FC2ブログ
2017/05/19

ルージュ 天栄へ放牧


先週の競馬はフラストレーションの塊というか、怒りでしかないですよね。

パトロールビデオ見ましたが、騎手が外々へとこだわっているうちにレースが終わってしまってました。

序盤に同じ位置にいた勝ち馬(アドマイヤリード)が通ったのとは全く違ったコースでしたね。

外々へ馬を当てながら進路を探してたようですが、結果論ですが、内へ切り替える判断をしてほしかった。

ほんとに戸崎さんとは、もういいですから。

陣営の方、手が合わないと認めてください。

今までほとんど外枠に入って外回してくるだけしか勝ってないじゃないですか。

それって他の騎手でもできるような気がしますが。。。

次は違う方がルージュの背中にいると良いな。

以下転載です。
5/18  NF天栄
18日にNF天栄へ放牧に出ました。

5/17  大竹厩舎
17日は軽めの調整を行いました。「先週は枠や馬場状態を加味してどのような勝負に持っていくかがポイントではあったと思うのですが、結果的にはスローな展開の中で位置取りが悪くなってしまったのは痛かったですし、何よりいい結果を出せず申し訳ありませんでした。レース後、美浦に戻ってきてからの状態をしっかり見ていますが、現状で脚元を含め馬体のどこかに大きな反動が出ている様子はありませんでした。ただ、表情を見ていると使ったなりの疲れはありそうですし、今回毛ヅヤが良いとは言えない中で競馬へ向かった経緯もありますから、負担になっていないか今後の状態の変化を慎重に見極めていく必要はあるでしょう。もうしばらくこちらで様子を見ますが、今のところ一度天栄に戻して現地でも状態を確認してもらうことになりそうです」(大竹師)

5/14  大竹厩舎
14日の東京競馬ではスタート後に寄られるシーンもあったが控えて後半勝負に徹する。直線で真ん中を突く形になり、ジリジリとは伸びてきているが前との差は詰まらず10着。「この馬場でも我慢して走ってくれていましたが、位置取りが良くなかっただけでなく、ペースが流れず苦しくなりました。いろいろと噛み合っていればやれる力はあるだけに、スムーズな競馬ができず申し訳ありません」(戸崎騎手)「毛刈りしたこともあり発汗のあとは目立ちましたけれど精神的には良くて、若い頃に比べるとドシッとし、パドックを落ち着いて歩くことができていました。カイバもしっかり食べていましたし、乗り込みも手控えてないなかでしたから心配せずにレースへ送り出すことができました。作戦は、馬場傾向も踏まえて外からを選択したいとジョッキーも言っていましたし、彼に託しました。ただ、実際のレースではずっと外に馬がいて、しかもその馬が首をずっと内に向けていてプレッシャーを掛けられていましたから出すに出せない状況になってしまっていました。切り替える判断も必要だったのではないかと思いますが、馬場やこの馬のパターンを考えると外に拘らないと、ということがあったのでしょうね…。展開もまったく合わずに勝負圏内にいることもできませんでした。正直、悔しいし、思うことはあります。ただ、力が通用せずに完敗したというわけではないはずですから、何とか巻き返したいです。期待に応えることができず申し訳ありません」(大竹師)この馬の形そして馬場傾向を踏まえて外目を選択する戦法でしたが、そう簡単でありませんでした。速い上がりの脚は使っていますが、展開も合わずに追い上げようとするだけで精一杯でした。自身の力はもちろんあるはずですが、まわりにどうしても左右されてしまうだけに、いろんな要素が噛み合わないとなかなか勝ち切れないと言うことなのでしょう。だからと言ってこれで良いとは思っていませんし、誰もが感じているこの悔しさをいつか最高の形で晴らしてほしいです。今後につきましては様子を見たうえで判断します。

応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント