FC2ブログ
2017/02/27

ルージュ 金鯱賞へ向けて。



ルージュ、戻ってきましたね。

馬体重は2週前でいつもの、470kg。

ふっくらした体で出てきてくれるのではないでしょうか。

来週のレースが楽しみです。



以下転載です。

2/24 大竹厩舎
24日に美浦トレセンへ帰厩しました。

2/21 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。「じっくりと乗り込んできていますが、コンディションは悪くないと思います。入厩時期について大竹調教師と相談をしましたが、今のところ今週末あたりを最短の日程として考えていくことになりました。もちろん移動までの調整もしっかりと行い、無事に送り出せればと考えています」(天栄担当者)

2/14 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。「この中間も変わりなく調整できているので、次走へ向けて調教のピッチをさらに速めているところです。それでもオーバーワークには気をつけなければいけませんし、バランスをよく考えつつしっかりと乗り込み、仕上げていきたいです。戻す時期はこの後の状況を見ながら厩舎と相談していくつもりです。馬体重は470キロです」(天栄担当者)

2/7 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「この馬としては体がふっくらとしていて徐々に引き締めるようにも意識して動かしています。調整自体は至って順調と思っているので、何とかこのまま乗り進めていき、レースへ向けてトレセンに送り出すところまで持っていきたいですね」(天栄担当者)

2/1 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「徐々に進めてきて、コンディションは悪くない状況になってきたことから大竹師と相談をしました。その結果、春の始動戦を金鯱賞にしようということになりました。3月中旬のレースですから逆算して考えてもまだ時間はありますし、引き続きジックリと調整を続けていってより良い状態にもっていきたいですね」(天栄担当者)

1/24 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「じわりじわりと乗り進めており、調子自体は問題ないように思います。このまま負荷を高めていければより良いかと思いますし、しっかりと乗り込んでいって厩舎へバトンタッチできるようにしていきたいです」(天栄担当者)

1/17 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「少しずつ乗り込んでいますが問題はなく、いい意味で変わりなく来ていますよ。獣医師からもこれといった不安を指摘されていませんし、体もふっくらとしていますから、徐々に仕上げを進めていきたいですね」(天栄担当者)








応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント