FC2ブログ
2017/05/28

日本ダービー 予想

おはようございます。


ダービーを目標にしてきた馬たちを上位にしました。レイデオロは前走の皐月は完全に叩き台。
藤沢先生の悲願達成のため、皐月を叩き台に完璧に仕上げてきました。
弥生はソエで使えず、切り替えて大目標に照準を定めましたね。
サトノアーサーも皐月をパスしてここ、一本に。
スワーヴも左回りでこそ。

◎レイデオロ
〇サトノアーサー
▲スワーヴリチャード
☆アドミラブル
△アルアイン
△カデナ
穴タンビュライト
穴ベストアプローチ
穴ダイワ

馬券は馬単◎→〇▲☆△
馬連◎→〇▲☆△△
三連複◎→〇▲☆△→〇▲☆△

三連単フォーメーション
1頭目 ◎
2頭目 〇▲☆
3頭目 〇▲☆△△穴穴穴

1頭目 〇▲☆
2頭目 ◎
3頭目 〇▲☆△△穴穴穴



穴は三連単の3着付けてのみ買います。
スポンサーサイト
2017/05/23

ルージュ 秋まで休養へ

春は2戦のみと、超不完全燃焼のまま、秋まで休むこととなりました。

残念ですね。

ホントに金虎賞くらい、もう少しどうにかなったんじゃないかと思っちゃいます。

がっくりです。

秋だと、また毎日王冠からの始動ですかね。

外枠当たらないとレースにならないのではね。

3頭合わせで真ん中割る調教とか、やりようがあると思うんですけど。

大竹先生、頼みますよ。


以下転載です。

5/23 NF天栄
軽めの調整を行いました。「先週こちらに帰ってきました。レースぶりもそうでしたが、送り出す前ももうひとつピリッとし切れない部分があったのも確かでしたし、それなりの疲れもあるのかなという現状です。そのことから先週末に調教師と相談をして、夏は充電期間に充てようということになりました。秋のレースへ向けて良い休養になってほしいと思っています」(天栄担当者)


応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
2017/05/19

ルージュ 天栄へ放牧


先週の競馬はフラストレーションの塊というか、怒りでしかないですよね。

パトロールビデオ見ましたが、騎手が外々へとこだわっているうちにレースが終わってしまってました。

序盤に同じ位置にいた勝ち馬(アドマイヤリード)が通ったのとは全く違ったコースでしたね。

外々へ馬を当てながら進路を探してたようですが、結果論ですが、内へ切り替える判断をしてほしかった。

ほんとに戸崎さんとは、もういいですから。

陣営の方、手が合わないと認めてください。

今までほとんど外枠に入って外回してくるだけしか勝ってないじゃないですか。

それって他の騎手でもできるような気がしますが。。。

次は違う方がルージュの背中にいると良いな。

以下転載です。
5/18  NF天栄
18日にNF天栄へ放牧に出ました。

5/17  大竹厩舎
17日は軽めの調整を行いました。「先週は枠や馬場状態を加味してどのような勝負に持っていくかがポイントではあったと思うのですが、結果的にはスローな展開の中で位置取りが悪くなってしまったのは痛かったですし、何よりいい結果を出せず申し訳ありませんでした。レース後、美浦に戻ってきてからの状態をしっかり見ていますが、現状で脚元を含め馬体のどこかに大きな反動が出ている様子はありませんでした。ただ、表情を見ていると使ったなりの疲れはありそうですし、今回毛ヅヤが良いとは言えない中で競馬へ向かった経緯もありますから、負担になっていないか今後の状態の変化を慎重に見極めていく必要はあるでしょう。もうしばらくこちらで様子を見ますが、今のところ一度天栄に戻して現地でも状態を確認してもらうことになりそうです」(大竹師)

5/14  大竹厩舎
14日の東京競馬ではスタート後に寄られるシーンもあったが控えて後半勝負に徹する。直線で真ん中を突く形になり、ジリジリとは伸びてきているが前との差は詰まらず10着。「この馬場でも我慢して走ってくれていましたが、位置取りが良くなかっただけでなく、ペースが流れず苦しくなりました。いろいろと噛み合っていればやれる力はあるだけに、スムーズな競馬ができず申し訳ありません」(戸崎騎手)「毛刈りしたこともあり発汗のあとは目立ちましたけれど精神的には良くて、若い頃に比べるとドシッとし、パドックを落ち着いて歩くことができていました。カイバもしっかり食べていましたし、乗り込みも手控えてないなかでしたから心配せずにレースへ送り出すことができました。作戦は、馬場傾向も踏まえて外からを選択したいとジョッキーも言っていましたし、彼に託しました。ただ、実際のレースではずっと外に馬がいて、しかもその馬が首をずっと内に向けていてプレッシャーを掛けられていましたから出すに出せない状況になってしまっていました。切り替える判断も必要だったのではないかと思いますが、馬場やこの馬のパターンを考えると外に拘らないと、ということがあったのでしょうね…。展開もまったく合わずに勝負圏内にいることもできませんでした。正直、悔しいし、思うことはあります。ただ、力が通用せずに完敗したというわけではないはずですから、何とか巻き返したいです。期待に応えることができず申し訳ありません」(大竹師)この馬の形そして馬場傾向を踏まえて外目を選択する戦法でしたが、そう簡単でありませんでした。速い上がりの脚は使っていますが、展開も合わずに追い上げようとするだけで精一杯でした。自身の力はもちろんあるはずですが、まわりにどうしても左右されてしまうだけに、いろんな要素が噛み合わないとなかなか勝ち切れないと言うことなのでしょう。だからと言ってこれで良いとは思っていませんし、誰もが感じているこの悔しさをいつか最高の形で晴らしてほしいです。今後につきましては様子を見たうえで判断します。

応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
2017/05/10

ルージュ、悲願のGⅠ勝利へ

ルージュバックファンの皆様、ずいぶん更新が開いちゃいました。

お久しブリーフ!!(笑)

内枠で脚を余したレースから2か月経ちましたね。

ルージュは、どうなんでしょう。

毛づやはイマイチのようですが、カイバの食いがよくなったことで、今までになく調教は積めてそうですね。

毛づやピカピカの絶好調のミッキークイーンとの対決どうなるか楽しみです。

私は、馬連1点にぶち込む予定です!

口取り当たると良いなぁ。

以下転載です。


RECENT STATES
5/10 大竹厩舎
10日は美浦南Wコースで追い切りました(52秒6-38秒3-12秒7)。「先週の追い切りでは派手さのない動きではありましたけれど、調整自体はまずまず順調に行っていると思います。幸いなことにカイバを食べることができていますので、それに伴い運動量もそれなりに確保できていて、質としてもここまでの中でいいかなと思えるほどです。追い切りは今朝も半マイルからの時計を出しましたけれど、そのあともダートコースをじっくりと動かし、その後は森林馬道を通すようにして、乗る時間も距離もそれなりのものにしています。動きに関しては先週同様派手さはないかもしれません。以前のような溢れるような手応えというわけではないのかなという気はするものの、合図を送るとその分だけ反応はできるという手応えでもあります。歳を重ねた分なのか、経験を積んできて無駄なことをしなくなってきているのかなと思いますが、反応はあるので単純にズブいというのとはちょっと違うかなという気もします。見た目からすごくいいよと強気には言えないかもしれませんけれど、レースへ向かうこと自体はできると思いますので、今の感じでどのくらいやれるかですね。去年はペースも厳しくて結果的にちょっと忙しいかなと思えましたが、展開が変わればまた違うでしょうし、今年こそはという気持ちでいます」(大竹師)14日の東京競馬(ヴィクトリアマイル・牝馬限定・芝1600m)に戸崎騎手で出走を予定しています。
PageTop
Back
5/4 大竹厩舎
3日は軽めの調整を行いました。4日は美浦南Wコースで追い切りました(65秒8-50秒7-36秒9-12秒5)。「先週の半ばに天栄で速めのところを行うということで、その後の状況を見て土曜日の検疫を確保し入れさせていただくことになりました。今回天栄ではもうひとつ良くなりきれない…という感じで歯切れがそこまでは良くないような話だったので、そのあたりもよく確認するつもりで動かし出しているのですが、実際動かしてみるとちょっと硬さを感じますね。昨日まではじっくり動かして体調と気持ちを整えることに徹し、今朝2頭併せで追い切りをかけました。この馬の調子のバロメーターのひとつである前脚の上がり方は物足りなく、そういったことも含めて派手さはありませんでしたね。ただし、そこそこの時計で動かしていますし、適度な負荷をかけられてはいるのかなとも感じています。今回入ってきた時の馬体重が457キロでした。前回は競馬と同じくらいの体重だったためにどうしてもセーブ気味にいかなければいけないところはありましたが、そういう点では今回やりやすいので、体のコンディションをよく見ながら攻めるところは攻めていければと思っています」(大竹師)14日の東京競馬(ヴィクトリアマイル・牝馬限定・芝1600m)に戸崎騎手で出走を予定しています。
PageTop
Back
4/30 大竹厩舎
5月14日の東京競馬(ヴィクトリアマイル・牝馬限定・芝1600m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて17頭の登録があります。
PageTop
Back
4/29 大竹厩舎
29日に美浦トレセンへ帰厩しました。
PageTop
Back
4/25 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。「馬体の見た目に関してすごくいいとは言えないものの、調教自体は問題なく進めることができています。今朝は坂路で3ハロン39秒を切るくらいの強い調教を課したのですが、最後は一杯でしたね。若い頃に比べると馬自ら進んでいくという感じではないようです。コンディションがどうこうというよりは気持ちの部分なのかもしれません。ただ、年齢的にも今年が勝負の年になるので何とかしなければいけませんし、ギリギリまで調整をして少しでも状態を上げて厩舎にバトンタッチできればと考えています」(天栄担当者)
PageTop
Back
4/18 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。「調教は問題なく進められていて、今朝は13-13のペースのキャンターも取り入れています。悪くはないですが、調子をもっと良くしたいと思えるのも確かです。一度毛刈りをしたものの、再び毛が伸びてきて毛足はいくらか長い状態ですね。それでも、以前よりも肌ツヤはいくらかいいかなと思えますよ」(天栄担当者)
PageTop
Back
4/12 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「先週から徐々に上げていこうとしていて坂路を中心に負荷を高める調教を開始しました。14-14くらいがベースになりますが、今週は火曜日に3ハロン40秒のスピードで動かしてみています。体調面など、まだしっかりと確認していかなければいけない状況ではありますが、問題なさそうであればこのままピッチを上げていきたいですね」(天栄担当者)
PageTop
Back
4/4 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「先週までは軽めで様子を見ていましたが、今週から少しずつピッチを上げていくことにしました。それで今朝は坂路に入って14-14くらいを乗るようにしています。肌ツヤに関してはまだ良化途上ですし、他をあげれば背腰のケアをしていったほうがいいと思う状態ではありますが、カイバを食べることができていて脚元なども気になるところはありません。この後も馬体のケアをしっかりと行いながら調整を進めていきます」(天栄担当者)
PageTop
Back
3/28 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。「先週の時点で毛が伸びてきている状態でしたので、そのままにして代謝を悪くすることを避けたかったのでこの中間毛刈りをしておきました。また、そういった状況にあり内面も含めてちょっと疲れているように見受けられましたからすぐに乗り出すことはしていません。トレッドミルでじんわりと動かすようにしていますが、放牧に出てきてもうすぐ2週間経ちますから、そろそろ乗り出すことも考えていこうと思っています。馬体重は477キロです」(天栄担当者)
PageTop
Back
3/22 NF天栄
「レース後の状態から大阪杯というのは厳しいと思えたこともありましたし、他のレースを使うことも頭にありましたが今後についてはまず状態面を最優先することにしました。それなので、あくまでも今後の状態次第ですが、ヴィクトリアマイルへ直行する方向で考えています」(大竹師)
PageTop
Back
3/21 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。「先週こちらに帰ってきました。使ったなりの疲れはあるようでしたがどこかが極端に悪いというわけではなかったようなので、そのケアをしっかりとしてから今後に向かっていければと考えています。状態面を改めて確認すると、いくらか首回りの毛が少し伸びているかなと思うので、内臓面の疲れもあるのかもしれません。そのため乗らずにトレッドミルで動かすようにして、少しずつ乗りを入れながら状態の良化を図っていくつもりです」(天栄担当者)
PageTop
Back
3/16 NF天栄
16日にNF天栄へ放牧に出ました。

応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。