FC2ブログ
2017/03/26

レヴェンスホール 逆襲の予感?!

さて、レヴェンスホール君は、なかなか実力を発揮できずに敗戦が続いてますが、ここに来て、朗報がありました。

チークピーシーズが効いてる?!

調教を見たわけじゃないですが、0.9秒先着って。。。

久々に期待しちゃいますよ!!




以下転載です。


3/23 宮本厩舎
22日は軽めの調整を行いました。23日は栗東CWコースで追い切りました「今朝はCWコースで併せて追い切りました。集中力を高めるという意味で今日はチークピーシーズを装着したのですが、その効果があったのかこれだけでは何とも言えないものの、併せた相手に大きく先着し、全体82秒4、終いも12秒5といい伸び脚を見せてくれましたよ。能力は感じるのに競馬に行ってそれを発揮することはできておらず、今回も集中して走れるかどうかがカギとなりますが、今のところは競馬でもチークピーシーズを装着する予定なので何とかプラスに出てほしいですね」(宮本師)26日の阪神競馬(3歳未勝利・ダ1800m)に中谷騎手で出走いたします。

3/16 宮本厩舎
15日、16日は軽めの調整を行いました。「馬の気持ちが走る方へと向いていないような感じで、なかなか進まずに結局いいところなく終わってしまいました。競馬で走り切っていないので、今のところは大きく疲れたような様子はありませんし、このまま在厩で次走へと向かう予定ですが、前向きさを引き出すことができるように次は馬具の工夫も考えていきたいと思います。優先権は確保できませんでしたが、ダートの1800mならそれほど間隔を取る必要もないでしょうから、出走状況を確認しつつ早ければ来週から使っていくことも検討しています」(宮本師)

3/11 宮本厩舎
11日の阪神競馬ではまずまずのスタートから中団を追走していくも、勝負どころから徐々にポジションが下がっていき、そのまま見せ場なく8着。「厩舎サイドから聞いていたとおり、馬に自分から進もうという気がなく、勝負どころでペースが速くなると反応できずについて行けませんでした。ただ、向こう正面では悪くない走りができていましたし、最後も伸びてはくれています。キックバックも嫌がらなかったですし、条件的にはダートで特に問題ないでしょう。とにかく気持ちひとつなので、何か馬具を着用してみるのもいいかもしれません」(中谷騎手)「なかなか走る方へと気持ちが向かず、追走するだけで精一杯というレースでしたが、それでも直線はバテることなく脚を使っていました。ジョッキーもダートの走りは悪くないと言ってくれていましたし、次はチークやブリンカーなど馬具を着用して変化を求めてみようと思います。いい競馬をお見せできず申し訳ありませんでした」(宮本師)ダートへ路線を変えた今日のレースでしたが、スタートから鞍上が追っ付けどおしで、終始手応えに余裕がありませんでした。力を出し切ることができればもっと走れる馬ですし、何とかキッカケを掴んでもらいたいところです。このまま続戦したいと考えていますが、まずはレース後の馬体をしっかりと確認してから検討していきます。

3/9 宮本厩舎
11日の阪神競馬(3歳未勝利・ダ1800m)に中谷騎手で出走いたします。

3/8 宮本厩舎
8日は栗東CWコースで追い切りました。「出走状況にもよりますが、今週の競馬に使うつもりで今朝はCWコースで3頭併せを行いました。高倉騎手に手伝ってもらってビッシリとやったのですが、前向きさに欠けるせいか、最後は3馬身ほど遅れてしまいました。時計自体は6ハロン83秒台、ラスト1ハロンも12秒台でまとめているので決して悪くはないのですが、競馬では遊ばせずに乗ってくれるジョッキーをと思って、中谷騎手に声をかけました。午後から想定表を見ると出走できそうですし、今のところは土曜日の阪神を予定しています」(宮本師)11日の阪神競馬(3歳未勝利・ダ1800m)に中谷騎手で出走を予定しています。

3/2 宮本厩舎
1日、2日は軽めの調整を行いました。「出走状況次第では今週の競馬も考えていこうかと思っていましたが、想定を見るとそれほど間隔を空けずに使っていけるのではないかという見通しですので、今週には拘らず水曜日、木曜日は軽めの調整に留めています。条件云々というよりも、レース経験を積む必要を感じる現状ですし、場合によってはダートも選択肢に入れていこうと思います。馬は元気いっぱいで、特に疲れもありません。まだ番組は決めていませんが、鞍上についてはビッシリ遊ばせず乗ってくれるジョッキーを探すつもりです」(宮本師)

2/22 宮本厩舎
22日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は申し訳ありませんでした。調教ではひと追いごとに動きがしっかりしてきていたので、いきなりからでもやれると期待していたのですが、久々が影響したのか最後までグッとハミを取ってくれるようなところがないままでした。このあたりは経験も必要なのかなと思いますし、これまで以上に気を配って普段の調教から遊ばせず走らせるように心がけていきたいと思います。今のところは馬体にも問題はないので、このまま出走状況など見ながら在厩で調整していく予定です」(宮本師)

2/18 宮本厩舎
18日の小倉競馬ではゆっくりしたスタートから道中は後方待機。直線も脚を使うところはなく15着。「ゲートの中で立ち上がったりして出遅れてしまい、スタート後は両サイドから挟まれてポジションが悪くなってしまいました。道中ハミを取らないのはデビュー戦も同じようなものでしたが、前回は終いにちゃんと脚を使ってくれましたからね…。今日は全然伸びてくれませんでしたし、もしかすると休み明けの影響もあったのでしょうか。いい結果とならず申し訳ありません」(坂井騎手)「スタートから追走に苦労していましたが、初戦も道中そんな感じで最後は伸びてくれましたからね。休み明けでも仕上がりは良く見えただけに首を捻りたくなるのですが、もしかすると小回りのコース形態が合わないのでしょうか…。このような結果になり本当に申し訳ありませんが、まずはレース後の馬体を確認してから今後を検討していきます」(宮本師)道中は追走するだけで精一杯という感じで、直線もそのまま見せ場なく終わってしまいました。休み明け、小回りなど敗因はいくつか考えられますが、デビュー戦の内容からもこれがこの馬の力でないことは確かですし、今後の巻き返しに期待したいと思います。

2/16 宮本厩舎
18日の小倉競馬(3歳未勝利・芝2000m)に坂井騎手で出走いたします。

2/15 宮本厩舎
15日は栗東坂路で追い切りました(54秒9-40秒5-26秒2-12秒9)。「先週の競馬も視野に入れていたぐらいで馬体はほぼ仕上がっているので、今朝は坂路で強め程度の追い切りを行いました。整地作業前でかなり馬場も荒れてきた時間帯だったのですが、ラストは13秒を切ってきてしっかりとした脚でしたし、ひと追いごとに態勢は整ってきています。初戦の内容はまだレースがどういうものか分かっていない感じはあったので、少し経験は必要なのかなと思いますが、久々としてはいい仕上がりでレースに臨めそうです」(宮本師)18日の小倉競馬(3歳未勝利・芝2000m)に坂井騎手で出走を予定しています。

2/8 宮本厩舎
8日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで併せて追い切りました。少し仕掛ける程度でラスト1ハロンは12秒1という手元の計測でしたし、最後はキッチリ1馬身ほど先着を果たしてくれました。入厩当初は難しいところを見せていたので、今も精神面には十分配慮しながら接していますが、一番最初にゲート縛りを行ってからはおとなしくしてくれていますし、おそらくもう大丈夫なんじゃないかなと思います。早ければ今週の競馬も視野に入れていたのですが、先週のひと追いが効いたのかここに来てようやく上向いてきているという感じもしますから、もう1本時計を出して来週の競馬に備えていく予定です」(宮本師)18日の小倉競馬(3歳未勝利・芝2000m)に坂井騎手で出走を予定しています。

2/1 宮本厩舎
1日は栗東CWコースで追い切りました。「吉澤WESTでしっかりと乗り込んでもらってだいぶ状態が上がってきましたので、先週帰厩させました。もともと少し頑固なところがあるタイプですし、馬場入りなどには気を遣っていますが、今のところはスムーズにこなしてくれています。今朝はCWコースで併せて追い切りましたが、最後は少しズブさを見せて遅れてしまいました。とはいえ、直線半ばまではしぶとく脚を使っていましたし、ジョッキーを乗せてビッシリやったのでこれで変わってきてくれると思います。週末と来週の調整次第ですが、早ければ来週の小倉から考えていきたいですね」(宮本師)「今朝、追い切りに乗せていただきました。厩舎の方からもまだそこまで動かないかもとは聞いていたのですが、そのとおり動きはちょっと重い感じがしましたし、道中もフワフワしたりハミを取ったりとまだ子供っぽいところはありましたね。ただ、放牧に出して少し休んでいたと聞いていますので、このひと追いでまた変わってきてくれると思います」(坂井騎手)11日の小倉競馬(3歳未勝利・芝2000m)もしくは18日の小倉競馬(3歳未勝利・芝2000m)に坂井騎手で出走を予定しています。

1/28 宮本厩舎
28日に栗東トレセンへ帰厩しました。

1/25 吉澤WEST
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き、この中間も13-13くらいのところを交えて調教を行っています。動きや体の張りを見ても移動に向けてもう十分に仕上がったかなという感じですね。厩舎サイドからは今週中の帰厩と聞いていますが、寒い日も続きますので体調など崩してしまわないよう気を引き締めて接していきたいと思います」(吉澤WEST担当者)

1/18 吉澤WEST
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も坂路では13-13くらいまで脚を伸ばして調教を行っています。相変わらず堪えた様子も感じられず、動きにはだいぶ力強さが出てきていますね。体もふっくらとして体調も良さそうです。そう遠くなく移動ということになると思いますので、それまでしっかりと進めていきたいと思います」(吉澤WEST担当者)




応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
スポンサーサイト
2017/01/12

レヴェンスホール そろそろ入厩へ。吉澤ステーブルにて調整中

レヴ君、久しぶりに更新ですね。

10月のレース後、放牧先で熱が出たり、疲労があったようですが、ここひと月以上は安定していますね。

13秒も出していますし、いよいよ移動ですね。

2戦目の初勝利を目指して頑張ってもらいたいですね。


以下転載です。

1/11 吉澤WEST
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「年末にかけても15-15をコンスタントに乗り込むことができていましたし、年明けからはハロン13秒くらいまで脚を伸ばすような調教も取り入れています。特に堪えた様子もありませんし、体もふっくらとしていてここまでは順調と言っていいですね。そろそろ移動ということになるでしょうから、厩舎サイドとも具体的な日程の相談をしていきたいと思います」(吉澤WEST担当者)

12/22 吉澤WEST
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間は週2回15-15を取り入れて、そのうち1回はハロン13秒くらいまで脚を伸ばしています。早ければ1月半ばくらいの帰厩を視野に入れていると聞いていますので、移動に向けてピッチを上げていますが、堪えるようなこともありませんね。ここまでは順調に調整が続けられていますし、しっかりと態勢を整えていきたいと思います」(吉澤WEST担当者)

12/14 吉澤WEST
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も坂路では15-15を交えて調教を行っています。先週ペースアップしてからも体温が上がるようなこともなく、体調面は引き続き安定していますね。宮本調教師とは1月中には移動させましょうという話をしているので、これから徐々にピッチを上げて態勢を整えていきたいと思います」(吉澤WEST担当者)

12/7 吉澤WEST
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「坂路調教を開始してからも疲れた様子を見せることもなく、体調面も安定していましたので、この中間は15-15程度のところも交えて調教をおこなっています。ペースアップした後ですので、脚元などはしっかりと確認し、問題なければこれから本数を重ねて良化を促していきたいですね」(吉澤WEST担当者)

11/30 吉澤WEST
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週乗り出してからも反動などは見られず、体温も安定するようになってきましたので、この中間からは坂路にも入れて調教を行っています。引き続き、体調面などはしっかりとチェックしていきますが、今のところはこのままスムーズに進めていけそうな雰囲気ですよ」(吉澤WEST担当者)

11/23 吉澤WEST
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「ここまで軽めの調整で進めてきたのですが、だいぶ体温も安定するようになってきたので、この中間は周回コースにも入れて調教を行っています。まだハロン20秒くらいのゆったりとしたキャンターですが、乗った後も体温が上がることはありませんし、今のところは元気にしてくれています。ただ、ここで一気にペースアップすると反動が心配ですから、様子を見ながら少しずつ進めていく予定です」(吉澤WEST担当者)

11/16 吉澤WEST
軽めの調整を行っています。「ウォーキングマシン程度の運動に加えて、この中間から軽い乗り運動も開始しているのですが、どうもまだレース後の疲れが抜け切らないのか体温がなかなか安定しません。今後はもうしばらく軽めに動かして様子を見ていくことになると思います。まだ幼い2歳馬でもありますから、焦らずに進めていきたいですね」(吉澤WEST担当者)

11/9 吉澤WEST
軽めの調整を行っています。「先週の金曜日にこちらへ到着しています。レースを使った反動で疲れが出てしまったのか、移動直後はちょっと体温が高くなったりする日もあったのですが、今はだいぶ落ち着いてくれていますね。とはいえ、ここで無理をさせてしまうと後に影響してきますから、まずはウォーキングマシン程度の運動から始めてしっかりとリフレッシュさせていきたいと思います」(吉澤WEST担当者)

11/7 吉澤WEST
4日に吉澤ステーブルWESTへ放牧に出ました。

11/2 宮本厩舎
2日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は、前半は追走に手間取りましたが、直線はしっかりした脚を使ってくれました。まだ精神的に子供っぽいところがありますし、このあたりは使いつつ改善してくればと思います。気性的に続けて使っていくよりはひと息入れた方がいいでしょうから、いったんリフレッシュさせたいと思います。疲れらしい疲れは見せていませんし、放牧先でも問題ないようなら年内には使うつもりで調整したいですね」(宮本師)


応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。

2016/10/30

レヴェンスホール デビュー戦は4着(´;ω;`)

レヴェンスホール、初戦は直線、最後に差を詰めてくるが4着どまり。

残念ながら、勝利には少し時間がかかりそうですね。

ただ条件を変えれば、チャンスは出てくるでしょうね。

ダートならまた追走も楽になるでしょうし、芝でも距離が延びれば、ペースが落ち着いて位置取りもよくなるのではないかと思わせる内容でした。

あと、タイムも1:36.1なら、水準級ですかね。

リフレッシュした後、頑張ってほしいですね。

次回は芝の1800mかダ1800mでしょうか。

またお知らせしますね。では。


以下転載です。

10/29  宮本厩舎
29日の京都競馬ではゆっくり目のスタートから行き脚つかず後方を追走。直線半ばでようやくエンジンがかかるとよく伸びて4着。「スタートこそそれほど悪くなかったのですが、その後は行き脚がつかず、ずっと外に逃げるような感じで前に進んでいきませんでした。4コーナーでも手応えは良くなかったのですが、直線に向いてようやくハミを取ってくれて、最後はいい脚を使ってくれました。レース慣れしてくれば追走も楽になるでしょうし、折り合いに心配はなさそうなので、もう少し距離があってもいいかもしれません」(坂井騎手)「前半はついていけていないと思ってヒヤヒヤしましたが、最後はよく差を詰めてくれました。競馬に慣れてきて楽に追走できるようになれば楽しみですね。ただ、まだ気性的に子供っぽいところがあるので、このあとは短期でもリフレッシュさせることも考えます」(宮本師)道中は促されつつの追走になりましたが、直線追い出されてからはしっかりした伸びを見せてくれましたし、初戦としては次につながるいい内容だったと思います。このあとはひと息入れることも検討しています。


応援クリック
お願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
2016/10/29

レヴェンスホール 新馬戦10/29 京都5レースに出走!!

レヴェンスホールが無事にデビューを迎えました。

まずは、デビューまで携わってくださった皆様に感謝したいと思います。


兄にミッキードリームという重賞ウイナーがいる血統です。

父がクロフネ
母母スプリングコートはサクラバクシンオーと兄弟で、自身も重賞3着の実績あります。

後は自分の実力でこの世界を戦い抜いてほしいですね。

息の長い活躍を期待します。

明日は、ディープ産駒のアルアイン、調教をしっかり積んだキラービューティが相手とみてます。

良い着順に入れますように。

以下転載です。

10/27 宮本厩舎
29日の京都競馬(2歳新馬・芝1600m)に坂井騎手で出走いたします。

10/26 宮本厩舎
26日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝は坂井騎手を乗せてCWコースで併せて追い切りました。先週も一杯に追い切っていますから、今日は馬なりでサッと調整程度です。それでも段々と楽に動けるようになっていますし、ここまでCWコースを中心にしっかりと負荷をかけてきて息遣いも良くなってきました。調教後の脚元の様子なども特に問題ありませんので、先週お伝えしたとおり初戦は芝の番組に使わせていただきたいと思います。乗り込みを重ねて態勢は整ったので、あとは実戦に行ってどんな競馬をしてくれるかを楽しみにしたいですね」(宮本師)29日の京都競馬(2歳新馬・芝1600m)に坂井騎手で出走を予定しています。

10/20 宮本厩舎
19日は栗東CWコースで追い切りました。20日は軽めの調整を行いました。「水曜日はCWコースで併せて追い切りました。先週あたりからずいぶん動けるようになったなと感じていましたが、昨日の併せ馬でも長目から併せて半馬身ほど先着と中身の濃い追い切りができました。ひと追いごとにしっかりしてきていますし、これなら来週の競馬から考えて行けそうですよ。父クロフネからも当初はダートでデビューを考えていたのですが、前向きに動けるようになってきたこともあって、芝でもいいのではないかという話をスタッフともしているところです。来週の追い切り次第でまた最終的に判断しますが、今のところは芝のマイル戦に減量騎手の坂井ジョッキーを確保しています」(宮本師)29日の京都競馬(2歳新馬・芝1600m)に坂井騎手で出走を予定しています。

10/13 宮本厩舎
12日は軽めの調整を行いました。13日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝は坂路で併せて追い切りました。先週は持ったままでほぼ馬なりだったのですが、今日はビシッと負荷をかけて全体が87秒2、終いも12秒台で上がってきてくれました。以前と比べても走る方へと気持ちが向いているのがわかりますし、追い切りを重ねることで馬自身もピリッとして動きも少しずつ良くなってきていますよ。追い切り後の状態や担当スタッフともしっかりと話をしながらデビュー戦の番組を検討していきたいと思います」(宮本師)

10/5 宮本厩舎
5日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで併せて追い切りました。全体が88秒台、終いも14秒台とほぼ馬なりでサッと乗っただけなのですが、最後まで楽な感じで2~3馬身ほど先着を果たしてくれました。先週追い切ってからもどこかフワフワとしていて、正直なところ思ったほど変わっていないかなという感じがしたのですが、今日の動きを見る限りは少しずつ上昇してきてくれているようですから、これでまたもう一段階良くなってくれればと思います。もう少し時計を出してから具体的な番組を検討していきたいですね」(宮本師)

9/29 宮本厩舎
28日は軽めの調整を行いました。29日は栗東坂路で追い切りました(58秒8-42秒8-27秒5-13秒4)。「先週末に無事帰厩しており、今朝は坂路で追い切りました。乗っていたスタッフに話を聞くと、ある程度の負荷をかけて最後は脚が上がってしまったとのことでしたが、今日は雨のために馬場状態が悪くなっていましたし、仕方のないところもあるでしょう。ゲートにはだいぶ苦労させられましたが、それ以外の部分では特に問題なく進められていますので、このひと追いでピリッとしてくれればと思います。様子を見ながら少しずつピッチを上げ、デビューの時期などを検討していきたいですね」(宮本師)

9/24 宮本厩舎
24日に栗東トレセンへ帰厩しました。


9/20 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も週に2、3回は15-15に近いところを取り入れてしっかりと乗り込んでいます。ペースを上げた調教を取り入れたことで活気も出ていますし、負荷を強めても馬体はふっくら見せています。少し口向きの難しいところはありますが、変にピリピリすることはなく、順調に動かせていますよ。宮本師とは、そう遠くなく移動させようという話をしています」(NFしがらき担当者)

9/13 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も周回コースと坂路でじっくりと乗り込んでいます。先週から15-15に近いところを取り入れていますが、その後も特に反動はありませんので、週に2回の頻度で15-15を織り交ぜていく予定で進めているところです。このままコンスタントに15-15をこなしていけばしっかりと体力もついてくるでしょう」(NFしがらき担当者)

9/6 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「先週後半からは坂路調教も開始しています。今朝は坂路で併せて終いを15秒近くまで伸ばしました。併せ馬でもスムーズに動くことができていますし、調教では特に乗り手を困らせるようなことはありません。このままいい精神状態で調教に取り組んでいけるよう心がけていきたいですね」(NFしがらき担当者)

8/30 NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「この中間からは周回コースに入れて調教を行っています。移動当初は我が強くてちょっと難しいところがありそうだなというイメージだったのですが、いざ乗り出してしまえば特に問題ありませんでした。しょっちゅうヒンヒン鳴いたりはしているものの、体調面などは問題ありませんのでこのまま進めていくことができると思います。馬体重は478キロです」(NFしがらき担当者)

8/23 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週こちらに移動してきており、馬体に大きな異常がないことを確認してから乗り出しています。トレセンではゲートに少し苦戦したとのことでまずは精神面のリフレッシュを図るべく軽めに動かしているのですが、決してうるさいということはないものの、ちょっと我が強いところがありますね。気分を害してしまわないよう、そのあたりはうまく付き合っていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

8/21 NFしがらき
20日にNFしがらきへ放牧に出ました。

8/19 宮本厩舎
19日にゲート試験を受け、無事合格しました。「縛っている間は馬も練習と分かっておとなしくしていますし、並行して行った発馬練習では案外ポンと出てくれるので、今朝ダメでもともとの気持ちで試験を受けてみたんです。正直、駐立に関しては自信はあまりなかったのですが、幸い立ち上がることもなく、練習どおりスタートも出て、なんとか合格することができました。ここまでずっと縛り練習をしてきて馬もしんどかったと思いますし、明日一度放牧に出すことにします」(宮本師)20日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

8/17 宮本厩舎
17日はゲート練習中心の調教を行いました。「この中間もゲート練習中心に進めています。縛り練習も続けているのですが、最近では縛っている間はおとなしくしているのに練習が終わると立ち上がるなど、悪い意味で慣れてきている印象なんです。普段は相変わらず大人しいですし、ちょっと賢すぎるのかもしれませんから、こちらも知恵を絞ってじっくりと取り組んでいきます」(宮本師)

8/10 宮本厩舎
10日はゲート練習中心の調教を行いました。「坂路を軽く上がってから今朝もゲート縛りを行いました。なかなか我の強い馬で状況が劇的に変化したというわけではありませんが、それでも先週に比べるとだいぶ納得してくれて良くなっていますよ。縛らず普通にゲートへ入れるとやはり駐立は少し不安定だったものの、前扉を開けてあげると比較的おとなしく立ってくれていました。改善は見られますから、今後は縛る時間を短くするなどして追い詰めすぎないように進めていきたいと思います」(宮本師)

8/3 宮本厩舎
3日はゲート練習中心の調教を行いました。「先週お伝えしたあと、木曜日の練習でもゲート内で立ち上がる素振りを見せたため、早いうちに対処が必要だと判断し、金曜日から縛り練習を始めました。潜ったりはしないのですが、とにかく立ち上がろうとするんです。まだ納得していない感じでしたし、今朝も縛ったのですが、金曜日と同じような状況でした。なかなか頑固ですね。普段は、乗っているときも馬房でも特に人の手を煩わすことはないので、慣れてくれば大丈夫だとは思いますが、引き続き慎重に進めていきます」(宮本師)

7/27 宮本厩舎
27日はゲート練習中心の調教を行いました。「先週無事入厩しました。金曜日から乗り出してさっそくゲートも通してみたのですが、初めてということで馬も慎重になっていたのか、そのときはとても大人しかったんです。ところが、週末を挟んで今朝本格的に駐立の練習を開始したところ、ゲート内で立ち上がる仕草をしたりかなり嫌がるそぶりを見せました。最初に嫌なイメージがつくと後々まで影響するので、気をつけて進めていきたいですね」(宮本師)

7/26 宮本厩舎
21日に栗東トレセン・宮本博厩舎へ入厩しました。「先週半ばに北海道から天栄へ来ましたが、到着直後に体調を崩すようなこともなく元気な様子を見せてくれましたよ。こちらには短期間の滞在だったためやれることに限りがありましたが、順調に行ってもらえればという気持ちを込めて栗東トレセンへ送り出しました。またこちらに来る機会があるかもしれませんし、立派に成長してくれていれば嬉しいですね」(天栄担当者)

7/19 NF天栄
19日にNF天栄へ向けて移動しました。タイミングを見て栗東トレセンへ入厩する予定です。「予定通り、本日本州へ向けて出発しています。馬房内ではリラックスしていますが、調教では気合いが程よく入っていますし、いい状態で送り出せたのではと思います。まずはゲート試験の合格を目指して頑張ってほしいですね」(空港担当者)

7/15 NF空港
馬体重:470kg 
現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン14秒のキャンターで1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。徐々に力を付けてきたことにつれて、坂路コースでの動き・手応え・反応、どれをとっても良化を見せています。今のところ、来週中に本州へ移動する予定でいますので、しっかり体調を整えて送り出すことができればと考えています。

6/30 NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン14秒のキャンターで1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。徐々にハミ受けが良くなってきたことで追った時の反応が良くなり、無駄なく走れるようになっています。気合いも乗ってきていますので、この調子で進めていければ少しずつ移動の時期も見えてくるはずです。

6/15 NF空港
馬体重:478kg 
現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン14~15秒のキャンターで2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。乗り込みをこなしてきたことで徐々に体は引き締まり、見栄えも良くなっています。週末に併せ馬を消化していますが、気合い乗りも十分で最後まで勢いを維持したまま坂路コースを登坂できていた点は実に好印象を与えます。

5/31 NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン15秒のキャンターで1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。馬体のバランスが良くなってきたことで徐々に走法もいい方に変わってきています。精神面も落ち着いていることからオンとオフのメリハリが付いており、この調子で体力面の強化を図っていければ夏時期の入厩も視野に入れていくことができるかもしれません。

5/13 NF空港
馬体重:483kg 
現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン15秒のキャンターで2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。体には程よく筋肉が付いてきており、力強さが増してきているのが感じられます。コンディションは上々と言え、いい形で進めることはできていますが、現状のペースをもっと余裕を持って走れるようになれば更にもう一皮剥けてくれると思いますので、継続的に乗り込むことで強化を図っていければと考えています。

4/28 NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン15~16秒のキャンターで2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。速めのペースを取り入れていますが、カイバ食いが落ちることはなく、むしろ旺盛と言えます。脚元や体に問題はありませんし、どんどん負荷をかけていくことで早期の移動を検討していければと思います。

4/15 NF空港
馬体重:476kg 
現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン15~16秒のキャンターで2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。冬毛が抜けてきたことで徐々に毛ヅヤは良化傾向にあり、体調面が上昇してきていることが感じられます。坂路コース登坂時の動きを見ると体全体を使った走りができており、瞬発力には目を見張るものがあります。

3/31 NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン15~16秒のキャンターで2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。調教時はしっかり人の指示を聞こうとするなど、人に対して信頼を寄せてくれています。今後は少しずつ坂路でのペースアップを図っていければと考えていますが、この調子で取り組んでいければと思います。

3/15 NF空港
馬体重:484kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで2本登坂しています。ここまで進めるにあたってクセは見当たらず、気持ちも前向きで調教を進めやすい馬です。最近は体もしっかりしてきた印象を受けますが、本質的にはゆっくり成長していくタイプと見ていますので、馬に合わせて取り組んでいければと考えています。

2/29 NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンターで2本登坂しています。馬体重は少しずつではあるものの着実に増加傾向にあり、全てがいい方向に進んでいると言えるでしょう。今後も更なる上積みを求めてじっくり日々の乗り込みを重ねていければと思います。

2/15 NF空港
馬体重:473kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17~18秒のキャンターで1本登坂しています。じっくり負荷をかけていますが、しっかり対応できており、順調の一言です。普段は落ち着いており、素直で前向きなので乗っていても悪いところはなく、とても大人しい性格も相まって非常に扱いやすい馬です。

1/29 NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン18秒のキャンターで1本登坂しています。ボリュームある見た目に比例するように基礎体力はしっかり付いてきており、調教時には余裕ある動きを見せてくれています。厳寒期にあっても好調を維持していますので、今後もこの調子で進めていければと考えています。

1/15 NF空港
馬体重:471kg 
年末年始も問題なく過ごしており、この中間も順調に乗り込んでいます。現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン18秒のキャンターで1本登坂しています。精神面を見ながら進めていますが、馬房内でも穏やかに過ごすことができていますので、今後のメニューの増加にも問題なく対応してくれそうです。引き続き、状態面の向上を目指して取り組んでいきます。

12/24 NF空港
馬体重:468kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン18秒のキャンターで1本登坂しています。普段の調教から真面目に一生懸命に走りますので、徐々にペースアップが可能な状態と言えそうです。体調面に不安はありませんので、今後も精神面の変化に気を付けながら良化につなげていきたいところです。

11/30 NF空港
馬体重:455kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター1周半の調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン20秒のキャンターで1本登坂しています。ロンギ場や角馬場での一連の動きに問題はありませんでしたので、早速坂路コースでの運動へ移行しています。調教を進めることで少しずつ精神的に強い部分が出てきていますが、雰囲気を見る限り問題なさそうです。今後もじっくり取り組むことで良さを引き出していければと考えています。

10/30 NF空港
馬体重:455kg 
初期馴致を無事に終えて騎乗運動を開始しました。現在はブレーキングを行っています。騎乗調教を開始しましたが、すぐに馴れてくれていますので、今後も順次進めることができそうです。性格面でやや気持ちの強い部分が見受けられますので、気を付けながら取り組んでいきたいところです。馬体にはまだ余裕がありますし、これからの調教でどんどん筋肉を付けていければと思います。

9/30 NF空港
馬体重:486kg 
NF空港へ移動するまでは順調に夜間放牧を行っていました。現在は鞍を付けてのウォーキングマシン運動を中心とした初期馴致を行っています。イヤリング在厩時は厩舎一の食いしん坊と言われ、与えられるものは全て美味しく平らげる強い内臓の持ち主でした。ゆったりした性格で馴致も洗い、背馴らし、鞍付けと順調そのものです。今後は育成厩舎に移動した後にどんな成長を見せてくれるか楽しみでなりません。

9/14 NF空港
12日にNFイヤリングからNF空港へ移動しました。

8/27 NFイヤリング
馬体重:472kg 
体高:154.0cm 
胸囲:180.5cm 
管囲:20.1cm 


応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
2016/10/15

レヴェンスホール 厩舎で調教積んでます。

レヴェンスホールの記事は初めてなんですね。

母父サンデーの、父クロフネ。

芝でもダートでも両方いけると良いな。と思って出資しちゃいました。

デビューも早いのではと思っていたのですが、ガウ君の方が早かったですね。

うれしい誤算ですが・・・。(^^;)

クロフネ産駒の男馬はなぜか走らない傾向にあるけど、気にせず、活躍してくれることを祈ります。

あと何週かでデビューを迎えるのではないかと思っています。


以下転載です。

10/13 宮本厩舎
12日は軽めの調整を行いました。13日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝は坂路で併せて追い切りました。先週は持ったままでほぼ馬なりだったのですが、今日はビシッと負荷をかけて全体が87秒2、終いも12秒台で上がってきてくれました。以前と比べても走る方へと気持ちが向いているのがわかりますし、追い切りを重ねることで馬自身もピリッとして動きも少しずつ良くなってきていますよ。追い切り後の状態や担当スタッフともしっかりと話をしながらデビュー戦の番組を検討していきたいと思います」(宮本師)

10/5 宮本厩舎
5日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで併せて追い切りました。全体が88秒台、終いも14秒台とほぼ馬なりでサッと乗っただけなのですが、最後まで楽な感じで2~3馬身ほど先着を果たしてくれました。先週追い切ってからもどこかフワフワとしていて、正直なところ思ったほど変わっていないかなという感じがしたのですが、今日の動きを見る限りは少しずつ上昇してきてくれているようですから、これでまたもう一段階良くなってくれればと思います。もう少し時計を出してから具体的な番組を検討していきたいですね」(宮本師)

9/29 宮本厩舎
28日は軽めの調整を行いました。29日は栗東坂路で追い切りました(58秒8-42秒8-27秒5-13秒4)。「先週末に無事帰厩しており、今朝は坂路で追い切りました。乗っていたスタッフに話を聞くと、ある程度の負荷をかけて最後は脚が上がってしまったとのことでしたが、今日は雨のために馬場状態が悪くなっていましたし、仕方のないところもあるでしょう。ゲートにはだいぶ苦労させられましたが、それ以外の部分では特に問題なく進められていますので、このひと追いでピリッとしてくれればと思います。様子を見ながら少しずつピッチを上げ、デビューの時期などを検討していきたいですね」(宮本師)

9/24 宮本厩舎
24日に栗東トレセンへ帰厩しました。


9/20 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も週に2、3回は15-15に近いところを取り入れてしっかりと乗り込んでいます。ペースを上げた調教を取り入れたことで活気も出ていますし、負荷を強めても馬体はふっくら見せています。少し口向きの難しいところはありますが、変にピリピリすることはなく、順調に動かせていますよ。宮本師とは、そう遠くなく移動させようという話をしています」(NFしがらき担当者)

9/13 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も周回コースと坂路でじっくりと乗り込んでいます。先週から15-15に近いところを取り入れていますが、その後も特に反動はありませんので、週に2回の頻度で15-15を織り交ぜていく予定で進めているところです。このままコンスタントに15-15をこなしていけばしっかりと体力もついてくるでしょう」(NFしがらき担当者)

9/6 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「先週後半からは坂路調教も開始しています。今朝は坂路で併せて終いを15秒近くまで伸ばしました。併せ馬でもスムーズに動くことができていますし、調教では特に乗り手を困らせるようなことはありません。このままいい精神状態で調教に取り組んでいけるよう心がけていきたいですね」(NFしがらき担当者)

8/30 NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「この中間からは周回コースに入れて調教を行っています。移動当初は我が強くてちょっと難しいところがありそうだなというイメージだったのですが、いざ乗り出してしまえば特に問題ありませんでした。しょっちゅうヒンヒン鳴いたりはしているものの、体調面などは問題ありませんのでこのまま進めていくことができると思います。馬体重は478キロです」(NFしがらき担当者)

8/23 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週こちらに移動してきており、馬体に大きな異常がないことを確認してから乗り出しています。トレセンではゲートに少し苦戦したとのことでまずは精神面のリフレッシュを図るべく軽めに動かしているのですが、決してうるさいということはないものの、ちょっと我が強いところがありますね。気分を害してしまわないよう、そのあたりはうまく付き合っていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

8/21 NFしがらき
20日にNFしがらきへ放牧に出ました。

8/19 宮本厩舎
19日にゲート試験を受け、無事合格しました。「縛っている間は馬も練習と分かっておとなしくしていますし、並行して行った発馬練習では案外ポンと出てくれるので、今朝ダメでもともとの気持ちで試験を受けてみたんです。正直、駐立に関しては自信はあまりなかったのですが、幸い立ち上がることもなく、練習どおりスタートも出て、なんとか合格することができました。ここまでずっと縛り練習をしてきて馬もしんどかったと思いますし、明日一度放牧に出すことにします」(宮本師)20日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

8/17 宮本厩舎
17日はゲート練習中心の調教を行いました。「この中間もゲート練習中心に進めています。縛り練習も続けているのですが、最近では縛っている間はおとなしくしているのに練習が終わると立ち上がるなど、悪い意味で慣れてきている印象なんです。普段は相変わらず大人しいですし、ちょっと賢すぎるのかもしれませんから、こちらも知恵を絞ってじっくりと取り組んでいきます」(宮本師)

8/10 宮本厩舎
10日はゲート練習中心の調教を行いました。「坂路を軽く上がってから今朝もゲート縛りを行いました。なかなか我の強い馬で状況が劇的に変化したというわけではありませんが、それでも先週に比べるとだいぶ納得してくれて良くなっていますよ。縛らず普通にゲートへ入れるとやはり駐立は少し不安定だったものの、前扉を開けてあげると比較的おとなしく立ってくれていました。改善は見られますから、今後は縛る時間を短くするなどして追い詰めすぎないように進めていきたいと思います」(宮本師)

8/3 宮本厩舎
3日はゲート練習中心の調教を行いました。「先週お伝えしたあと、木曜日の練習でもゲート内で立ち上がる素振りを見せたため、早いうちに対処が必要だと判断し、金曜日から縛り練習を始めました。潜ったりはしないのですが、とにかく立ち上がろうとするんです。まだ納得していない感じでしたし、今朝も縛ったのですが、金曜日と同じような状況でした。なかなか頑固ですね。普段は、乗っているときも馬房でも特に人の手を煩わすことはないので、慣れてくれば大丈夫だとは思いますが、引き続き慎重に進めていきます」(宮本師)

7/27 宮本厩舎
27日はゲート練習中心の調教を行いました。「先週無事入厩しました。金曜日から乗り出してさっそくゲートも通してみたのですが、初めてということで馬も慎重になっていたのか、そのときはとても大人しかったんです。ところが、週末を挟んで今朝本格的に駐立の練習を開始したところ、ゲート内で立ち上がる仕草をしたりかなり嫌がるそぶりを見せました。最初に嫌なイメージがつくと後々まで影響するので、気をつけて進めていきたいですね」(宮本師)

7/26 宮本厩舎
21日に栗東トレセン・宮本博厩舎へ入厩しました。「先週半ばに北海道から天栄へ来ましたが、到着直後に体調を崩すようなこともなく元気な様子を見せてくれましたよ。こちらには短期間の滞在だったためやれることに限りがありましたが、順調に行ってもらえればという気持ちを込めて栗東トレセンへ送り出しました。またこちらに来る機会があるかもしれませんし、立派に成長してくれていれば嬉しいですね」(天栄担当者)

7/19 NF天栄
19日にNF天栄へ向けて移動しました。タイミングを見て栗東トレセンへ入厩する予定です。「予定通り、本日本州へ向けて出発しています。馬房内ではリラックスしていますが、調教では気合いが程よく入っていますし、いい状態で送り出せたのではと思います。まずはゲート試験の合格を目指して頑張ってほしいですね」(空港担当者)

7/15 NF空港
馬体重:470kg 
現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン14秒のキャンターで1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。徐々に力を付けてきたことにつれて、坂路コースでの動き・手応え・反応、どれをとっても良化を見せています。今のところ、来週中に本州へ移動する予定でいますので、しっかり体調を整えて送り出すことができればと考えています。

6/30 NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン14秒のキャンターで1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。徐々にハミ受けが良くなってきたことで追った時の反応が良くなり、無駄なく走れるようになっています。気合いも乗ってきていますので、この調子で進めていければ少しずつ移動の時期も見えてくるはずです。

6/15 NF空港
馬体重:478kg 
現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン14~15秒のキャンターで2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。乗り込みをこなしてきたことで徐々に体は引き締まり、見栄えも良くなっています。週末に併せ馬を消化していますが、気合い乗りも十分で最後まで勢いを維持したまま坂路コースを登坂できていた点は実に好印象を与えます。

5/31 NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン15秒のキャンターで1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。馬体のバランスが良くなってきたことで徐々に走法もいい方に変わってきています。精神面も落ち着いていることからオンとオフのメリハリが付いており、この調子で体力面の強化を図っていければ夏時期の入厩も視野に入れていくことができるかもしれません。

5/13 NF空港
馬体重:483kg 
現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン15秒のキャンターで2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。体には程よく筋肉が付いてきており、力強さが増してきているのが感じられます。コンディションは上々と言え、いい形で進めることはできていますが、現状のペースをもっと余裕を持って走れるようになれば更にもう一皮剥けてくれると思いますので、継続的に乗り込むことで強化を図っていければと考えています。

4/28 NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン15~16秒のキャンターで2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。速めのペースを取り入れていますが、カイバ食いが落ちることはなく、むしろ旺盛と言えます。脚元や体に問題はありませんし、どんどん負荷をかけていくことで早期の移動を検討していければと思います。

4/15 NF空港
馬体重:476kg 
現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン15~16秒のキャンターで2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。冬毛が抜けてきたことで徐々に毛ヅヤは良化傾向にあり、体調面が上昇してきていることが感じられます。坂路コース登坂時の動きを見ると体全体を使った走りができており、瞬発力には目を見張るものがあります。

3/31 NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン15~16秒のキャンターで2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。調教時はしっかり人の指示を聞こうとするなど、人に対して信頼を寄せてくれています。今後は少しずつ坂路でのペースアップを図っていければと考えていますが、この調子で取り組んでいければと思います。

3/15 NF空港
馬体重:484kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで2本登坂しています。ここまで進めるにあたってクセは見当たらず、気持ちも前向きで調教を進めやすい馬です。最近は体もしっかりしてきた印象を受けますが、本質的にはゆっくり成長していくタイプと見ていますので、馬に合わせて取り組んでいければと考えています。

2/29 NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンターで2本登坂しています。馬体重は少しずつではあるものの着実に増加傾向にあり、全てがいい方向に進んでいると言えるでしょう。今後も更なる上積みを求めてじっくり日々の乗り込みを重ねていければと思います。

2/15 NF空港
馬体重:473kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17~18秒のキャンターで1本登坂しています。じっくり負荷をかけていますが、しっかり対応できており、順調の一言です。普段は落ち着いており、素直で前向きなので乗っていても悪いところはなく、とても大人しい性格も相まって非常に扱いやすい馬です。

1/29 NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン18秒のキャンターで1本登坂しています。ボリュームある見た目に比例するように基礎体力はしっかり付いてきており、調教時には余裕ある動きを見せてくれています。厳寒期にあっても好調を維持していますので、今後もこの調子で進めていければと考えています。

1/15 NF空港
馬体重:471kg 
年末年始も問題なく過ごしており、この中間も順調に乗り込んでいます。現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン18秒のキャンターで1本登坂しています。精神面を見ながら進めていますが、馬房内でも穏やかに過ごすことができていますので、今後のメニューの増加にも問題なく対応してくれそうです。引き続き、状態面の向上を目指して取り組んでいきます。

12/24 NF空港
馬体重:468kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン18秒のキャンターで1本登坂しています。普段の調教から真面目に一生懸命に走りますので、徐々にペースアップが可能な状態と言えそうです。体調面に不安はありませんので、今後も精神面の変化に気を付けながら良化につなげていきたいところです。

11/30 NF空港
馬体重:455kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター1周半の調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン20秒のキャンターで1本登坂しています。ロンギ場や角馬場での一連の動きに問題はありませんでしたので、早速坂路コースでの運動へ移行しています。調教を進めることで少しずつ精神的に強い部分が出てきていますが、雰囲気を見る限り問題なさそうです。今後もじっくり取り組むことで良さを引き出していければと考えています。

10/30 NF空港
馬体重:455kg 
初期馴致を無事に終えて騎乗運動を開始しました。現在はブレーキングを行っています。騎乗調教を開始しましたが、すぐに馴れてくれていますので、今後も順次進めることができそうです。性格面でやや気持ちの強い部分が見受けられますので、気を付けながら取り組んでいきたいところです。馬体にはまだ余裕がありますし、これからの調教でどんどん筋肉を付けていければと思います。

9/30 NF空港
馬体重:486kg 
NF空港へ移動するまでは順調に夜間放牧を行っていました。現在は鞍を付けてのウォーキングマシン運動を中心とした初期馴致を行っています。イヤリング在厩時は厩舎一の食いしん坊と言われ、与えられるものは全て美味しく平らげる強い内臓の持ち主でした。ゆったりした性格で馴致も洗い、背馴らし、鞍付けと順調そのものです。今後は育成厩舎に移動した後にどんな成長を見せてくれるか楽しみでなりません。

9/14 NF空港
12日にNFイヤリングからNF空港へ移動しました。

8/27 NFイヤリング
馬体重:472kg 
体高:154.0cm 
胸囲:180.5cm 
管囲:20.1cm 

応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。