FC2ブログ
2016/12/25

さあ、いよいよ今年もラストG1の有馬記念がやってきましたね。

今年は、トランプフィーバーでしたから、トランプ馬券なんてのも言われているようですね。

ダイヤ、エース、クィーンあたりでしょうか。

そんな世相馬券を持ち出さなくても、本命◎はサトノダイヤモンドです。

競馬ラボの馬体Focus(👈クリック)で見たらわかると思いますが、芸術品のような素晴らしい馬体を見せていますよね。

ダービーを目標に、たたき台で体調いまいちだった皐月賞で3着、ダービーは落鉄で2着でしたが、鼻差ですからね。

菊花賞はぶっちぎりましたし、少し間隔を取って有馬に来たのは好感持てますし、あの馬体ですからぶっちぎりを期待します。

来年はこの馬を中心に回っていくのではないでしょうか。。

さて、1人気のキタサンですが、JCの時の馬体はものすごく良い出来でしたよね。

前走がピークだったことと、今回は徹底的にマークされ、ペースメーカー的な逃げ馬も投入されてますよね。

恐らく、マルターズが行ってサムソンが2番手、内を通って3番手で行くのでしょうが、外からかぶされかぶされ、ペースが速くなったうえでスムーズな競馬ができなくなった時、頭はないかなと。(さらに、デムーロ得意の外からフタ炸裂か?!)

人気も背負ってますし、上位評価するべきでないと判断しました。かといって、実力は上位。

昨年も出涸らし状態で3着今回は去年よりは状態いですし押さえの△2、3着候補で。

では対抗は、〇ゴールドアクターは前走太目残りで、今回は出来を上げてきてますからね。
1枠2番は絶好枠ですし、スムーズな競馬ができれば上位争い必死です。
昨年の勝ち馬が3人気ですし、対抗評価。

▲はミッキークイーン。内枠の偶数引けましたし、今年一番の出来だそうでうまく立ち回れるところで、良いのでは。

☆ヤマカツエース。前走33.1秒の脚が使えるなんて、ビックリ。成長してますね。
この馬にとって2500mの距離は長いですが、中山の重賞2勝してますし、内でロスなくじっくり構え、直線だけで勝負。

△マリアライト。昨年も外枠から4着ですし、今年の方が調子良いですし、ただ、キタサン同様、展開が厳しそう。
以下
△キタサンブラック
△サウンズオブアース
△シュヴァルグラン
穴アドマイヤデウス
穴デニムアンドルビー


買い方
馬単
◎⇒○▲☆△△△△ 7点

3連複フォーメーション
1頭目◎
2頭目○▲☆
3頭目○▲☆△△△△穴穴 21点

3連単フォーメーション
1頭目◎
2頭目○▲☆
3頭目○▲☆△△△△穴穴 24点




応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



2016/12/25

ルージュ 少しずつ乗り出しています。

ルージュ、今年は重賞を2勝してくれましたね。

中山牝馬は落鉄しなきゃ、勝っていたと思いますし、実質重賞3勝したようなもんですから、すごいですよね。

来年こそは、G1勝利をしてもらいたいですね。

今年一年、ルージュバックへの応援ありがとうございました。


以下転載です。

12/20  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「先週まではトレッドミルなどを使いながらじっくりと体を動かすようにしていましたが、この中間から乗り出して、今週から坂路にも入り出しました。15-15という時計こそ出していますが、まだ最初の段階でそこまでハードな調教ではありませんよ。これからは適度に乗りつつ、しっかりとした下地作りを行っていくイメージで調整をしていきます」(天栄担当者)

12/13  NF天栄
トレッドミル調整を行っています。「先週に引き続き今週もトレッドミルで調整を行っています。脚元等のダメージはないので、馬体をふっくらとさせて来年に向けて充電するようなイメージで調整を行っています。しばらくはこの調子でゆったりとさせ、乗り出すにしても少しずつという形になるでしょう」(天栄担当者)



応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
2016/12/18

朝日杯フューチュリティステークス 予想

こんにちは。ミスエルテをどう扱うかで、このレースが取れるか決まりそうですね。

先週は◎リスグラシューが惜しくも2着。

今回は2着でも当たる買い方をしたいと思います。

◎ダンビュライト。ルーラーシップ産駒

〇サトノアレス ディープ産駒外から伸びて来そう。
▲ミスエルテ 押さえます 
☆トラスト 前回は転厩初戦で、調整手探りと、入れ込みで度外視。もう一度信頼(トラスト)してみる?(^_^;)
△トリリオネア
△レッドアンシェル
△アメリカズカップ
△クリアザトラック
△ボンセルヴィーソ

馬連◎⇨〇▲☆△△△△△

三連複

〇▲☆
〇▲☆△△△△△

当たりますように。
2016/12/11

阪神JF  予想

さあ、昨年の幻の所有馬、「リスグラシュー」がいよいよG1に登場です。

一つ上のレイリオンは、1200mでいまいちなレースが続いてますが、次こそは距離を伸ばして好勝負してくれることでしょう!

阪神GFの本命はもちろん、◎リスグラシュー。

1歳馬募集の時から惚れている馬です。

矢作先生がネットですごい馬だとかつぶやくから、一番人気になってしまい、抽選漏れしちゃったんです。

ちなみに武豊騎手は、今回乗りたかったそうですが、エイシンヒカリに乗るために香港へ行き、戸崎騎手。

大外からスムーズに回ってくれば勝てちゃうでしょう。

1人気になってるソウルスターリングは、内枠でもまれたら、力を発揮できるかな。

今回、切れ負けすると思っています。☆まで。

〇レーヌミノルは、ローテーションに余裕ありますし、先行して他馬の仕掛けを待って追い出す競馬で安定感あり。

▲ディーパワンサは前走たたき台、今回は仕上げて好勝負でしょう。

◎リスグラシュー
○レーヌミノル
▲ディーパワンサ
☆ソウルスターリング
△シグルーン
△ヴゼットジョリー
穴ジューヌエコール
穴サトノアリシア

買い方 
単勝 ◎

馬単
◎⇒○▲☆△△  5点

三連単

1頭目◎
2頭目〇▲☆
3頭目○▲☆△△穴穴 18点

押さえ
1頭目〇
2頭目◎
3頭目▲☆△△穴穴 6点

以上、当たりますように。



応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

2016/12/11

ルージュ、おつかれさま。

ルージュ、しっかり休んで来年に備えてほしいです。おつかれさま。
以下転載です。

12/6  NF天栄
トレッドミル調整を行っています。「先週の金曜日にこちらへ帰ってきました。移動してきてからまだ日が浅いということもありますが、さすがに疲れもあるようでちょっとクタッとしています。ただ、脚元などには目立った不安を感じる部分はありません。球節に関しては多少張りはありますが気持ち悪いというものでもありませんからね。秋は3戦彼女なりに頑張ってくれたのだと思いますし、まずはここと決めつけすぎず回復を促してから徐々に動かしていければと思っています」(天栄担当者)


応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
2016/12/04

チャンピオンズカップ 予想

さて、チャンピオンズカップ、まだ名前がしっくりこないですね。

13年はJCダート(阪神)だったんですが、左回りの中京に2014年からなったんですよね。

さて、今回1番人気になっている、アウォーディー。

中央のダートG1は初となりますね。

地方は最後の3Fのタイムが記載されてないのですが、この馬、最後の上りどれくらいでしょうか?
6走前のオークランド 36.3秒
シリウスS 36.6秒 
アンタレスS 36.8秒

さて、この上がりで、前の馬に36秒前半で粘られたら、中団から行くとすると、この馬、前に届くかな。

また、後ろの馬に目標にされ、35秒台の脚で来られたら、交わされちゃうんでないですか?

3着までにはいそうな気もするので、▲アウォーディー

本命は◎ゴールドドリーム

前走は上り3Fが34.9秒!!

重馬場で1.34.0 なら、昨年のノンコノユメと同レベルにはある。

そして、鞍上は何度もルージュをマークして、チャンスをつぶしてくれたデムーロ。

天皇賞とJCの負け分を今回返してもらおうじゃありませんか?!

対抗は、〇サウンドトゥルー1800で流れる展開なら最後は確実に3着までにくるタイプ。

中京ダートは1・0・1・0 
ダート1800は2・1・4・0



本命は◎ゴールドドリーム
〇サウンドトゥルー
▲アウォーディー
☆ノンコノユメ 
△アスカノロマン
△モーニン
△コパノリッキー
穴アポロケンタッキー
穴カフジテイク


買い方
馬連
◎⇒○▲☆△△△ 6点

三連複フォーメーション
1頭目◎
2頭目〇▲☆
3頭目○▲☆△△△穴穴 18点

以上、当たりますように。



応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ
2016/12/04

ルージュ 放牧へ 年内休養

ルージュのJCでの敗北のショックを引きずり、更新ができないでいました。(´;ω;`)

来年1年で引退ですよ?6歳の春で引退ですからね。

来年こそは、G1で上手く乗ってあげてください。

お願いします。

以下転載です。

12/2  NF天栄
2日にNF天栄へ放牧に出ました。

11/30  大竹厩舎
30日は軽めの調整を行いました。「先週は楽しみにしていたのですが、直線で苦しくなってしまいました。あの走りだったので、レース後それなりの変化を見せるかもしれないなと思っていました。実際のところ、背腰を中心に疲れを感じさせる状態に映りますね。終いに脚を使えていないように見えるのですが、やはり堪えた部分はあり、タフなレースでもあったということなのでしょう。秋初戦はいいスタートを切れましたが、その後は思うようにいかず悔しい限りです。疲れ具合からも今年は回復と充電に充てるようにしたほうがいいでしょうし、タイミングを見て放牧に出す予定です。来年こそは何とかいい走りをさせられるようにしていきたいです」(大竹師)

11/27  大竹厩舎
27日の東京競馬ではスタートを決めて中団からの競馬。まわりを見ながら内を突く形で勝負に行くが、ジリジリとしか脚を使えず9着。「秋3戦目でしたが、返し馬の感触は良くて調子落ちはなさそうでしたから、いい勝負ができるのではないかと思っていました。枠が枠でしたし、流れと形次第では空いたスペースを狙うことも作戦のひとつとして考えていたんです。しかし、思うような伸びではなかったですね…。厳しい競馬になったのもありましたが、期待している馬ですし、何とかG1を獲らせてあげたかっただけに、申し訳ありません」(戸崎騎手)「コンディションとしては悪くなかったと思います。ただ、大きなレースを中心に使って今回が秋3戦目ということもあり、正直調教で押していくことは難しく、体調を落とさないようにキープしていくことに主眼を置かざるを得ないところはありました。ジョッキーが返し馬の感触は良かったと言ってくれましたが、精神的な部分では何とか保てたかというところもあったでしょうし、このメンバーレベルで考えると、もしかするとそういった部分で劣ってしまったところもあったのかもしれません。枠は有力馬を見られる反面、揉まれるリスクもあり、どう対応するかもポイントでしたが、やはり厳しかったですかね。あれだけのスタートを切れたのですが囲まれて圧もキツかったのか段々とポジションが後ろの方になってしまいました。大柄ではないですし、そのあたりで牡馬の一線級と渡り合おうとすると苦労もするのかもしれません。そういった点では牝馬同士だと不利にはならないのかもしれないものの、この舞台への挑戦はこの馬にとって魅力的でもありましたからね…。何とか良い結果を出せればと思っていたのですが、申し訳ありませんでした」(大竹師)前走の天皇賞が消化不良に終わってしまい、今回での巻き返しに期待がかかりました。陣営の尽力がありコンディションは保たれていたと思うのですが、タフさを求められた今回のレースでは苦しかったのかもしれません。残念な結果に終わりましたが、ポテンシャルの高さは疑いようがありませんから、今後、大舞台で渡り合えるようさらに良くなってきてくれることを期待したいところです。


応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。