た前走時と変わらないくらいの状態にありますね。ただ、今週の競馬にも決して使えないことはないのですが、もう1本追い切ったほうがいいと判断し、来週の特別戦に回ることになりました。この後は週末から時計を出して仕上げていく予定です」(高島助手)20日の新潟競馬(3歳上500万下・若手騎手限定・芝1800m)への出走は見送りました。この後は28日の新潟競馬(松浜特別・芝1800m)に荻野極騎手で出走を予定しています。

18/10/10 吉田厩舎
10日は栗東CWコースで追い切りました。「牧場での状態も順調のようでしたので、新潟開催を目標に先週帰厩しています。乗り出してからも脚元に反動は見せておらず、今朝はCWコースで単走の追い切りを行いました。しっかりと追って全体80秒台、終いも12秒台でまとめて時計は上々ですし、動きも良かったですね。元気があって少しうるさいくらいですし、体調も特に問題ありません。来週に若手騎手限定の芝1800m戦があるので、早ければそこを目標に調整を進めていくことになります」(高島助手)20日の新潟競馬(3歳上500万下・若手騎手限定・芝1800m)に出走を予定しています。

18/10/4 吉田厩舎
4日に栗東トレセンへ帰厩しました。

18/10/3 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「乗り出した後も反動は見せておらず、この中間も順調に調整が続けられています。坂路では15-13程度の調教も交えていますが、いい手応えでしっかりと動けており、引き続き体調面の心配はありません。今週中にも移動という話ですから、そのつもりで進めていきます」(NFしがらき担当者)

18/9/25 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「馬体には特に異常は見られませんでしたので、先週後半からすでに騎乗調教を開始しており、現在は周回コースで軽めのキャンターを、坂路では普通キャンターから終いを伸ばすような調教を取り入れています。体調面の問題もありませんし、予定どおり短期間で帰厩させることができそうですから、引き続き緩めずに動かしていきたいですね。馬体重は463キロです」(NFしがらき担当者)

18/9/18 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週末にこちらへ到着しており、現在はウォーキングマシン程度の運動で馬体のチェックを行っています。特に問題ないようならば短期間でトレセンへ戻すプランもあると聞いていますから、このまま緩めない程度に動かしつつリフレッシュを図っていきます」(NFしがらき担当者)

18/9/15 NFしがらき
15日にNFしがらきへ放牧に出ました。

18/9/12 吉田厩舎
12日は軽めの調整を行いました。「この中間も軽く動かしつつ脚元を中心に馬体のチェックを行ってきましたが、競馬を使ったなりの疲れはあるものの、特に問題ない程度で心配はいらないでしょう。ただ、このまま続けて使っていけないことはないのですが、最近は短期放牧を挟みつつ成績も上がってきていますし、今回も同じパターンで次走へと向かわせていただくことにしました。今週中にいったんNFしがらきへと放牧に出し、反動などがないようであれば短期で戻す予定です」(吉田師)近日中にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

18/9/5 吉田厩舎
5日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は着差が着差だけに非常に悔しいですが、馬自身は本当によく頑張ってくれました。長く休んでいた期間もあってここまであまり数を使っていませんし、これからまだ良くなってくる余地はあると思いますから、次走ではしっかりと決めてもらいたいところですね。レース後は脚元など馬体の傷みはなさそうですが、このまま在厩で続戦させるか、短期間でも放牧に出すのかは、もう少し様子を見た上で判断していきたいと思います」(吉田師)

18/9/2 吉田厩舎
2日の小倉競馬では五分のスタートから中団やや後方。直線は外からしっかりと脚を伸ばすが、さらに外から来た勝ち馬の決め手に屈して2着。「調教でも乗せていただいたのですが、人に対して従順で乗りやすい馬ですね。道中は有力馬たちの後ろで運び、仕掛けをワンテンポ我慢する形にはなったものの、最後までしっかりと脚を使ってくれました。以前との比較ができないので何とも言えないのですが、エンジンが掛かったのは直線半ばあたりだったので、小回りだけでなく広いコースでも十分に対応してくれそうです」(荻野極騎手)「あそこまで行ったら勝ちたかったですね。ただ、相手も強かったですし、後ろで脚を溜める展開でジョッキーはうまく乗ってくれたと思います。この後については脚元の様子などを見ながら検討していきますが、次走でなんとかこのクラスを卒業させてあげたいですね」(吉田師)前回よりもさらに状態は上向いていましたのでここはしっかりと勝ち切りたい一戦でしたが、最後は相手の決め手が一枚上でした。2勝目はもうすぐ目の前ですから、次走でしっかりとチャンスを掴みたいところです。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討していきます。

18/8/30 吉田厩舎
9月2日の小倉競馬(若戸大橋特別・芝1800m)に荻野極騎手で出走いたします。

18/8/29 吉田厩舎
29日は軽めの調整を行いました。「火曜日に荻野極騎手を乗せてCWコースで追い切りを行いました。先週しっかりと負荷をかけていますし、今週はジョッキーに感触を確かめてもらう程度だったのですが、『いい動きでしたし、乗り味も良かったです』といい手応えを掴んでくれていました。体を大きく見せて体調面の不安はなく、前走時と比べてももう一段階上の状態で出走させることができそうですよ。あまり時計が速くなりすぎるよりも、最終週で馬場が荒れてくるのもプラス材料でしょう。近走は安定して成績を出してくれていますし、なんとかあとひと押しを期待したいと思います」(吉田師)9月2日の小倉競馬(若戸大橋特別・芝1800m)に出走を予定しています。

18/8/26 吉田厩舎
9月2日の小倉競馬(若戸大橋特別・芝1800m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて31頭の登録があります。

18/8/23 吉田厩舎
22日は軽めの調整を行いました。23日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで単走の追い切りを行いました。畑端騎手に手伝ったもらったのですが、ビシッと追って動きは良かったですし、『前走の前よりも状態は良さそうですね』とジョッキーもいい感触のようでした。これまではまだ気持ちに体が追い付いていなかったところもあったのですが、ここに来てようやく心身ともに充実してきたと感じさせてくれますね。帰厩直後はちょっと歩様が硬いような気もしたのですが、今はもう解れて気になりませんし、以前に骨折した箇所も安定しています。調教師から来週の小倉芝1800mに向かう予定だと聞いていますので、なんとか勝ち切れるようにきっちりと仕上げていきます。鞍上は荻野極騎手で調整中です」(福島助手)9月2日の小倉競馬(若戸大橋特別・芝1800m)に出走を予定しています。

18/8/15 吉田厩舎
15日は軽めの調整を行いました。「牧場でも問題なく過ごすことができていたようでしたので、先週末にトレセンへと帰厩させています。今週は火曜日に坂路で追い切りを行い、53秒8-38秒4-25秒2-12秒9という時計をマークしました。戻ってきて1本目の時計なのでそこまでビシビシとはやっていませんが、放牧前と変わらずに馬の状態は良さそうです。小倉開催中には使っていく予定ですが、どの番組を使うのかは、この後の動き次第で検討していくことになります」(草刈助手)

18/8/11 吉田厩舎
11日に栗東トレセンへ帰厩しました。

18/8/7 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も坂路では週に2、3回ほどハロン15秒まで脚を伸ばしています。コンスタントに動かしながらも脚元に疲れが出ることはありませんし、暑い時期でも体調は安定しています。そろそろトレセンへ帰厩させることになると思いますから、いつ声が掛かってもいいようにしっかりと態勢を整えていきます」(NFしがらき担当者)

18/7/31 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「乗り出してからも慎重に様子を見ていたのですが、特に反動らしい反動も見せていませんし、この中間はすでにハロン15秒近くまで脚を伸ばして調教を行っています。このままガタッと疲れが出るようなことがなければ短期間で戻すプランもあると思いますが、非常に暑さも厳しくなってきてますし、決して無理はせず馬の状態に合わせて進めていきたいですね。馬体重は460キロです」(NFしがらき担当者)

18/7/24 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週の木曜日にこちらへ到着しています。福島への長距離輸送後ですが、特に目立つほどのダメージは見られません。夏負けの兆候もなく馬は元気にしていますし、このまま少しずつ動かしながらリフレッシュを図っていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

18/7/19 NFしがらき
19日にNFしがらきへ放牧に出ました。

18/7/18 吉田厩舎
18日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は着差が着差だけに、あそこまで行ったらもちろん勝ちたかったのですが、外からしっかりと脚を使っていい内容のレースができたと思います。勝ち切れないながらも近走は安定して走ってくれていますし、メンバーや展開ひとつでさらに上位を期待できそうですね。レース後は特に疲れた様子は見られず、脚元の状態も落ち着いています。この後はいったんリフレッシュ放牧に出す予定ですが、牧場での状態に問題がなければ短期間で戻すつもりです」(高島助手)19日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

18/7/14 吉田厩舎
14日の福島競馬では中団後方から進めようとするが序盤から手応えが怪しく促しながらの追走になる。なんとか勢いをつけながら勝負どころへ向かうと直線はよく追い込んだが、わずかに届かず3着まで。「前半から位置を取りに行き過ぎてしまうと最後の脚が甘くなるので終いを活かす形の方がいいと思うとスタッフさんと話をしていて、そのような形で臨むようにしました。ただし、思っていた以上に前半は進みが悪くて、終始押っ付けていないと前と離されてしまいそうでした。もう少し持っていられると終いの伸びは違ったはずで、正直あの前半の行きっぷりでよく最後に伸びて来てくれたと思うほどでした。展開なのか何なのか…。トモは緩いかなと思うくらいで、悪いというほどではなかったですね…。何がよくなかったのか判断が難しいものの、今までのレースでここまでの様子はなかったはずなので悔しいです。本来のリズムで走ることができればチャンスは十分あります」(戸崎騎手)特にここ数戦の内容を鑑みながらレースへ臨んでくれましたが、それにしても前半から行きっぷりが悪かったです。正直、その姿を見たときは惨敗を覚悟したのですが、直線外から追い込んできたときは驚かされました。決め手に長けたタイプとは言えないものの勝ち負けできる力は持っているということを改めて実感したレースになったので、なんとか次回は前半からいい形で進めて最後に差し切る脚を見せて欲しいと思っています。優先出走権を獲得したので続戦することを踏まえつつ、この暑さなので体調面をよく確認してから最終的にどうするか判断していきます。

18/7/12 吉田厩舎
14日の福島競馬(雄国沼特別・芝1800m)に戸崎騎手で出走いたします。

18/7/11 吉田厩舎
11日は軽めの調整を行いました。「今週の追い切りは火曜日にCWコースで行っています。先週末にもしっかりと負荷をかけているので、昨日は強め程度の内容でしたが、素軽くていい動きを見せてくれました。長い休み明けからレースを使うごとに体が減ってしまっていたのですが、今回戻ってきてからは気持ちにも余裕があるのか以前よりもカイバをよく食べてくれており、体もだいぶ増えてふっくらと見せています。脚元も落ち着いていていい状態で競馬に向かうことができそうですから、なんとかあとひと押しを期待したいですね。なお、福島の雄国沼特別は戸崎騎手を押さえているので、本線はそこと考えているのですが、自ブロック制があるので出走が確実とは言えない状況。投票の締め切り時間ギリギリまで検討しますが、場合によっては特別登録をさせていただいた種市特別、中京の平場への出走も視野に入れています」(高島助手)14日の中京競馬(3歳上500万下・芝2000m)または同日の福島競馬(雄国沼特別・芝1800m)、もしくは15日の福島競馬(種市特別・芝2000m)に出走を予定しています。

18/7/8 吉田厩舎
14日の福島競馬(雄国沼特別・芝1800m)と15日の福島競馬(種市特別・芝2000m)に特別登録を行いました。雄国沼特別はフルゲート16頭のところ本馬を含めて26頭、種市特別はフルゲート16頭のところ本馬を含めて22頭の登録があります。

18/7/5 吉田厩舎
4日は栗東CWコースで追い切りました。5日は軽めの調整を行いました。「先週の金曜日に無事帰厩しており、今週は水曜日に畑端ジョッキーに手伝ってもらってCWコースで単走の追い切りを行いました。道中は馬なりで進めて終いだけサッと伸ばすような感じだったのですが、反応も良くてしっかりと動くことができていましたよ。脚元も気にならず馬の体調は良さそうですし、この分ならば来週の競馬を考えていくことができそうです。来週の中京に芝2000mがあるのですが、福島にも中距離の特別が2つ組まれていますから、一応特別登録だけはさせていただき、最終的には相手関係などを考慮しながら検討していければと思います」(吉田師)今のところ14日の中京競馬(3歳上500万下・芝2000m)または同日の福島競馬(雄国沼特別・芝1800m)、もしくは15日の福島競馬(種市特別・芝2000m)に出走を予定しています。

18/6/29 吉田厩舎
29日に栗東トレセンへ帰厩しました。

18/6/26 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も先週同様に坂路でハロン15秒近くまで脚を伸ばして調教を行っています。しっかりと動かしても馬体が減るようなことはありませんし、今のところは暑さに堪えている様子も見られません。このまま移動に備えてコンディションを整えていきたいと思います。馬体重は472キロです」(NFしがらき担当者)

18/6/19 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き、この中間も坂路では週2、3回ほどハロン15秒近いところを取り入れて調教を行っています。周回コースも併用してコンスタントに乗り込みを重ねていますが、馬体にも余裕があって体調は良さそうです。まだ具体的な日程は決まっていませんが、厩舎サイドからは近々トレセンへと移動させることになると聞いていますから、こちらもそのつもり調整を進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

18/6/12 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週からペースアップしていますが、脚元を含めて特に反動は見られず、この中間も坂路ではハロン15秒近くまで脚を伸ばしています。週2、3回しっかりと動かしていますが疲れた様子はありませんし、体もふっくらとして体調は良さそうですね。この調子で良化を促していきたいと思いますが、状態次第ではそう遠くないうちの移動も考えていけそうですね」(NFしがらき担当者)

18/6/5 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「ここまで緩めずに動かしつつも馬体はさらに増加傾向にありますし、この中間からはハロン15秒近くまでペースを上げて乗り込みを行っています。体調は良さそうですし、脚元も特に変わりなく落ち着いた状態を保っていますから、ここからはコンスタントに速い調教を取り入れていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

18/5/29 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間からは周回コースと坂路での乗り込みを行っています。こちらへ移動してきた当初は寂しく見えた馬体も少しずつ回復してきていますし、引き続き目立つような疲れもなさそうです。脚元も落ち着いた状態を保つことができていますから、このまま適度に動かしながらリフレッシュを図っていきたいと思います。馬体重は454キロです」(NFしがらき担当者)

18/5/22 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週の金曜日にこちらへ到着しており、馬体に異常がないことを確認してから現在は角馬場で乗り出しています。目立つほどの疲れは見せていませんが、長距離輸送が続いた後ということもあってか少し体は寂しく見えますし、もうしばらくは軽めに動かしながらしっかりとリフレッシュさせていきます」(NFしがらき担当者)

18/5/18 NFしがらき
18日にNFしがらきへ放牧に出ました。

18/5/16 吉田厩舎
16日は軽めの調整を行いました。「先週は申し訳ありませんでした。福島で脚を余してしまったので、今回ジョッキーは積極的な競馬をしてくれたのですが、最後はジリジリとした伸びになってしまいました。ちょっと窮屈な場面もあった中でよく頑張ってくれたとは思いますが、もしかすると輸送が続いたこともあって目に見えない疲れもあったのかもしれません。レース後は歩様など馬体の異常は特にありませんでしたが、脚元のケアも兼ねていったんリフレッシュ放牧に出させていただくことにしました」(吉田師)近日中にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

18/5/13 吉田厩舎
13日の新潟競馬では好位の外3番手を進み直線へ向くが早めに被される。体勢を整えて伸ばすがジリジリと差を詰めるに留まり5着。「前回は脚を余してしまったので今回はもし可能ならある程度の位置から進めたいと考えていました。一回使った分だけ気合いが入っていて前半はハミを噛んだので、なだめるように接したところ向こう正面のうちに収まりました。このリズムを維持して直線へ向かい、タイミングを図って追い出したいと考えていたのですが、思っていた以上に早めに外から来られてしまって…。残り600mもある時点で張っていくと脚をなくしてしまうと思ったので先に前に出て行くわけにもいかず、ひと呼吸置いてからと考えたものの、その外の馬の内にくる圧が強くて、かなりタイトになりました。それでも気持ちを切らさずに頑張ってくれていたので懸命に追ったのですが、残り200mくらいから脚色が鈍り出して辛くなりました。手応えのわりにジリジリとしたワンペースな伸びになったので、相手を前に出させてから追うのが良かったのか、早めに動かしていく方が良かったのか…。結果的に早めに来た馬はさらに溜めていた馬たちに捕らえられていたので、早く仕掛けるべきではなかったとは思うのですが、勝たせてあげられなかったので本当に悔しいです。好きな馬で、前回に続いて乗せていただいたのに結果を出せず申し訳ありません」(藤田騎手)前走は他馬の動きに影響を受けて結果的に脚を余すことになりましたが、今回はそのことを踏まえた乗った鞍上の意思と使った分馬の気が入っていたことで前々で折り合いに専念するレースになりました。コーナー手前には折り合いがついており、あとは終いを活かすことができればと考えていたものの、人気馬の宿命なので仕方ありませんが後続にとっての最初のターゲットになってしまいました。出来は良さそうに見えただけに残念ですが、様々な要素が合致すれば勝ち切ることができるはずです。今後については状態を見た上で判断することになりますが、連戦後なのでひと息入れることも含めて検討していくことになると思います。

18/5/10 吉田厩舎
9日は栗東CWコースで追い切りました。10日は軽めの調整を行いました。「先週末から坂路で軽く時計を出し始めており、この中間も引き続き順調に調整が続けられています。今週は水曜日にCWコースで追い切りを行いました。新潟への輸送も控えているので単走、馬なり程度でしたが、いい感じで動けていましたし、長い休み明けを使いつつ一戦ごとに状態は上向いてきていますね。ジョッキーも2度目の騎乗ということでこの馬のことを分かってくれているでしょうし、脚元や体調の問題もありませんから、もちろん前走以上の結果を期待しています。なお、相手関係を見る意味で同日の芝2200mの番組に特別登録をさせていただきましたが、当初の予定どおり平場へと向かいます」(福島助手)13日の新潟競馬(4歳上500万下・芝2000m)に藤田騎手で出走いたします。

18/5/6 吉田厩舎
13日の新潟競馬(胎内川特別・芝2200m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて18頭の登録があります。

18/5/2 吉田厩舎
2日は軽めの調整を行いました。「レースを終えて少し時間が経っていますが、特に反動で疲れが出てくるようなこともなく、脚元の状態も落ち着いていますね。この中間も普通キャンターペースで乗り込むことができていますし、引き続き順調に調整を進めることができていますよ。今のところは来週の新潟芝2000mを目標にしていく予定ですが、ここまで福島への輸送が続いていましたし、この後は週末から時計を取り入れていけば十分でしょう。前回が脚を余すような感じの内容になってしまいましたから、今回はぜひとも勝ち切りたいですね。なお、鞍上は前回と同じく藤田菜七子騎手で調整中です」(吉田師)13日の新潟競馬(4歳上500万下・芝2000m)に出走を予定しています。




応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



2018/04/26

ガウ君 次こそは勝利を!!

ガウ君の、先週の競馬は惜しかったですねー。

減量の菜七子ちゃんも良かったんですけど、改めて福島の直線は短いっ!!

道中は後ろでじっくり進めて外々を追走。最後は直線だけ、伸びてきて4着。

しかし直線の走る姿を見て、走りが変わってきたと思いませんでした?

重心の低い走りができていて、これは、明らかに成長しているなと思いました。

以前はひ弱な印象でしたが、徐々に体も逞しくなってきていますし、次こそは、勝利できるのではないでしょうか。


以下転載です。

4/25  吉田厩舎
25日は軽めの調整を行いました。「中1週で再度福島へ輸送することになりましたが、前回からの馬体減りもなく、いい状態で出走させることができたと思います。勝負どころで少し待たされる形になってしまったことは痛かったのですが、それでも直線の伸びは目立っていましたし、スムーズに運べればさらに上位争いも可能でしょう。すでに軽く乗り出していますが、脚元を含めて特に傷んだ箇所もありません。もう少し動かしながら様子を見て、反動が見られないようであればこのまま在厩で続戦させていきたいと思います」(吉田師)

4/21  吉田厩舎
21日の福島競馬では縦長の展開の中で後方より進める。直線大外からよく伸びたが、前を捕らえるまではいかず4着。「最後入れだったので大丈夫だったのですが、ゲートの中に入るとガタガタしかけていました。今後、違う枠になった時は気をつけなければいけないでしょうが今日はスタートに対応でき、出てからは馬のリズムを尊重して急かさないでじっくりと進めました。パドックでは頭を下げたまま歩いていましたがレースの道中ではハミにモタれかかることもなく、リラックスして上手に走ることができていました。後半にかけてじわっと勢いをつけていったのですが、こちらより早めに上げていく馬が外から来たことでワンテンポ待つ形になってしまいました。良い脚を使って伸びているのですが、被されずに勢いをつけていけていればと思うと悔しいです。とても良い馬で今回いただいたチャンスをモノにしたかったのですが、本当に申し訳ありません」(藤田騎手)中1週のスケジュールで再び福島まで遠征してきましたが、馬体重を減らすことなくレースへ臨むことができました。レースは慌てず急かさずじっくり進めて後半勝負のスタイルで挑みましたが、最後に目立つ伸びを見せてくれたものの前までを飲み込むことはできませんでした。外から被されないように早目にアクセルを踏めていればとも思いますが、そうすることで却って伸びが鈍っていた可能性もありますので、どちらが良かったかは正直わかりません。勝てなかったことは残念ですが、安定して走れていることはとても良いことです。この後はより慎重な見極めが必要になり、場合によっては休ませる選択を採ることにもなるかもしれませんが、次走ではさらなる前進を期待したいと思います。




応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
2018/04/19

ガウ君の鞍上は、何と、何と藤田菜七子騎手!!

いやー、想定外でびっくら、こきました。

福島での騎手の件です。

土曜のガウ君の鞍上は、藤田菜七子ちゃんが乗ってくれるとのこと。

ミーハーな私としては、嬉しい!!

減量も3キロあるし、今回は勝ちに来たなという感じがします。

前走も大外からロスの多い競馬ながら着差はわずかでしたから、チャンスですね。

福島に応援に行けないのが残念です。


あとは、枠が真ん中くらいあれば、よりロスなく進めるんではないでしょうか。

勝ったら、土曜のテレ東の競馬番組で紹介されちゃいますね。
土曜が楽しみです。!(^ ^)!


以下昨日までの転載です。



4/19  吉田厩舎
18日は栗東坂路で追い切りました(60秒1-42秒6-27秒3-13秒3)。19日は軽めの調整を行いました。「乗り出した後も特に疲れを見せるようなことはありませんし、予定どおり今週の福島を使うつもりで水曜日に坂路で追い切りました。単走、馬なりで全体58秒くらいでと思っていたところ、予定より時計は少し遅くなってしまったのですが、昨日は雨で馬場が悪化していましたし、後半の時間帯でさらに荒れていたということもあって仕方ないでしょう。前回減っていた体はもう戻っていますから、輸送をうまくクリアしてもらえれば今回も上位争いしてくれると思います。できれば中谷騎手に続けて乗ってもらいたかったのですが、残念ながら負傷中のため、今回は3キロ減の藤田菜七子騎手にお願いしました」(吉田師)21日の福島競馬(4歳上500万下・芝1800m)に藤田騎手で出走いたします。



4/11  吉田厩舎
11日は軽めの調整を行いました。「向こう正面や勝負どころなど他馬に少し寄られるシーンもありましたが、その他はスムーズには運べていたと思いますし、直線も最後までしっかりと脚を使っていました。長い休み明けを使いつつ状態は上向いてきていますから、さらに前進を図っていきたいですね。レース後は軽い運動で様子を見ていますが、今のところは脚元への反動も見られません。優先権を確保してくれたのでこのまま在厩で続戦させるつもりですが、番組については中1週で福島に同じ条件がありますし、そこに使うことも含めて検討していきます」(高島助手)21日の福島競馬(4歳上500万下・芝1800m)を目標にしています。


応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
2018/04/09

ガウ君 復活を思わせる走りで4着。頑張りました。

ガウ君の更新、怠ってましたね-。

去年の9月以来って。すみません。いろいろ忙しかったんで、余裕なくて。

さて、先週の競馬では、不利な大外枠から、フラッとゲートを出てしまい、後方から。

こりゃ、掲示板も危ういかと思い見ていると、3、4コーナーでじわじわ上がってくると、最後も良く伸び、惜しくも4着。

内枠からスムーズにゲートを出てれば勝てたレースでしたね。

4/3の調教も、82.2 - 66.7 - 52.1 - 38.0 - 11.7
サウンドドゥイット(古500万)強目の内を1.9秒追走3F併同入
でしたから、確実に成長していますし、次は開催後半の時計がかかるような、阪神か中京あたりの輸送が短いところで確勝を期しての出走はいかがでしょうか。

いづれにしても今後に期待のできる内容でしたね。

優先出走権があるうちに出れるといいなあ。

次回も楽しみにしています!

以下転載です。


4/7 吉田厩舎
7日の福島競馬ではスタートで立ち遅れる格好になるが、慌てずに中団後方を追走する。勝負どころでは馬群を縫うように進み、直線でもしぶとく脚を使っているが、外から来た勝ち馬らの勢いが上回り4着。「以前福島で跨がってから時間が経っていたので変わっている可能性はありましたが、その時はちょっと気分良くと言うか、早めに動いて力むような面があったので、今日は前にしっかりと馬を置いて運びたいと考えていました。ゲートが決まらず後ろからになりましたが、元々ジックリと運ぶプランでしたから、慌てずにこの馬のリズムを整えるようにしました。実際に悪くない走りができていましたが、向こう正面、勝負どころから直線にかけてと、今日はポイントポイントで寄せられてしまいましたね…。馬はそれでも怯まず最後まで脚を使ってくれているだけに、僕がもう少しでもスムーズに運べていたらまた違ったと思います。今日はいい結果を出せず申し訳ありませんでした」(中谷騎手)向こう正面や勝負どころで狭くなってプレッシャーのかかる競馬になりましたが、直線では最後まで伸びてくれましたし、厳しい形ながら良さを見せてくれたのは次を考えても大きいでしょう。長期休養期間を挟んでいて出走数もまだ多くありませんから、一戦一戦を糧にさらに力を付けていきたいところです。復帰後は短期放牧を挟んでいるとは言えコンスタントに競馬を使っていますから、レース後の心身の状態をしっかりと見てからどうするか判断していきます。

4/5 吉田厩舎
4日、5日は軽めの調整を行いました。「今週の競馬は中谷騎手に依頼をして、火曜日にCWコースでの併せ馬にも乗ってもらっています。道中は相手を大きく追走して最後は同入という形でしたが、全体82秒、終いも手元の計測で12秒を切るなどいい動きを見せていました。ジョッキーも『動きは良かったですよ』となかなかの好感触を掴んでくれていたようでしたし、帰厩後も順調で馬の状態は良さそうです。ここまでゲート練習も交えて調整を行っていますが、特に脚元に不安が出るようなこともありません。前回はダートが合わなかっただけで力負けというわけではないはず。今回は芝に戻すのでまずゲートを五分に出て、スムーズに流れに乗ってもらいたいと思います」(吉田師)7日の福島競馬(川俣特別・芝1800m)に中谷騎手で出走いたします。

4/1 吉田厩舎
7日の福島競馬(川俣特別・芝1800m)と8日の福島競馬(浄土平特別・芝2000m)に特別登録を行いました。川俣特別はフルゲート16頭のところ本馬を含めて36頭、浄土平特別はフルゲート16頭のところ本馬を含めて27頭の登録があります。

3/29 吉田厩舎
28日、29日は軽めの調整を行いました。「今週は火曜日にCWコースで単走の追い切りを行っています。乗っていた助手によると『先週同様に手前を替えようとしなかったけど、動き自体は力強くて状態は良さそうです』とのことでした。昨日はゲートの確認も行ったのですが、少し駐立でソワソワしていたものの、練習を重ねるとすぐに納得して落ち着いてくれました。この後は福島開催の開幕週を目標に、しっかりとコンディションを整えていきたいと思います。脚元に疲れが出ることもありませんし、芝に戻す今回はしっかりと巻き返してもらいたいですね」(吉田師)4月7日の福島競馬(川俣特別・芝1800m)に出走を予定しています。

3/22 吉田厩舎
21日は軽めの調整を行いました。22日は栗東CWコースで追い切りました。「牧場でも特に問題なく調整が続けられていたようでしたし、先週の金曜日に帰厩させています。今朝はCWコースで単走の追い切りを行いました。雨の影響で馬場が悪化していましたので、朝一番の時間帯にできるだけきれいなところを選んで走らせたのですが、直線でなかなか手前を替えようとしなかったものの、それでも最後までしっかりと動くことができていましたよ。脚元はケアも行いつつ反動が出ることもありませんし、この調子でさらにペースアップしていきたいと思います。調教師からは再来週から始まる福島開催も視野に入っていると聞いています」(福島助手)

3/16 吉田厩舎
16日に栗東トレセンへ帰厩しました。

3/13 NFしがらき
坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「先週の木曜日にこちらへ到着しており、馬体に異常がないことを確認してから乗り出しています。今朝は角馬場で体を解した後に坂路を1本サッと上がりましたが、特に脚元への反動もなさそうですね。この様子ならば長いお休みにはならないでしょうし、このまま緩めない程度に動かしつつ移動に備えていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

3/8 NFしがらき
8日にNFしがらきへ放牧に出ました。「長い休み明け初戦が見どころのある内容でしたし、今回どんな競馬をしてくれるかと期待したのですが、結局後方のまま終わってしまいました。初めてのダートということもあったのだと思いますが、キャリアが浅いためか他馬を気にしているような感じも見られましたし、このあたりは経験を積んで慣れていってもらいたいところです。レース後はトレセンで馬体のチェックを行っていましたが、幸い脚元の状態に大きな問題はありませんでした。今朝NFしがらきへと放牧に出させていただきましたので、まずは向こうでしっかりとリフレッシュしてもらいたいと思います」(福島助手)

3/4 吉田厩舎
4日の阪神競馬ではスタートで出遅れてしまい道中は最後方から。直線に向かう時もまだ後方のままで、結局そのまま脚を使う場面はなく7着。「ゲート内での駐立が悪くて出遅れてしまいました。道中のペースが速くて流れは向いたと思ったのですが、追走するだけで精一杯。結局最後まで追い付くことができなかったです。走り方からダートは合うと思っていたのですが、左と右で手前のバランスが異なってうまく走れていないような感じでした。申し訳ありません」(北村友騎手)「前回乗ったジョッキーとダートも悪くないのではないかと話をして今回使わせていただいたのですが、結果的にはそれが裏目に出てしまいました。本当に申し訳ありません。ただ、手前をうまく替えなかったあたり、もしかすると馬が怪我した場所を気にしているのか、あるいは久々を使った反動もあったのかもしれません。この後はいったん放牧に出して脚元を中心にしっかりと馬体のケアをしてもらうことにします」(吉田師)ダートで新たな一面が見られればと思っていましたが、スタートで遅れてしまい、その後もなかなか前との差を詰めることができませんでした。適性の問題もあると思いますが、馬が脚元を気にしていた可能性も考えられますし、まずは放牧に出した上でしっかりと馬体のケアを行ってもらう予定です。

3/1 吉田厩舎
4日の阪神競馬(4歳上500万下・ダ1800m)に北村友騎手で出走いたします。

2/28 吉田厩舎
28日は栗東CWコースで追い切りました。「乗り出してからも幸い脚元への反動は見られません。大幅なプラス体重はほとんどが成長分で、かなり男馬らしくなってきましたね。今朝は北村友一騎手に乗ってもらってCWコースで単走の追い切りを行いましたが、全体82秒台、終いも12秒4と時計、動き共に問題ありませんでした。一度使ったことでうるさいくらい気合いが乗ってきており、馬のコンディションはなかなか良さそうです。脚元のことも考慮して今回はダート戦へと向かいますが、CWコースでの走りからも合っていそうな感じはしますし、見せ場のあった前走以上の走りを期待したいと思います。今のところは前走と同じコンビで日曜日の番組へと向かう予定です」(高島助手)3月4日の阪神競馬(4歳上500万下・ダ1800m)に北村友騎手で出走を予定しています。

2/21 吉田厩舎
21日は軽めの調整を行いました。「この中間も慎重に様子を見ていますが、特に目立つほどのダメージは見られません。今週は火曜日に坂路で普通キャンター程度のところを2本上がっていますが、その後の歩様も問題ありませんし、このまま在厩で続戦していくつもりです。休み明けの前走でも見せ場はありましたから、何とか前進を図っていきたいですね。ここまで芝のレースを中心に使ってきていますが、初勝利を収めた時も馬場は悪化していましたし、極端な時計勝負になるよりはということで次走はダート戦も視野に入れています。早ければ来週の競馬を目標に、週末から再度ピッチを上げていく予定です」(吉田師)3月3日もしくは4日の阪神競馬(4歳上500万下・ダ1800m)への出走も視野に入れています。

2/15 吉田厩舎
14日、15日は軽めの調整を行いました。「先週は最後に脚は鈍ってしまいましたが、それでも1年以上実戦から遠ざかっていたことを考えると上々の内容でした。レース後は曳き運動で様子を見ているところですが、脚元に反動が出るようなこともありません。ただ、時間が経って状態が変わってくることも考えられますから、この後のプランについては軽く動かして馬の様子を見ながら検討していきます」(吉田師)

2/10 吉田厩舎
10日の小倉競馬ではスタート後に促して先団に取り付く。勝負どころからジョッキーの手が動き始めると直線は伸び切れず7着。「スタートから行き脚もついて道中はうまく進めることができました。最後は伸び切れませんでしたが、スムーズな競馬ができたと思いますし、休み明けを考えればよく頑張ってくれています。上がってくる時の歩様も問題ありませんでしたから、一度叩いた次はさらに走れるはずです」(北村友騎手)最後は伸び切れませんでしたが、それほど着差が開いたわけでもありませんし、休み明けを考えれば内容のあるレースだったと思います。ひと叩きしての上積みは見込めるでしょうから、さらに前進を図っていきたいところです。この後は脚元を中心に馬体をよくチェックしてから検討していきます。

2/8 吉田厩舎
10日の小倉競馬(脊振山特別・芝1800m)に北村友騎手で出走いたします。

2/7 吉田厩舎
7日は軽めの調整を行いました。「火曜日にジョッキーを乗せてCWコースで追い切りを行っています。先週併せてしっかりとやっていますから、今週は単走で強め程度の内容だったのですが、それでも追い切りを重ねるごとに動けるようになってきていますね。馬体はまだ少し余裕はあるものの、帰厩当初よりもだいぶ締まってきており、あとは小倉への輸送もあるのでいい体つきで出走させることができそうです。長く休んでいたのでまずは無事にという思いも正直ありますが、能力自体はこのクラスでも通用するものを持っている馬ですから、どんな競馬をしてくれるのか楽しみにしたいと思います。なお、お伝えしていた格上の番組については、自己条件と同じく結局フルゲートになりそうだったため、先週末の特別登録は行いませんでした」(吉田師)10日の小倉競馬(脊振山特別・芝1800m)に北村友騎手で出走を予定しています。

2/4 吉田厩舎
12日の小倉競馬(壇ノ浦特別・芝2000m)への特別登録は見送りましたが、10日の小倉競馬(脊振山特別・芝1800m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて33頭の登録があります。

2/1 吉田厩舎
1月31日はゲート試験を受け、無事合格しました。1日は栗東CWコースで追い切りました。「この中間はゲートの確認も交えつつ調整を進めていましたが、特に問題なかったことから水曜日に試験を受けたところ、無事に合格することができました。今朝はCWコースで追い切りを行っています。畑端騎手に手伝ったもらったのですが、ジョッキー騎乗とはいえ全体81秒台、終いも12秒フラットといい時計で動くことができていましたね。コースで長めからしっかりと追い切りを重ね、息遣いもだいぶ良くなってきました。この分ならばそろそろ競馬に使っていけそうだと判断し、今のところは来週小倉の自己条件を目指していくつもりです。ただ、多頭数だとレースでゴチャついて脚元に負担をかけることが余計に考えられますし、怪我で長く休んでいた馬の、それも休み明けの一戦ということを思うとそれだけは避けたいんです。あくまでも週末の状況次第にはなるものの、自己条件の頭数が多くなりそうであれば、翌日の1000万クラスの芝2000mにも特別登録をさせていただくかもしれません」(吉田師)今のところは10日の小倉競馬(脊振山特別・芝1800)に出走を予定していますが、状況次第では12日の小倉競馬(壇之浦特別・芝2000m)に特別登録を行うことも検討しています。

1/25 吉田厩舎
24日は栗東CWコースで追い切りました。25日は軽めの調整を行いました。「昨年9月にNFしがらきへ移動後、じっくりと調整を続けてもらって状態も上向いてきたようでしたので、先週の金曜日に帰厩させています。水曜日にCWコースで長めから追って時計を出したのですが、まだ馬体に余裕があるせいか手前をうまく替えなかったり、全体的に動きは重い感じがしました。ただ、成長して体に幅が出ていますから、これから乗り込んでいけば余計な脂肪が落ちていい体つきになってくるでしょう。前走から1年が経過しているために再度ゲート試験を受ける必要がありますから、並行してゲートの確認も行っていきたいと思います」(吉田師)

1/19 吉田厩舎
19日に栗東トレセンへ帰厩しました。

1/16 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も順調に乗り込みを続けられており、引き続き坂路を中心とした調整を行っています。日によっては15-15から終いをさらに伸ばす調教も取り入れていますが、脚元の状態も落ち着いていて気配もだいぶ上向いてきました。そろそろ厩舎サイドとも移動に向けた相談をしていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

1/9 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「脚元については特に痛みがぶり返すこともありませんでしたので、年末からはハロン15秒近いところも交えて調教も行っています。そのまま問題なく調整が続けられていますし、この中間も順調に過ごすことができていますよ。この調子でしっかりと乗り込みを重ねて中身を造っていきたいですね」(NFしがらき担当者)

12/19 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き、この中間も坂路を中心に乗り込みを行っています。終いをジワッと伸ばす調教も取り入れ始めていますが、今のところは脚元を気にするような感じもなく動けています。ここまでは反動もなく調整できていますが、また痛みがぶり返してもいけませんから、様子を見て少しずつペースを上げていきたいですね」(NFしがらき担当者)

12/13 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週から少しペースアップしていますが、脚元の状態はいい意味で変わりありませんので、この中間も坂路を中心に乗り込みを行っています。週3回ほどハロン16秒近いところを取り入れていますが、今の感じならばこのまま問題なく進めていけそうですし、この後はさらにピッチを上げていくつもりです」(NFしがらき担当者)

12/5 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も坂路を1日に2本乗る日を設けるなど順調に調整が続けられています。今朝は1本目に普通キャンターペース、2本目にはハロン16秒近くまで脚を伸ばしました。少しずつ無理をしない程度に負荷を強めていますが、今のところは脚元への反動も見られません。このまま様子を見ながら進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

11/28 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「乗り出してからも脚元に反動が出るようなこともなかったので、この中間は日によっては坂路を1日2本乗るなど少しずつ調教の負荷を強めています。今朝もハロン17秒の普通キャンターを2本乗りましたが、脚元を気にするような感じもありませんでしたし、このまま少しずつペースを上げていきたいですね。馬体重は479キロです」(NFしがらき担当者)

11/21 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「脚元についてはおそらく捻挫だったのか、ケアも行いつつ動かしながらも症状が悪化するようなこともありませんでしたので、この中間から騎乗調教を再開しています。坂路に入れてハロン17秒の普通キャンターペースで動かしていますが、今のところは反動が出ることもありませんから、少しずつ進めながら様子を見ていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

11/15 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「お伝えしたとおり左前脚の球節に疲れが出てしまったので、先週はウォーキングマシン中心の調整で様子を見ていたのですが、軽めに動かしつつ症状が悪化するようなことはありませんでした。このまま問題なく動かしていけるようならばトレッドミル、そして様子を見て騎乗調教へと移行したいと考えています。体調面に関しては引き続き良好です」(NFしがらき担当者)

11/7 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「ここまでハロン15秒近いところを交えて調教を続けてきたのですが、左前脚の球節部分に少し疲れが出てしまったので、今はウォーキングマシンを中心とした調整に切り替えています。以前に傷めている箇所でもありますから、ケアも行いながら慎重に様子を見ていきたいと思います。ここまで順調に進められていただけに申し訳ありません」(NFしがらき担当者)

11/1 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「まだ週1回ほどではありますが、この中間もハロン15秒近くまで脚を伸ばしています。馬は元気で体調面の心配はありませんが、脚元のことで長く休んでいた馬ですから、ケアもしっかりと行いつつ慎重に立ち上げていきたいと思います。馬体重は477キロです」(NFしがらき担当者)

10/24 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も順調に調整が続けられており、坂路では引き続きハロン15秒近いところも交えながら調教を行っています。先週のペースアップも脚元の状態に変わりはなく、体調面も特に問題ありません。まだ今後の具体的なプランは決まっていませんが、ここまでは問題なく進められていますから、引き続きこのまましっかりと動かしていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

10/17 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「ここまで乗り進めてきても脚元には特に反動なども見られませんし、今朝は周回コースでゆったりと体を解すように乗った後、坂路ではハロン15秒近いところも取り入れて調教を行いました。体調も良好で元気に動けていましたし、この後もコンスタントに乗り進めていけそうですね」(NFしがらき担当者)

10/11 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も順調に乗り込みが続けられています。周回コースではハロン20秒程度のキャンター、そして坂路ではハロン17秒の普通キャンターから終いを少し伸ばすような調教も開始しました。今のところは脚元に疲れが出ることはありませんが、ペースを上げたことで反動が出ないようケアも継続して行っていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

10/3 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「乗り出してからも脚元の状態は変わりありませんね。この中間からは坂路調教も開始しており、ハロン17秒程度の普通キャンターペースで乗り込みを行っています。ここまで体調を崩すことなく順調に来ていますし、この後も問題なくペースを上げていけそうですよ」(NFしがらき担当者)

9/26 NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「先週末にNF天栄からこちらへ移動しており、馬体に異常がないことを確認してから乗り出しています。長距離輸送の後でも特に疲れた様子は見せていませんが、まずは周回コースでの軽いキャンターから始めて少しずつペースを上げていければと思います。馬体重は462キロです」(NFしがらき担当者)

9/23 NFしがらき
23日にNFしがらきへ移動しました。

9/21 NF天栄
21日にNF天栄へ向けて移動しました。タイミングを見てNFしがらきへ移動する予定です。「当初の予定通り、9月中の本州移動となりました。NFしがらきで入厩に向けて最終調整を行っていく予定ですから、そこでもスムーズに進められればと思います。ここまで時間はかかりましたが、良い休養期間になったと思いますし、復帰戦を楽しみにしています」(空港担当者)




応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
2017/09/14

ガウ君  そろそろ、本州へ?!

ガウ君も久しぶりの更新ですね。

13秒台も出せるようになり、これから、バリバリ鍛えてもう一段階成長してくれるものと思っています。

腹回りなんか、細い。牝馬みたいですから、まだまだこれから。

ガウ君、頑張ってね。


以下転載です。

 9/13 NF空港
周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン13~15秒のキャンターを2本登坂しています。「この中間から坂路でハロン13秒ペースを取り入れています。徐々に本州移動を意識できる状態に近づいていますので、抜かりなく対応していければと思います」(空港担当者)

9/7 NF空港
周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンターを2本登坂しています。「坂路で週2本は15-15をこなしているように、この中間も順調ですね。9月中の移動に向けて、引き続きしっかりと乗り込んでいきたいですね。馬体重は475キロです」(空港担当者)

8/30 NF空港
周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンターを2本登坂しています。「引き続き、ハロン15秒ペースを主体にスムーズに乗り込みをこなすことができています。9月中の本州移動を視野に更に負荷をかけて中身から良化を促していきたいです」(空港担当者)

8/24 NF空港
周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンターを2本登坂しています。「ここまで順調に乗り込みをこなせていましたので、この中間はリフレッシュも取り入れながら進めています。早ければ9月中にも本州へ移動させるという話もありますから、そこへ向けてしっかりと態勢を整えていきたいです。馬体重は474キロです」(空港担当者)

8/17 NF空港
周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンターを2本登坂しています。「この中間からハロン15秒ペースを織り交ぜて進めています。この馬なりにしっかり負荷をかけることができていますし、本州移動に向けて問題なく前進を図ることができていると言えるでしょう」(空港担当者)

8/10 NF空港
周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンターを2本登坂しています。「引き続き、問題なく日々の乗り込みをこなすことができています。この調子で本数をこなしていき、少しずつ復帰に向けての下地を固めていければと考えています。馬体重は469キロです」(空港担当者)

8/2 NF空港
周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンターを1本登坂しています。「この中間から坂路でハロン16秒のキャンターを中心に進めています。順次負荷を高めることができているのは何よりですし、このまま継続的に坂路で動かしていければと思います」(空港担当者)

7/26 NF空港
周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンターを2本登坂しています。「徐々にピッチを上げていますが、変わりなく対応できていますよ。この調子で中身から強化していき、復帰に向けて態勢を少しずつ整えていきたいです。馬体重は466キロです」(空港担当者)

7/20 NF空港
周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週1日は屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを1本登坂しています。「この中間から坂路コースでの調整メニューを再開しています。まだ試し乗り程度の軽めの内容ですから、少しずつ慣らしながら調教のピッチを上げていければと思います」(空港担当者)

7/5 NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行っています。「継続的に周回ダートコースで負荷をかけていますが、変わりなく対応できています。ここまでは思惑通りに推移していますので、今後も早期の坂路入りに備えて順次負荷を高めていければと考えています。馬体重は469キロです」(空港担当者)

6/29 NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行っています。「角馬場での運動メニューもスムーズに対応できましたので、周回ダートコースでのメニューを開始しています。状態を見つつ、ステップアップを図ることができていますので、この調子で坂路入りに備えていければと思います」(空港担当者)

6/21 NF空港
角馬場でフラットワークを行っています。「厩舎まわりでの常歩運動でも問題なくこなせていたので、この中間から角馬場でのメニューへ移行しています。じっくり体を慣らしていき、更なるペースアップに備えていければと考えています。馬体重は469キロです」(空港担当者)

6/15 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。「引き続き、状態面に変化はありませんでしたので、マシン運動と併せて厩舎まわりで人を乗せての常歩運動も行っています。このまま変わりないようであれば徐々に負荷を高めていくことも検討したいと思います」(空港担当者)

6/7 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。「この中間は定期のレントゲン検査を実施しましたが、大きな問題はなかったのでこの調子でじっくり進めていく方針です。今後も状態に合わせて少しずつ負荷をかけることで復帰を目指していきます。馬体重は461キロです」(空港担当者)


6/1 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。「この中間もウォーキングマシンを用いての運動メニューをこなしています。次のステップへ向かうには今しばらく時間は必要ですが、状態はいい意味で変わりないので、回復状況を見ながらしっかりと進めていければと思います」(空港担当者)


5/25 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。「この中間も変わりなくウォーキングマシンでの運動を行えています。しばらくは現状のメニューを維持して進めていくことになりますが、カイバ食いや体調などもしっかりと見ながら無理のないよう取り組んでいきます。馬体重は455キロです」(空港担当者)

5/18 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。「引き続き、状態面に変わりはありませんでしたので、ウォーキングマシンでの運動を開始しています。この調子で脚元の経過を見つつ徐々にステップアップを図っていければと思います」(空港担当者)

5/11 NF空港
厩舎まわりで曳き運動を行っています。「獣医師と相談の上で、この中間から曳き運動を開始しています。このまま問題ないようであればウォーキングマシンでの運動メニューへ移行していきたいと考えていますので、状態を確認しながらしっかり対応していきたいです。馬体重は462キロです」(空港担当者)

5/2 NF空港
舎飼で休養しています。「この中間、定期のレントゲン検査を実施しています。経過は問題ありませんでしたし、徐々にマシン運動を開始することも検討していきます。引き続き、馬の状態に合わせて日々の調整メニューを決めていきます」(空港担当者)

4/27 NF空港
舎飼で休養しています。「舎飼での休養期間が続きますが、馬体重は現状で458キロと安定したまま推移しています。運動を再開していく時期については検討中ですが、今後も脚元の良化具合を見ながら慎重に判断していければと思います」(空港担当者)

4/20 NF空港
舎飼で休養しています。「先週と同様に舎飼が続きますが、この中間も良い意味で変わりない状態です。この調子でじっくり回復を図った上で運動再開を目指していければと考えていますし、無理のないよう進めて行きたいですね」(空港担当者)

4/13 NF空港
舎飼で休養しています。「引き続き、心身の変化に気を付けつつ舎飼で休養させています。今後も継続的に脚元のチェックを行い、無理のないタイミングでの運動再開を目指していければと思います。そのためにも焦らず回復に専念していきたいと思います。馬体重は461キロです」(空港担当者)

4/6 NF空港
舎飼で休養しています。「この中間もカイバ食いや精神面に細心の注意を払いながら対応していますが、大きく変わりない様子を見せています。馬体重は安定していますし、このまま運動開始まで無理せず過ごしていければと思います」(空港担当者)

3/30 NF空港
舎飼で休養しています。「引き続き、状態面はいい意味で変わりありません。骨折箇所をボルトで止める手術を行った後ですので、動き出しの時期は慎重に判断していければと思います。今後も馬体の増加には気を付けつつ日々の様子を見ていきます。馬体重は456キロです」(空港担当者)

3/21 NF空港
舎飼で休養しています。「この中間も変わらず舎飼でじっくり休養期間に充てています。カイバもまずまず食べることができていますし、脚元を含めて状態に変化はありません。今後も状態に合わせて復帰へ向けての調整を進めていければと考えています」(空港担当者)

3/15 NF空港
舎飼で休養しています。「体は増加傾向にありますが、現状で前走時の体重まで戻っている程度なので、許容範囲内と言えるでしょう。引き続き、回復を第一に考えながら接していき、いい形で次のステップへ進めるように慎重に対応していければと思います。馬体重は451キロです」(空港担当者)

3/8 NF空港
舎飼で休養しています。「引き続き、舎飼で脚元の回復に努めています。さすがに楽をさせている分、体には少しずつ余裕が出てくる頃でしょうから、しっかりカイバ内容を考えていければと思います。今後も運動再開へ向けて状態に合わせて進めていきます」(空港担当者)

3/2 NF空港
舎飼で休養しています。「この中間も回復を第一に考えて接しており、舎飼でじっくり休養期間を過ごしています。しばらくは現状のまま脚元の回復状況を見ていく形になりますので、焦らず取り組んでいければと思います。馬体重は443キロです」(空港担当者)

2/21 NF空港
舎飼で休養しています。「こちらに到着後は舎飼で休養しています。到着の翌日にはレントゲン検査を行っていますが、今後時間をかけて経過を見極めていきたいですね。素質の高い馬ですから焦らず回復を促して、復活を目指していければと考えています」(空港担当者)

2/16 NF空港
16日にNF空港へ移動しました。

2/14 NF天栄
14日にNF天栄へ移動しました。「先週の火曜日にこちらへ移動してきてからは舎飼で患部の状態をチェックしていましたが、いい意味で変わりない状態でしたし、この様子ならば動かしても問題ないだろうということで今朝NF天栄へ向けて出発しました。その後は様子を見てNF空港へと移動させることになります」(NFしがらき担当者)この後は様子を見てNF空港へ移動する予定です。

2/8 NFしがらき
7日にNFしがらきへ放牧に出ました。「術後はトレセンでしばらく経過観察をしていたのですが、もう動かしても問題ないとのことでしたので、火曜日にNFしがらきへと放牧に出させていただきました。向こうでもしっかりと患部のチェックをしてもらい、その後は様子を見て北海道へと移動させることになると思います」(花田助手)

2/1 吉田厩舎
舎飼で様子を見ています。「先週、骨折箇所をボルトで止める手術を行いましたが、その後の経過も良好です。場合によっては2週間ほど経過観察をするかもしれないと言われていたのですが、今の感じならば早ければおそらく今週末あたりには北海道へ放牧に出すことができる見込みです。このようなことになってしまい大変残念ですし、本当に申し訳なく思っておりますが、能力のある馬ですからしっかりと患部を治してまた元気な姿で戻ってきてほしいと思います」(高島助手)
  


応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。