FC2ブログ
2019/06/18

リリーバレロ、9カ月ぶりの実戦。長かったぁ。

リリーバレロファンの皆様、お待たせしました。

今週の土曜日に、9か月振りのレースを迎えます。

しがらきで転倒して足を痛めてから半年、じっくり時間をかけて慎重に進めたようです。

まだ痛めたところの影響でか、手前の得手不得手がでてしまっているようですね。

万全とはいかないようですが、無事に力を出してほしいと切に願います。

鞍上のレーン騎手は一流の騎手ですので、その点も考慮してうまく乗ってくれるのではないかと期待します。



以下転載です。

19/6/13 堀厩舎
12日は軽めの調整を行いました。13日は美浦南Wコースで追い切りました。「今朝はレーン騎手騎乗で3頭併せを行いました。キャンターのおろしがけは一番後ろからでしたが、ハミに乗っかかり気味で前進気勢が強くなっている馬のリズム考え、一度インコースから前に出て直線で併せる格好になりました。その形でも終いまでしっかりと反応できていましたし、事前にジョッキーに感触を確かめてもらえたことはプラスになるはずです。今回の調整時は左手前では少し左にヨレ気味も、右手前に替えればそこまで気にならないですから、左回りは悪くないはずです。少しテンションが上がり気味でカイバ食いも完全ではありませんが、483キロで入ってきて現在は469キロとまずまず保つことができています。また、その中でシルエット的には絞れて来ていますし、今後も心身のバランスを見ながらしっかりと状態を整えていきたいです」(堀師)22日の東京競馬(3歳上1勝クラス・芝1600m)にレーン騎手で出走を予定しています。

19/6/6 堀厩舎
5日は軽めの調整を行いました。6日は美浦南Wコースで追い切りました。「カイバ食いは相変わらずあまり良くなくイライラした様子も目立ちますが、馬体重は470キロを何とかキープできています。ただし、毛ヅヤ、張りはひと息なのでガストロガードという薬を使いつつ少しでも健康状態をあげられるようにしています。先週よりはほんの少しいいかなとは思えたので今回はコースで時計を出すようにしていました。そう言った精神状態から来る緊張感もあるのかもしれませんが、前進気勢のある走りになっていました。このこと自体は決して悪いことばかりとは思っていません。もちろん精神的なことは気になりますが、元々血統的な部分からこの馬は短い距離に適性があると見ていたので、成長とともにこの馬本来の適性部分が出てきているのかもしれないと、捉えられるからです。もちろん、度が過ぎるとそれこそカイバ食いに影響したり、走る際も夢中になりすぎてコントロールが難しくなったりしてしまいますから、程よいところで留めつつ競馬へ向かっていければと考えています。もしかすると1200m戦を選択をするかもしれませんが、いきなり詰めるのではなく教えつつ走らせたい考えもあるので東京を本線に見て、現在の状態と照らし合わせると再来週の1600m戦を考えています」(堀師)今のところ22日の東京競馬(3歳上1勝クラス・芝1600m)に出走を予定しています。

19/5/30 堀厩舎
29日は軽めの調整を行いました。30日は美浦坂路で追い切りました(56秒8-41秒4-27秒2-13秒1)。「先週北海道から美浦トレセンへ移動してきました。調整自体は進んでいたようですが、どうもトモ脚に傷をつくって炎症を起こしていた部分もあったので慎重に見極めながらトレセンでの調整をスタートさせています。体は増えた状態で入って来ていますが、カイバ食いがひと息のため与え方等を工夫しつつ、昨日から胃薬の投与も始め少しでもいい状態で調教を行っていけるようにしています。調教に関してもこの状況を考慮し、今週の追い切りを当初予定していたコースではなく坂路で軽めにしました。上がりの息遣いを聞くとフーフー言っていてまだ整い切れていませんが、行きっぷりを見ていると良好で活力もあり、リフレッシュされているように感じます。しかし、以前見せていなかった左へのモタれがあります。しがらきで左の腰角部分を傷めたことがあったのでその影響があるのかもしれませんが、そのあたりのバランスを少しでも整えていけるようにケアの仕方、または馬装等も考えていきます」(堀師)

19/5/24 堀厩舎
24日に美浦トレセンへ帰厩しました。




応援クリックお願いします。
     ↓

人気ブログランキング

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
スポンサーサイト



2019/05/22

リリーバレロ ようやく入厩が決定!!

リリーバレロファンの皆様、長い間お待たせいたしました。

ついについに、入厩が決定いたしました。

12月にしがらきで転倒してから約6カ月、途中、このまま引退かと思うこともあり、不安な日々を過ごしてまいりましたがようやく、GOサインが出たようです。

まずは入厩しての追い切りで競馬まで行けるかということだと思いますが、順調なら、6/22東京の混合の1600mか、23日東京の牝馬限定の1800mでの復帰なのではと予想してます。

その日は休みだから、応援に行くぞー!!

がんばれ、バレロ!!

以下転載です。

19/5/22 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンターを2本登坂しています。「厩舎サイドと相談した結果、金曜日の検疫を確保することができたという話でしたので、本州へ移すことになりました。具体的な目標に関しては入厩後の状態次第で判断してもらうことになるでしょう。まずはスムーズに競馬まで進めることができればと考えています」(空港担当者)23日に美浦トレセンへ向けて移動する予定です。

19/5/16 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンターを2本登坂しています。「継続的に乗り込みをこなしていますが、いい意味で変わりありません。必要な箇所にはケアを施しつつ、更に本数をこなしていければと思います」(空港担当者)

19/5/9 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンターを2本登坂しています。「引き続き、動きの質の向上を目指して、じっくり負荷をかけています。しっかりとベースとなる部分を整えて本州移動へつなげていきたいです。馬体重は494キロです」(空港担当者)

19/5/1 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンターを2本登坂しています。「リフレッシュを取り入れながら進めていますが、ここまでの感触は悪いものではありません。まだ具体的な予定は定まっていませんので、徐々に状態を上げていければと思います」(空港担当者)

19/4/25 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンターを2本登坂しています。「この中間も変わりなくメニューを消化できています。疲れが蓄積してきた箇所にはショックウェーブでケアを施しています。引き続き慎重に接しながら前進を図っていきたいです。馬体重は489キロです」(空港担当者)

19/4/18 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンターを2本登坂しています。「速めのペースで動かしていますが、問題なくメニューを消化することができています。更に乗り込みを重ねていき、良い状態にしていければと思います」(空港担当者)

19/4/11 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンターを2本登坂しています。「ハロン14秒ペースを始めていますが、トモを含めて状態は変わりありませんね。引き続き、感触を確かめつつ乗り進めていく予定です。馬体重は491キロです」(空港担当者)

19/4/4 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンターを2本登坂しています。「速めのペースを取り入れていますが、ここまでは順調に進められていると言っていいでしょう。この調子で動かしていき、状態を上げていければと思います」(空港担当者)

19/3/26 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンターを2本登坂しています。「この中間はハロン15秒ペースを取り入れて進めています。ここまではいい意味で変わりありませんので、継続的に乗り込みを行っていければと考えています。馬体重は496キロです」(空港担当者)

19/3/20 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンターを2本登坂しています。「坂路でのメニューを再開した後も変わりはなく、徐々に負荷を高めています。この後はじっくり本数をこなすことで乗り込み量を確保していければと思います」(空港担当者)

19/3/14 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンターを1本登坂しています。「ここまで周回コースでのメニューを行ってきましたが変わりありませんでしたので、この中間から坂路入りを開始しています。まずは無理なく動かしていきますが、問題ないようであれば徐々にピッチを上げていきます。馬体重は510キロです」(空港担当者)

19/3/6 NF空港
この中間は周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行っています。「相談の結果、この中間から騎乗運動を取り入れて進めていくことになりました。ここまで乗り進めていく中で大きな変化はありませんので、状態に合わせて少しずつ負荷を高めていければと考えています」(空港担当者)

19/2/28 NF空港
この中間はトレッドミルかウォーキングマシンでの調整を行っています。「引き続き、変わりなく調整を進められています。まだ騎乗運動を再開する時期は定まっていませんが、良い状態で本州へ送り出せるように焦らず取り組んでいきたいです。馬体重は510キロです」(空港担当者)

19/2/19 NF空港
この中間はトレッドミルかウォーキングマシンでの調整を行っています。「トレッドミルでのメニューへ移行して、1ヶ月が経過しましたが、ここまで大きな変化はありません。人を乗せた際にどうかという感じもありますので、状況を見ながら慎重に取り組んでいきます」(空港担当者)

19/2/14 NF空港
この中間はトレッドミルかウォーキングマシンでの調整を行っています。「キャンターペースで動かしていますが、変わりなく取り組めています。しばらくは現状のメニューで状態の確認を行いつつ進めていければと考えています。馬体重は510キロです」(空港担当者)

19/2/7 NF空港
この中間はトレッドミルかウォーキングマシンでの調整を行っています。「状態はいい意味で変わりありませんでしたで、徐々にキャンターペースを速めています。その分負担も大きくなるでしょうか、慎重に状態を見ながら進めていければと考えています」(空港担当者)

19/1/31 NF空港
この中間はトレッドミルかウォーキングマシンでの調整を行っています。「この中間からキャンター調整を織り交ぜて進めています。ここまでの調整過程は悪くありませんので、この流れを維持しながらさらなる良化に努めていければと思います。馬体重は516キロです」(空港担当者)

19/1/24 NF空港
この中間はトレッドミルかウォーキングマシンでの調整を行っています。「ウォーキングマシン運動を行う限りで状態は変わりはありませんでしたので、この中間からトレッドミルでのメニューも取り入れ始めています。まだダク程度の内容ではありますが、問題ないようであれば更に負荷を高めていければと考えています」(空港担当者)

19/1/17 NF空港
この中間はウォーキングマシンでの調整を行っています。「引き続き、マシン運動に留めて楽をさせていますが、大きな変化はありません。今後も左トモの状態をよく見つつ適切な治療を施していければと思います。馬体重は505キロです」(空港担当者)

19/1/10 NF空港
この中間はウォーキングマシンでの調整を行っています。「年末年始を挟んでいますが、こちらでの状態に変化はありません。しばらくは楽をさせる必要があると考えているので、状況を見ながらメニューを構築していきます」(空港担当者)

18/12/26 NF空港
この中間は軽めの調整を行っています。「しばらく軽めの内容で様子を見ていく必要があるということでしたので、このタイミングで北海道へ戻ってきています。経過を見た上でこちらでも状態のチェックを行えればと考えていますので、まずは輸送の疲れをしっかり癒していきます」(空港担当者)

18/12/25 NF空港
24日にNF空港へ移動しました。

18/12/22 NF天栄
「ここまで状態を確認してきてトモの状態は安定していますが、もうしばらくは軽めの調整で様子を見て行く必要がありますので、堀師、クラブサイドと相談をして一度北海道に戻すことにしました。今日NF天栄へ移動しています」(NFしがらき担当者)22日にNF天栄へ移動しました。

18/12/18 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間もトレッドミルでは常歩のペースで動かしています。先週から左トモの状態については大きく変わったような感じはありませんが、引き続き歩様は安定しています。状態の良化度合いについての判断は、ある程度のスパンで考えていく必要がありますし、もうしばらくは軽めの調整を行っていきます」(NFしがらき担当者)

18/12/11 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週後半からトレッドミル調整を開始しており、現在は常歩のペースで動かすことができています。まだそれほど強い負荷をかけていないとはいえ、左トモに反動が出ることはありませんし、歩様も安定していますね。少しずつ確実にペースアップできていますから、馬体のケアも行いながらこのまま進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

18/12/4 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「ここまで曳き運動で様子を見ていましたが、左トモの状態も引き続き安定していましたし、この中間からウォーキングマシン調整も開始しています。少しずつ負荷を上げて動かすことができていますし、歩様も特に問題ありません。体調面の心配もありませんから、様子を見てさらにペースアップしていきたいですね」(NFしがらき担当者)

18/11/27 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間も曳き運動を中心とした調整を行っています。左トモの状態は獣医にもしっかりと診察してもらっていますが、動かしつつも状態はいい意味で変わりありません。様子を見て問題なさそうであれば運動時間を増やすなど少しずつ負荷を上げていき、次の段階へとつなげていきたいと思います。馬体重は503キロです」(NFしがらき担当者)

18/11/20 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「数日舎飼で様子を見ていたのですが、動かしても問題なさそうだったことからすでに曳き運動を開始しています。トモの状態は引き続き慎重にチェックしていますが、今のところは歩様が悪化するようなこともありません。獣医にも定期的に診察してもらいながら様子を見ていきます」(NFしがらき担当者)

応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
2018/11/15

バレロ、転倒し負傷。 

リリーバレロファンの皆様、久しぶりの更新ですが、残念なお知らせをお伝えしなければなりません。(T_T)

しがらきで充電中だったバレロが、転倒して、しまったとのこと。入厩に向けピッチを上げていこうとしていた時期にこのアクシデントは残念でなりません。早く良くなることを祈ります。

しがらきのスタッフの皆様、どうかよくなるようよろしくお願いします。

以下転載です。

18/11/13 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間、週明けの調教で馬房に戻る際に周囲の物音に驚いたせいで少しバタバタして転倒してしまい、左トモを傷めてしまいました。一番気をつけなくてはならないところでこのようなことになって大変申し訳ありません。今のところは骨折などの所見はありませんが、トモの引きつけなどまだ気にしている感じはあるので、もうしばらくは慎重に状態を確認していきます」(NFしがらき担当者)

18/11/6 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週に比べると気持ちも入ってきたのかテンションが少し高いので、この中間は周回コースでの調教をメインにしており、坂路に入れる回数を控えています。時折カイバを残すこともあるのですが、馬体は引き続きふっくら見せていて体調も良さそうですし、馬自身はしっかりしてきたなと感じさせてくれますよ」(NFしがらき担当者)

18/10/30 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間からは坂路調教も開始しており、ハロン17秒程度の普通キャンターを乗っています。少しずつペースを上げてきていますが、馬体が減るようなこともなく依然としてふっくら見せているのはいい傾向です。この後もテンションには気を付けながら調整を進めていきます。馬体重は497キロです」(NFしがらき担当者)

18/10/23 NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「先週乗り出した後も特に反動は見せていません。この中間も周回コースを中心に騎乗調教を行っているのですが、普段のテンションは若干高いものの、調教では比較的落ち着いて走ることができています。皮膚病の症状が少し見られるようになってきているのですが、馬体はだいぶふっくらとしてきましたし、いい休養期間になっていると思いますよ」(NFしがらき担当者)

18/10/16 NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「ここまでトレッドミルを中心とした調整を行ってきましたが、軽く動かしつつ馬体にはさらに余裕が出てきましたので、この中間から周回コースでの騎乗調教を開始しました。先週と比べて毛ヅヤもさらに良く見せるようになっていますし、この調子でじっくりと進めていきたいですね」(NFしがらき担当者)

18/10/9 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間もトレッドミル中心の調整を行っており、週5回はキャンターペースで動かしています。楽をさせることで毛ヅヤも少しずつ良くなってきていますし、疲れも徐々に抜けてくれているようですね。調整自体は順調ですし、このままリフレッシュ重視で進めていきます」(NFしがらき担当者)


応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
2018/10/06

リリーバレロ、しがらきにて充電中!!

バレロちゃんが勝って以来、久々の更新ですね。

バレロちゃんはしがらきにて、リフレッシュ中。

馬体も増えていることから、また一つ成長しているものと信じます。

騎乗運動が開始したら、1月後には入厩できるといいですね。



以下転載です。。

18/10/3 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間も順調に調整が続けられており、トレッドミルを中心としたメニューを行っています。週4回ほどキャンターペースでじっくりと動かしていますが、先週よりもさらに馬体に余裕が出てきていますし、体調も上がってきているようですね。この調子でしっかりとリフレッシュさせていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

18/9/25 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「ウォーキングマシンで動かしつつも体調自体は安定していましたので、この中間からはトレッドミルも交えて調整を行っています。キャンターペースでしっかりと動かすことができていますし、馬体にも少しずつ余裕が出てきました。このままもうしばらくはリフレッシュ重視で進めていきます。馬体重は481キロです」(NFしがらき担当者)

18/9/18 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間もウォーキングマシンを中心とした調整を行っています。毛ヅヤがひと息で本調子にはないように感じますし、ここにきて少し疲れが見られる状況です。ストレスがかからない程度に動かしつつ、まずはしっかりとリフレッシュを図っていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

18/9/11 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週土曜日にこちらに到着後は、ウォーキングマシンで運動程度の調整をしながら馬体のチェックを行っています。今のところは目立った疲れなどは見せていませんが、もう少し時間をかけて状態を確認していきます」(NFしがらき担当者)

18/9/8 NFしがらき
8日にNFしがらきへ放牧に出ました。

18/9/5 堀厩舎
5日は軽めの調整を行いました。「正直、体はギリギリの状態だったので、勝ち上がってくれてホッとしました。馬が何とか対応してくれましたし、ジョッキーも本当にうまく乗ってくれたと思います。レース後の状態はここ数戦後と大きく変わらないくらいの状態ですが、初戦からここまでずっと在厩していましたし、ギリギリのところを何とか維持させながら使っていたので無事に勝って先のことを考えられる状況になった今回はしっかりと休ませたいと考えています」(堀師)

18/9/1 堀厩舎
1日の新潟競馬では好スタートを切るもじっくり進めて中団待機策を採る。直線へ向いて有力馬たちの動きを見つつ仕掛けると大外をよく伸びて差し切り優勝。「ここまでお待たせしてしまい申し訳ありませんでした。外枠ということもありましたがポンっとスタートを切りました。ただ、このままだとひと息で走ってしまいそうに感じたため、そのまま進めず、他を行かせて溜める形を採りました。正直、イルーシヴゴールドに背後を取られたら嫌だなぁ…と思っていたのですが、向こうが前に出てくれたのでこれはと思い、その馬の後ろに入ってなだめながら進められました。あとは仕掛けどころを間違わないようにと気をつけて進めて直線で伸ばしたところ、馬がしっかりと応えてくれました。体と気持ちのバランスがありますが、良くないほうの意味合いでだいぶ気持ちの方が優っていました。それは僕が勝たせなかったから悪いのであって今回そうだったからといって馬には何も罪はないのですが、よく我慢してくれました。毎回プレッシャーを感じていたので、遅くなってしまったのは本当に申し訳ありませんが何とか勝たせてあげられて良かったです。これからさらに良くなる馬だと思います」(石橋騎手)「ここまで大変お待たせしてしまいましたが、鞍上がこれまでの経験をもとに冷静に進めてくれ、無事に勝ち切ってくれました。心身ともに苦しいなかで出走していましたし、今回勝ち上がってくれたことで楽をさせてあげられますね。今後についてはしばらく状態の確認を行った上で改めてご報告させていただきます。この度はおめでとうございました」(堀師)苦しい戦いが続きましたが、これまでの経験を無駄にせず人馬が見事に期待に応える走りを見せてくれました。連戦してきて心身ともに辛くなってきている状況のなかで状態を維持し、結果を出せたのは陣営の尽力とそれに応えた馬の力、そして悔しさをバネにして結果を出してくれた鞍上のおかげと言え、一丸となってあげた勝利です。鞍上が口にするようにまだまだこれから良くなるはずですから、まずはしばらく期間を設けてここまでの疲れをしっかりと取り、今後の成長につなげていければと考えています。
応援クリックお願いします。
     ↓
 href="http://blog.with2.net/link.php?1788840">
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
2018/09/01

祝・初勝利 リリーバレロ優勝!!

リリーバレロファンの皆様、長らくおまたせしましたが、ついに今日、その日を迎えることができました!!

9/1 新潟4レースで初優勝!!

バレロちゃん、おめでとう!!

石橋騎手の、「これから更に良くなる馬だと思います。」なんて、言葉を聞いて、さらにうれしくなっちゃいました!

堀先生をはじめとする、堀厩舎のスタッフの皆様、石橋騎手、ありがとうございました!!!

追記
レース結果を見て驚きました、バレロちゃんの上がりが、小雨の降る重馬場の中、33.3って、ハンパなくないですか?
追い込まれた状況でよくこんなに走れたなと感心してます。

これまで、走り続けてきたから、ゆっくり休んでさらに成長してほしいと思います。。



以下、転載です。


18/9/1  堀厩舎
1日の新潟競馬では優勝。「ここまでお待たせしてしまい申し訳ありませんでした。外枠ということもありましたがポンっとスタートを切りました。ただ、このままだとひと息で走ってしまいそうに感じたため、そのまま進めず、他を行かせて溜める形を採りました。正直、イルーシヴゴールドに背後を取られたら嫌だなぁ…と思っていたのですが、向こうが前に出てくれたのでこれはと思い、その馬の後ろに走ってなだめながら進められました。あとは仕掛けどころを間違わないようにと気をつけて進めて直線で伸ばしたところ、しっかりと応えてくれました。体と気持ちのバランスがありますが、だいぶ気持ちの方が優っていました。それは僕が勝たせなかったから悪いのであって今回そうだったからといって馬には何も罪はないのですが、よく我慢してくれました。毎回プレッシャーを感じていたので、遅くなってしまったのは本当に申し訳ありませんが何とか勝たせてあげられて良かったです。これからさらに良くなる馬だと思います」(石橋騎手)


18/8/30  堀厩舎
9月1日の新潟競馬(3歳未勝利・芝1600m)に石橋騎手で出走いたします。

18/8/29  堀厩舎
29日は美浦南Wコースで追い切りました。「今週のレースに備えて週末に坂路へ入れて軽く時計を出し、週明けの状態面に問題ないことを確認したうえで今朝軽めの追い切りをかけることにしました。ウッドチップコースに入り、2頭併せをしている馬たちを前に見ながら集中力を保たせつつ単走でじわっと動かしてあります。相変らずオンオフの切り替えがもうひとつ上手くできておらず、その影響で肉が思うようにつかずトモにもウィークポイントを抱えた状態にあるのですが、馬体重だけで言えば458キロほどあって悪くない状態をキープできています。あとは如何にレースにうまく備えられるかにかかってくると思います。今日は比較的過ごしやすい気候であるものの明日、明後日はまた気温が上がる予報になっています。美浦よりも新潟のほうが幾分涼しくなりそうなので、前回同様今回も木曜日の朝に美浦を出発して早めに現地入りし、少しでも過ごしやすい環境で体調を整え、落ち着いた状態でレースへ臨むようにします」(堀師)9月1日の新潟競馬(3歳未勝利・芝1600m)に石橋騎手で出走を予定しています。

応援クリックお願いします。
     ↓
 href="http://blog.with2.net/link.php?1788840">
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。