FC2ブログ
2018/03/25

レイリオン 優勝!!

レイリオン、勝ちました!!

時計のかかる馬場が良い方に出ればいいな、3着くらいに来たらいいな、と思っていましたが、予想を良い意味で裏切る1着!!

スタート良く飛び出し、スムーズに流れに乗って、直線はじっくり追い出して、後続を振り切り優勝!!

今後もこの舞台が合うのでしょうか。

ヨーロッパで活躍した母の血を引いて、時計のかかる馬場が良いのかもしれませんね。

33秒台の脚は使えないけど、35秒台なら使えるので。

とにかく、今日は、レイ、おめでとう!

以下転載です。

3/25 安田翔厩舎
25日の中京競馬では好スタートから道中3番手を追走する。そのままリズムを整えて直線へ向くと、先頭に立ってからも最後まで余裕のある走りで優勝。「レース前に今日は出たなりで流れに乗せようと調教師と話をしていたのですが、スタートをポンと出てくれて楽にいいポジションにつけられました。折り合いに気を付けましたが、無理にさげなかったこととプレッシャーの掛からない隊列で終始スムーズにリズム良く運べましたね。直線で追ってからも体が極端に起きてくることもなく、最後は遊ぶくらい余裕がありましたね」(三浦騎手)「ここのところは距離を延ばして控える形にして、メリハリをつける狙いがありました。それでも結果を考えるといいものではなかったですし、今回この条件になったからには、さらに変化をつける必要がありました。そのため、ジョッキーにはゲートを出たら馬の気分に任せて進めて、ハミの取り方の違いを確認してほしいと伝えていました。人気的にマークされない立場も良かったでしょうが、何よりスムーズに運べたことが大きかったですね。体の使い方や気性面など、まだ良化途上ながら結果を残せたのは嬉しいですし、会員の皆様にいい報告ができてホッとしました。クラスが上がると楽ではないでしょうが、引き続きいい走りをお見せできるよう取り組んでいきますので、応援よろしくお願いいたします。今日はありがとうございました」(安田翔師)近走は結果的に上手く流れに乗れずいい走りを見せられませんでしたが、今日はゲートを出て前々でスムーズにリズムを整えられましたし、直線でも終いまでしっかりと脚を使ってくれました。今回の条件でも上手に走ってくれたのは今後を考えても非常に大きいですし、昇級後の活躍も期待したいです。この後はレース後の状態や番組を見た上で検討していきます。

3/22 安田翔厩舎
21日は栗東CWコースで追い切りました。22日は軽めの調整を行いました。「水曜日はCWコースで併せて追い切っています。先週使うつもりで長めからやっていますから、今週は5ハロンを馬なりで相手に合わせる程度です。レースに行くと追い出して頭を上げるところがあるので、調教でもその点を課題として意識するように心がけていますが、追い切りでは問題ない感じです。今回はこれまでの取り組みを活かして1400mから1600mで使うことを考えていましたが、今週登録していた刈谷特別も除外対象でしたので、日曜日の2000mの牝馬限定戦に投票させていただきました。以前2200mに乗ってもらった三浦騎手に依頼をして、その時と同じように道中脚を溜める形のレース運びをしてもらいたいと考えています」(安田翔師)25日の中京競馬(4歳上500万下・牝馬限定・芝2000m)に三浦騎手で出走いたします。

3/18 安田翔厩舎
25日の中京競馬(刈谷特別・芝1600m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて46頭の登録があります。

3/15 安田翔厩舎
14日は栗東CWコースで追い切りました。15日は軽めの調整を行いました。「水曜日はCWコースで併せて馬なり程度の追い切りを行いました。道中はジッとして終いだけ伸ばす内容でしたが、気負いなくいい雰囲気で走れていました。先週一杯は環境が変わってさすがに少し気を遣うところもあったとは思うのですが、馬体を絞りつつの調整だった前走に比べるとストレスがなく動かせているので、落ち着いてくれるのも早かった感じはします。先週お伝えしたとおり、牝馬限定の芝1600mを本線に特別の1400mも登録させていただいていたのですが、残念ながらどちらも除外対象だったため、特別登録代の返還のため豊橋特別に投票させていただきました。この後は来週の刈谷特別へ登録するつもりです」(安田翔師)18日の中京競馬(豊橋特別・芝1400m)は非抽選除外になりました。この後は25日の中京競馬(刈谷特別・芝1600m)に登録を行う予定です。

3/11 安田翔厩舎
18日の中京競馬(豊橋特別・芝1400m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて31頭の登録があります。

3/8 安田翔厩舎
7日は軽めの調整を行いました。8日は栗東坂路で追い切りました(57秒9-42秒3-27秒4-13秒3)。「3月1日の新規開業に伴いレイリオンを預からせていただくことになりました。2歳時に入厩してきた時から携わっていて思い入れのある馬ですし、何とかいい結果を出せるよう努めてまいりますのでどうぞよろしくお願いします。1日に移動してきてからも順調に調整できていますので、次走に向けて今朝は坂路で追い切りました。小倉からの長距離輸送後でもありますし、ガス抜きの意味も込めてまずは単走でサッと。これくらいのペースであれば重心が上へ逃げることもなく、しっかりと走ることができていました。節の兼ね合いで何とも言えませんが、来週の中京に牝馬限定のマイル戦があるので今のところはそこを目標にしており、念のため翌日の1400m戦にも特別登録は行う予定です。馬体減りも見られず、環境の変化による戸惑いはなさそうですが、もしかするとこちらに気を遣っている部分があるかもしれませんし、速い追い切りは来週行うつもりで、今週は無理せずコンディションを維持する感じで進めていきたいと思います」(安田翔師)17日の中京競馬(4歳上500万下・牝馬限定・芝1600m)もしくは18日の中京競馬(豊橋特別・芝1400m)に出走を予定しています。

2/28 安田隆厩舎
28日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は申し訳ありませんでした。パドックや返し馬では落ち着きがあっていい雰囲気だったのですが、ゲートが開いたとたんにカーッと行きたがってしまいました。ただ、それをしっかり我慢させて終いを活かす競馬を教えているところですぐに結果が出ることではないですし、返し馬まで落ち着いていられたことはいい傾向だと思っています。これだけの素質馬でもっといい走りをさせなくてはならないところだったのですが、うちの厩舎の調教助手として2歳時からレイリオンに乗ってきた安田翔伍が厩舎開業することになり、引き続き調教にも乗ったり見たりできるというメリットも考えて、転厩ということになりました。もちろん最後まで管理したかったですが、私に負けず劣らずこの馬のことを考えてくれる調教師であることは間違いないので、よろしくお願いします」(安田隆師)レース後の状態次第ではいったん放牧も検討していましたが今のところは馬体に問題もありませんし、できれば続けて使っていきたいと考えております。そこで、今後も含めてよりスムーズな入退厩を行い出走機会を増やしていけるよう、活躍馬を多数管理する栗東・安田隆行厩舎から、3月1日より新規開業となる安田翔伍厩舎への転厩を予定しています。安田翔伍師は、レイリオンが入厩当初より調教に携わっており、本馬のことをよく知る調教師です。会員の皆様には何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

2/24 安田隆厩舎
24日の小倉競馬ではまずまずのスタートも控えて最後方を追走。行きたがるのをなだめつつ向こう正面で折り合うと、3コーナー手前から徐々に進出し、直線はジリジリ伸びたが9着。「先生からは、道中我慢して、3コーナー手前ぐらいから動いていくイメージでと指示されていました。返し馬では落ち着いていて、これなら大丈夫かと思ったのですが、ゲートが開いたら行きたがってしまってうまく折り合えませんでした。最後もぱったりとは止まっていないだけに、前半もっと力まずに運べたら良かったのですが…。申し訳ありません」(藤田騎手)この距離ですから想定内とはいえ、前半は頭を上げてかなり行きたがっていました。それでも終いはジリジリ脚を使っていましたから、こうした取り組みの中で終いを活かす競馬が板に付いてくればと思います。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

2/22 安田隆厩舎
21日は栗東CWコースで追い切りました。22日は軽めの調整を行いました。「水曜日はCWコースで併せて追い切りました。先週しっかりと負荷をかけていますし、今日は直線での反応を確かめる程度です。道中先行して終いを伸ばし、最後は相手にやや手応えで見劣ったかなという感じはしましたが、手元の計測だとラスト1ハロンは12秒を切るくらいでほぼ併入と十分な負荷をかけることができました。まだちょっと体には余裕があるのですが、今日の追い切りと小倉への長距離輸送もありますから、前走時と同じか微増くらいで競馬に向かうことができると思います。鞍上については減量騎手を含めて探して、今回は藤田騎手にお願いしました」(安田隆師)24日の小倉競馬(4歳上500万下・牝馬限定・芝1800m)に藤田騎手で出走いたします。

2/15 安田隆厩舎
14日は軽めの調整を行いました。15日は栗東CWコースで追い切りました。「先週追い切った後の感じを見ていると、もう少し体は絞れた方がいいのかなと感じましたし、今朝はCWコースで併せてしっかりとやりました。手元の計測で6ハロン80秒台と全体的にしっかりと負荷をかけましたし、それに応えて馬も最後までいい伸びを見せてくれましたよ。これで息遣いなんかも変わってきてくれるでしょうし、輸送を考慮すれば来週ちょうど良く仕上がってくれそうです」(安田隆師)24日の小倉競馬(4歳上500万下・牝馬限定・芝1800m)に出走を予定しています。

2/8 安田隆厩舎
7日は軽めの調整を行いました。8日は栗東坂路で追い切りました(55秒4-40秒3-26秒5-13秒3)。「小倉開催に向けて火曜日に帰厩させています。今朝は1本目ということで坂路で単走、馬なり程度の時計を出しました。もう少し本数を重ねていけばもっと素軽く動けるようになると思いますが、全体的な雰囲気は休み明けでも変わりなく、変に緩んだ感じもありません。前走は長い距離で溜める形を試しましたが、走りを教えるためにも引き続き長めの距離を使う予定と聞いています」(林助手)24日の小倉競馬(4歳上500万下・牝馬限定・芝1800m)を目標にしています。

2/6 安田隆厩舎
6日に栗東トレセンへ帰厩しました。「引き続き、この中間も週3回はハロン15秒程度のところを取り入れて順調に調整できていましたし、厩舎サイドと相談して本日トレセンへ帰厩させることになりました。コンスタントに速い調教を積んで、状態面の不安なく送り出せましたよ」(NFしがらき担当者)

1/30 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も順調に調整が続けられており、週3回はハロン15秒近くまで脚を伸ばして調教を行っています。さらに調教負荷を高めていますが、堪える感じもなくしっかりと動けていて状態は良好ですね。もうそろそろ帰厩させることになると思いますから、こちらでは今のコンディションを維持するイメージで進めていきます。馬体重は470キロです」(NFしがらき担当者)

1/23 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き、この中間も週2回ほどハロン15秒近いところを取り入れています。継続して速いペースで乗り込みを続けていますが、集中して調教に臨むことができていますし、前向きさも出てきて全体的に上向いてきました。ここまでは順調に来ていますから、この調子で態勢を整えていきたいですね」(NFしがらき担当者)

1/16 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も坂路ではハロン15秒近くまで脚を伸ばして調教を行っています。速いペースでもしっかりと動けていますし、こちらで調教を行う分にはちゃんと集中して走ることができていますね。まだ具体的な日程は決まっていませんが、いい状態で送り出せるようこのままコンスタントに乗り込みを重ねていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

1/9 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「年末にかけても坂路ではハロン15秒近いところを取り入れて乗り込みを続けていましたが、その後も順調に調整が続けられており、この中間もしっかりと動かすことができています。そろそろ移動に向けた話が出てくる頃だと思いますが、コンディションは相変わらず良好ですし、このまま態勢を整えていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

12/19 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間からは坂路調教も開始しており、今朝は1本目にハロン17秒程度の普通キャンター、2本目にハロン15秒近くまで脚を伸ばしました。まだいつ頃トレセンに戻すのか具体的な日程は決まっていませんが、すんなりとペースアップできているように馬の状態に問題はありませんし、このまま乗り進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

12/13 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週こちらに到着後しており、馬体に異常がないことを確認してから現在は角馬場で騎乗調教を開始しています。まだ具体的な番組は決まっていませんが、年明けの競馬を目標に短期間でトレセンへ戻すと聞いていますから、緩めない程度に動かしながら調整を進めていきます」(NFしがらき担当者)

12/6 NFしがらき
5日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週の競馬はいい結果とならず申し訳ありませんでした。ただ、今回はメリハリをつけて脚を使わせるという目的がありましたし、そういう意味では次につながる内容ではあったと考えています。本質的には距離は長いのでしょうが、最後はジリジリと伸びていましたし、できれば続けてこういう競馬をさせて走りを覚えて欲しいと考えています。優先出走権を確保できなかったこともあり一度放牧に出させていただきますが、年明けの競馬を目指して短期で戻すつもりです」(安田助手)

12/2 安田隆厩舎
2日の中京競馬では五分のスタートから出たなりで中団内目を追走。ラチ沿いに進んで直線は馬場の真ん中を伸びかけたが、最後は一杯になり14着。「終いに脚を使わせるような競馬をしてほしいという指示で、道中はこの馬のリズムを大切にして走らせました。最内からの競馬でしたが他の馬を気にするような所はなく、むしろ気分良く行き過ぎないように気をつけつつ運んでいたぐらいです。勝負どころから上に上に重心が浮いてしまって最後はやや一杯になりましたが、今日のようなリズムで走れれば条件次第で結果は出ると思います」(三浦騎手)さすがに距離は長いように感じましたが、道中最内を通っても他馬を気にするような面は見せませんでしたし、スムーズに進められているように見えました。勝負どころでペースが上がると重心が上に上に浮いてしまうのは相変わらずのようですが、今回のような取り組みが今後につながればまた成長も見込めるのではないでしょうか。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

11/30 安田隆厩舎
29日は栗東坂路で追い切りました(54秒1-39秒4-25秒7-12秒8)。30日は軽めの調整を行いました。「水曜日は坂路で併せて追い切りました。乗り進めてきてもイライラするようなところはなく、ハミ受け、口向きも安定しています。追ってから重心が上に浮いてしまうのは変わらないのですが、道中抑えようとして背が反る、というようなことはありません。先週もお伝えしましたが、1400mなどペースの緩急がつきづらい距離よりも、長い距離でメリハリをつけて脚を使わせた方が今後につながると判断し、2000mの特別に登録させていただきました。2000mの特別は登録頭数が多かったこともあり、想定なども見て2200m戦に三浦騎手で向かうことにしました。正直今回1戦で結果を出すということは難しいかもしれませんが、ジョッキーにもこちらの意図をしっかりと伝えて乗ってもらうつもりですし、なんとかいいきっかけにしたいと思います」(安田翔師)12月2日の中京競馬(3歳上500万下・芝2200m)に三浦騎手で出走いたします。

11/26 安田隆厩舎
12月3日の中京競馬(栄特別・芝2000m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて40頭の登録があります。

11/23 安田隆厩舎
22日は軽めの調整を行いました。23日は栗東坂路で追い切りました(52秒2-38秒3-25秒2-12秒7)。「今朝は坂路で追い切りました。帰厩後初めて乗せてもらったのですが、以前に比べると口向きの敏感さが解消されて乗りやすくなってると感じました。道中我慢できている割にはゴーサインを出してから重心が上に浮いてしまう感じはあるのですが、口向きが改善されたことでウォーミングアップから落ち着いて動けていますし、追い切りでもこちらが合図を出すまでしっかりと待つことができています。来週の1400m戦がひとつの目標ではありますが、今は道中ゆったり走れていてこれまでになく落ち着きがあるので、こういうメンタルコンディションの時に少し長めの距離を使ってきっかけを与えるのもいいでしょうから、もう少し長い距離も選択肢に入れておいてもいいかもしれません。追い切り後の気持ちの変化などもよくチェックしてどの条件を使うか検討したいと思います」(安田翔師)12月2日の中京競馬(3歳上500万下・芝1400m)を目標にしています。

11/16 安田隆厩舎
15日は軽めの調整を行いました。16日は栗東坂路で追い切りました(56秒6-40秒5-25秒6-12秒4)。「先週の金曜日に無事帰厩しており、その後乗り出してからも順調です。今朝は鮫島克駿騎手に手伝ってもらい、坂路で単走の追い切りを行いました。まだ戻ってきて約1週間程度ですし、ビッシリとではなくジワッと終いを伸ばしていくような感じでしたが、調教の動き、そして馬の雰囲気ともに良さそうですよ。今のところは中京開幕週を目標にしていると聞いていますので、これから少しずつペースを上げていきたいと思います」(林助手)12月2日の中京競馬(3歳上500万下・芝1400)を目標にしています。

11/10 安田隆厩舎
10日に栗東トレセンへ帰厩しました。

11/7 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週後半からは坂路調教も開始していますが、その後も脚元への反動なども見られませんし、今朝はハロン15秒近くまで脚を伸ばして調教を行いました。トレッドミルも併用しての調整ですが、馬にはフレッシュ感があって体調面の問題もありません。近々の移動になると思いますので、このまましっかりと態勢を整えていきます」(NFしがらき担当者)

11/1 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「引き続き、週に3、4回ほどトレッドミルではキャンターペースで動かしており、この中間からは角馬場での騎乗調教も開始しました。今のところは脚元への反動もありませんし、ここまではうまくリフレッシュすることができているようですね。この様子ならばスムーズにペースを上げていけそうですから、厩舎サイドともそろそろ移動の相談をしていきたいと思います。馬体重は468キロです」(NFしがらき担当者)

10/24 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間もトレッドミルを中心とした調整を行っています。先週と同じく週3、4回ほどキャンタペースで動かしながらリフレッシュを図っているところですが、脚元に疲れが出てくるようなこともなく、体調面も変わらず良好ですね。騎乗調教の開始に向けて、この調子でしっかりと体を解していきたいと思います」(NFしがらき担当者)

10/17 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「引き続き、この中間もトレッドミル中心の調整を行っており、現在はキャンターペースで動かしています。まだ軽めとはいえ動かしながらも脚元など馬体のどこかに反動が出ることもありません。もうしばらくはじっくりと体を解すような感じで進めてリフレッシュを図っていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

10/11 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週こちらに到着後は、運動程度で動かしつつ馬体のチェックを行い、先週末からトレッドミルでの調整を行っています。今のところは目立った反動も見せていませんので、トレッドミルもキャンターまで進めてじっくりと体を解すように動かしているところです。体調面の不安もありませんし、レースで気になったという脚元に関しても腫れや痛みはなく調整できています」(NFしがらき担当者)

10/4 NFしがらき
3日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週の競馬の際にご心配をおかけしていた脚元の状態についてですが、翌日は多少歩様に硬さを感じたものの、その後の獣医チェックでも問題ありませんでした。レース中に蹄どうしをぶつけて一時的に痛みが出ることなどはありますから、そのあたりが原因かもしれません。レースにも影響していた可能性はありますし、まずは放牧先でケアとリフレッシュに努めたいと思います」(安田隆師)

9/30 安田隆厩舎
30日の阪神競馬では道中は中団からレースを進め、直線は内から追い上げを図るも伸びはなく13着。「以前は溜めれば切れる脚を使ってくれたのですが、今日はちょっとメリハリが利かず、ダラーッとして最後もなだれ込むだけでした。レース後に歩様がおかしく感じたので、もしかすると何か影響があったのでしょうか…。申し訳ありませんでした」(北村友騎手)「入線後止め際の歩様がおかしいとのことでジョッキーが下馬したのですが、すぐに乱れはなくなって、競馬場厩舎での獣医による触診でも痛みや異常はありませんでした。レース中にどこかぶつけて一時的に痛みが出たというのならいいのですが、時間が経って原因がはっきりすることもありますから、慎重に状態を確認します」(安田隆師)休み明けでも動ける態勢だったと思うのですが、レースに行くと後方のまま見せ場はありませんでした。歩様が乱れて入線後に下馬したので、もしかすると何らかの影響があったとも考えられますが、まずは脚元の状態をよくチェックしてから今後を検討していくことになります。

9/28 安田隆厩舎
30日の阪神競馬(3歳上500万下・芝1400m)に北村友騎手で出走いたします。


応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2018/03/25

高松宮記念予想 

今日はレイリオンが出走しますね。

2000mは1F長い気がしますが、後方で脚をためて、頑張ってほしいですね。
高松宮記念もそうですが、今の中京が時計のかかる馬場であることは、切れずにダラダラの脚をもつレイにはあっているかも。
複勝を買って応援します!!

さて、高松宮記念。

本命は、◎レッドファルクス。

左回りがベストである同馬ですが、右回りでもG1を勝っているのは、すごい。

ここは抜けた存在。

ただ、内枠有利なトラックバイアスを考えると、馬群の中で行き場をなくすことも考えられます。

それでも、3着は外さないでしょう。

内枠有利で考えると、
〇ブリザード
▲レッツゴードンキ
☆ファインニードル
穴セイウンコウセイ
△ダンスディレクター
△レーヌミノル
△ジューヌエコール
△シャイニングレイ

馬連
◎⇒○▲☆穴 へ4点

3連複フォーメ

1頭目◎
2頭目○▲☆穴
3頭目○▲☆穴△△△△ 22点

当たりますように!!


応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ