FC2ブログ
2017/02/27

祝 レイリオン 2着!!


レイリオンファンの皆様、ご無沙汰しております、久しぶりに、馬券圏内に頑張ってくれましたね。

前回掲示板に乗ったのが、
4/30 ゆきつばき賞4着、その前が、3/13の500万下 3着ですから、ほぼ1年ぶりの3着以内ということになります。

レースでは、後方で脚をためるのかと思いきや、2番手追走。

あれれ?これじゃ、いつもと変わんないじゃんと思い直線を向くと、前から離されつつも、2着確保。

メンバー見たときに、切れる馬がいないからチャンスと思ったけど、やっぱり差されなかった。

でも、スローペースで35.3秒て、この先、思いやられるな。

ま、今回はレイリオンちゃんを褒めてやってください。

よく頑張りました!!

次も頑張ってね。



以下転載です。と思ったら、昨年の11月から更新してなかったんですねー!ごめんなさい。


2/26 安田厩舎
26日の阪神競馬では好スタートから道中は2番手を追走。逃げた勝ち馬には及ばなかったが、直線は最後まで踏ん張り2着。「道中は何もせずにそのまま乗っていたら自分から進んでいくような感じではなかったのですが、しっかりとハミを噛ませれば背中を使ってうまく走れていました。自分から動けていたデビュー当時の印象とは少し違いましたが、今日はスローペースの中をスムーズに走れましたし、最後まで頑張ってくれたと思います。最近は成績がもうひとつでしたが、これがキッカケになってほしいですね」(和田騎手)スローの展開の中、スムーズに2番手を追走できていましたし、最後までしっかりと脚を使って2着を確保しました。まだ気性面の課題は残しますが、力さえ出し切ればこのくらいは走れる馬ですから、次はもうひとつ上の着順を目指していきたいところです。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討していきます。

2/23 安田厩舎
23日は軽めの調整を行いました。「木曜の投票ギリギリまで状況を見たところ、阪神の1800mも頭数が手頃でした。輸送は短い方がいいですし、和田騎手を確保して阪神に投票させていただきました」(安田師)26日の阪神競馬(4歳上500万下・芝1800m)に和田騎手で出走いたします。

2/22 安田厩舎
22日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は、距離延長でもう少し楽に前へ行けるかと思ったのですが、気を遣っているせいなのかあまりスッと行き脚がつかず、こちらが考えていたような運び方にはなりませんでした。追い切りの動きを見ていても走れる脚があるのは間違いないのですが、他の馬を気にして力んでしまったり、どうも力を出せていません。一度使った上積みはあるので続けて使いたいところですが、小倉の最終週は1、2週目に使った馬たちや滞在している馬が最後に使ってくるでしょうし、中京も関東からの遠征馬が多くなって出走は厳しくなります。想定を見ると今週はそれほど混雑していませんので、連闘も視野に入れて準備をしたいと思います。馬具の着用はもう少し考えますが、運び方としては最後方から終いを活かすような形でもいいかもしれません」(安田景助手)25日の小倉競馬(4歳上500万下・芝1800m)への出走も検討しています。

2/19 安田厩舎
19日の小倉競馬ではまずまずのスタートから押して先行策を取るも、勝負どころから手応えに余裕がなく12着。「今日は変わり身を求めたいということでハナを切る形を取ったのですが、この距離でも特に力むようなこともなく走れていたと思います。ただ、短い距離を使っていたわりには自分から進んでいこうという気持ちがなく、近くに馬がいると気にしてしまって集中しきれていないような感じがしました。跨がってみて能力はある馬だと思ったので、あとは競馬でそれを発揮できるかどうかですね。力になれずに申し訳ありませんでした」(鮫島駿騎手)「今日は意識的に前目のポジションを取ってもらったのですが、どうも自分でブレーキを掛けるような感じで走り切っていない印象です。距離は問題ないと思うので、次は馬具や戦法など別の対策を考えたいと思います。なかなかいい結果を出せず申し訳ありません」(安田師)距離延長で前進を図りたいところでしたが、気の悪い面を見せてしまったようで力を出し切ることなくレースを終えてしまいました。厩舎サイドも何とかキッカケをという思いで試行錯誤してくださっていますし、巻き返しに期待したいものです。この後は馬体を確認してから検討していきます。

2/16 安田厩舎
15日は栗東CWコースで追い切りました。16日は軽めの調整を行いました。「水曜日は坂路を軽く上がってからCWコースで追い切りました。併せた相手に先行して進めて最後は併入と、集中を切らさない形でいい調整ができました。道中はうまく息を入れて走っていましたし、追ってからのアクションも良かったですよ。あとはこの距離になりますので、いかにすんなりと前々のポジションをキープできるかでしょう」(安田景助手)19日の小倉競馬(4歳上500万下・牝馬限定・芝1800m)に鮫島駿騎手で出走いたします。

2/8 安田厩舎
8日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝は坂路を普通キャンターで軽く1本上がってからCWコースで併せて追い切りました。相手はデビュー前の新馬ですから併せ馬で負けてもらっては困るのですが、道中先行して終始楽な手応えで先着してくれました。最後にちょっと仕掛けてただけでしっかりと動けていましたし、全体が82秒7、ラスト1ハロンも12秒フラットと時計も上々でしたよ。引き続き、体調面も良好ですし、来週の競馬に向けて順調に調整が続けられています」(安田師)19日の小倉競馬(4歳上500万下・牝馬限定・芝1800m)に鮫島駿騎手で出走を予定しています。

2/2 安田厩舎
1日は栗東CWコースで追い切りました。2日は軽めの調整を行いました。「小倉開催を目標に、先週帰厩させました。乗り出してからも順調に調整できています。週末には坂路で15-15程度を乗り、水曜日にCWコースで併せて追い切りました。実質帰厩後初の追い切りでしたし、速い時計は必要ないと思っていましたから、6ハロン88秒程度というのは予定どおりです。まだビシッとやったわけではないのでまた変わってくるかもしれませんが、乗ってみて改めて感じたのは、手応えほど最後伸びてくれない、ややワンペースだなということです。これまで短い距離でいい走りも見せていたのですが、近走は1200mだとなし崩しに脚を使ってしまう感じもありますので、今回はワンペースでバテない脚質を活かして距離を延ばしてみようと思います。カイバ食いなど体調面の不安はなく、馬房では相変わらずリラックスした様子で気配は良好ですよ」(安田景助手)19日の小倉競馬(4歳上500万下・牝馬限定・芝1800m)に鮫島駿騎手で出走を予定しています。

1/26 安田厩舎
26日に栗東トレセンへ帰厩しました。

1/24 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「ペースアップしてからも脚元を含めて馬体には特に問題ありませんし、トレッドミルも併用してこの中間も坂路ではハロン15秒近いところを交えて調教を行っています。本当に良かった頃と比べると背中の具合は少し物足りない感じもしますが、調整自体は順調に進めることができていますよ。小倉開催を目標に近々の移動予定と聞いていますので、いい状態で送り出せるようしっかりと態勢を整えていきたいですね」(NFしがらき担当者)

1/18 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「騎乗調教を開始してからも背腰などに大きな疲れが出るようなこともありませんでしたし、この中間は坂路でハロン15秒近いところも取り入れて調教を行っています。このまま順当に上向いてきてくれるようならば移動を考えていくこともできそうですし、しっかりと進めて良化を促していきたいですね」(NFしがらき担当者)

1/10 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「ここまでウォーキングマシンやトレッドミルを中心とした調整を行ってきていましたが、いい頃と比べると背腰などにまだ物足りなさは残るものの、状態自体は良くなってきていたので年末から騎乗調教を開始しています。乗り出しもスムーズでしたし、この中間はハロン15秒近いところも交えていますが、この後も問題なく進めていくことができそうです」(NFしがらき担当者)

12/20 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「引き続き、この中間もトレッドミルによる調整を行っています。背中を中心に馬体はしっかりとケアを行っていますので、動かしつつもどこかに疲れが出るようなことはありません。今のところは予定どおりのメニューで進められていますから、騎乗調教へ向けてまずはしっかりと疲れを取り除いてあげたいですね。馬体重は454キロです」(NFしがらき担当者)

12/13 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「ここまでウォーキングマシンで様子を見てきましたが、背腰の状態が悪くなるようなことはありませんでしたので、この中間はトレッドミルを中心とした調整を行っています。じっくりと体を解してまずは疲れを取り除いてあげたいですね」(NFしがらき担当者)

12/7 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「引き続き、この中間もウォーキングマシン程度の運動を行っています。こちらへ到着後、少し時間が経ってから競馬を使った反動が出たのか背中に少し疲れが見られますので、まずはそのあたりをしっかりとケアしながら進めていきたいですね」(NFしがらき担当者)

11/29 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週の水曜日にこちらへ到着しています。福島の輸送を挟んだ後ですが、今のところは大きな疲れなどは見せていません。厩舎サイドからは年明けの競馬を目標にしていくと聞いていますので、まずはしっかりとリフレッシュさせてから騎乗調教へとつなげていきたいと思います。馬体重は428キロです」(NFしがらき担当者)

11/23 NFしがらき
23日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週の競馬は申し訳ありませんでした。ジョッキーも『最後まで伸びようとしてくれているのですが…』と言っていて、真面目には走っているようなんです。1200mだと流れに乗りづらく、なし崩しに脚を使ってしまうのかもしれませんし、条件を変えてみることも考えていく必要があるかもしれません。優先出走権を確保できなかったところですし、いったん放牧に出して年明けの競馬を目指したいと思います」(安田景助手)

11/20 安田厩舎
20日の福島競馬では道中中団を追走して直線に向くが、外目から脚を使っているがまわりと同じような勢いのままで9着。「ゲートの出自体は悪くなかったのでそのまま前目で運べたら理想的でしたが、まわりの方が速くて中団くらいからの競馬になりました。直線では外からジワッと差を詰めてくれているものの、序盤に無理をしなかった割にはジリジリとした脚になってしまいました。いいスピードを感じましたが、今回跨がった感触だけで言えばもう少し溜めを作れた方が、終いの脚が活きそうです。今日はいい走りをお見せできず申し訳ありません」(鮫島良騎手)「理想よりは後ろからになったものの、直線ではもう少し脚を使ってくれると思っていただけに残念な結果になってしまいました。申し訳ありません。この条件がダメとは思いませんが、今日の走りやジョッキーの話ではもう少し距離のあるところでメリハリを付けてみるのはいいかもしれないとのことでしたから、いろいろと考えていきたいと思います」(安田師)リフレッシュ期間を挟んだとは言え短期放牧でしたし、秋2戦目での前進を期待しましたが、上手く流れに乗り切れなかったのか終いにかけてピリッとした脚を使えなかった印象です。今後についてはレース後の状態や番組を見た上で検討していきますが、態勢を立て直して次走ではしっかりと巻き返したいところです。


応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント