FC2ブログ
2017/09/14

レイリオン 帰厩!!

レイの更新、久しぶりですね。

牧場で468kgとのことで、以前と比べて20kgも成長してます。

レースでは、10kgくらいかもしれませんが、いつも420kg台と線が細かったので、これは期待できるのではと思っています。

無事にレースを迎えられるとよいですね。


以下転載です。

9/14 安田隆厩舎
14日に栗東トレセンへ帰厩しました。

9/12 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「早ければ今週にも帰厩させようという話をしていて、この中間もしっかりと15-15を乗り込んできました。馬体もふっくら見せていていい雰囲気ですし、強めの調教を取り入れつつも変にイレ込んだりせず精神状態も良好と思います」(NFしがらき担当者)

9/5 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き坂路で15-15近い調教を週に3回ほど取り入れてしっかりと乗り込んでいます。厩舎サイドともそろそろ移動させようという話をしているところですが、これ以上強い調教は必要ないと思いますので、適度な負荷をかけながらコンディションを整えて帰厩に備えていきます」(NFしがらき担当者)

8/29 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も、トレッドミルを併用して坂路では終い15秒ぐらいの調教を継続して行っています。調教メニュー自体は先週とほぼ変わりません。変にテンションが上がるタイプではありませんが、これ以上は無理にペースを上げる必要もないでしょう。引き続き厩舎サイドと相談しながら進めていきます。馬体重は468キロです」(NFしがらき担当者)

8/22 NFしがらき
坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「先週に引き続き、トレッドミルも交えて週に2回ほど坂路を上がっています。坂路ではジワッと終いを伸ばす調教も取り入れており、いい形でペースアップすることができていますよ。まだどのあたりで復帰させるかという具体的な話はしていませんが、秋競馬を目標にして準備していきたいと思います」(NFしがらき担当者)

8/15 NFしがらき
坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「しっかりリフレッシュ期間を取ってきましたので、この中間からは坂路での騎乗調教も開始しました。まだ週に1、2回の頻度で、徐々に騎乗調教の割合を増やしていく予定ですが、まずは順調に立ち上げられましたよ。変にピリピリするところもなく雰囲気はいいので、ここから少しずつピッチを上げていく予定です」(NFしがらき担当者)

8/8 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週に引き続きトレッドミルでの調整を続けています。もうしばらくはこちらで調整をしていくことになりますし、気持ちの面でしっかりリセットするつもりです。体調面などは特に不安もありませんし、体つきもふっくら見せるようになっていますので、軽く動かしつつ騎乗調教に移行するタイミングを考えていきます」(NFしがらき担当者)

8/1 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間からはトレッドミルでのキャンターを週に4回ほどの予定で行い、ゆったりと動かしています。忙しい小倉の芝1200mはこの馬には合わないだろうということで、始動は秋からになりそうですし、もうしばらくはコンディションを整えて緩めない程度の調整を続けていきます」(NFしがらき担当者)

7/25 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週の金曜日にこちらへ到着しており、現在はウォーキングマシン程度の運動で馬体のチェックを行っています。今のところは脚元も特に問題ありませんし、体調面も安定しています。今回は少し間隔を空けるための放牧だと聞いていますので、このまま反動などが出なければ緩めない程度に動かしていきたいと思います。馬体重は454キロです」(NFしがらき担当者)

7/21 NFしがらき
21日にNFしがらきへ放牧に出ました。

7/19 安田厩舎
19日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は不利もありましたが、そこを割ってくるほどの脚もなかった感じで、この馬らしさが出せずに終わってしまいました。申し訳ありません。ちょっと気分良く行かせすぎた感はありますし、これがこの馬の力ではないでしょう。ただ、時計の速い小倉となると分が悪いかなとも思いますので、一度放牧に出して少し間を空けようと考えています」(安田師)近日中にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

7/15 安田厩舎
15日の中京競馬では好スタートから道中は2番手でレースを進める。いい手応えで直線に向かうことができたが、追い出してからピリッとした脚を使えず10着。「できれば前に壁を置いて溜めるところを作りたかったのですが、この枠順だったのでそれもできず、前半に少し噛んでしまいました。それでも4コーナーから直線へはいい感じで向かうことができたのですが、最後にスピードが乗り切ったところで窮屈になる場面があって…。あそこがスムーズならもう少しやればていたはずです。本当に申し訳ありません」(荻野極騎手)「道中はいい感じで運べているように見えましたが、大外枠で前に壁を作れなかったことが影響したのか、追い出してからが案外でした。結果論ではありますが、もう1列くらい後ろでも良かったのかもしれません。ただ、ゲートをポンッと出てしまったので仕方のないところもあるでしょう。非常に暑くなってきていますから、この後はまず馬の状態をしっかりと確認しながら検討させてください。今日はいい結果を出せず申し訳ありませんでした」(安田師)上手にスタートを切ったことが仇になってしまったようで、道中は前に壁を作れず噛んでしまいました。それに加えて直線は寄られて狭くなる場面もありましたし、力負けでないことは確かでしょう。スムーズな競馬で見直したいと思います。優先権を確保できなかったので、この後はいったん放牧に出すことも検討しています。

7/13 安田厩舎
15日の中京競馬(マカオJCT・牝馬限定・芝1400m)に荻野極騎手で出走いたしいます。

7/12 安田厩舎
12日は栗東坂路で追い切りました(54秒7-39秒5-25秒8-12秒7)。「先週コースで長めから時計を出していますし、今朝は坂路で終い1ハロン切るぐらいから手綱を放すだけ、終始馬なり程度の内容です。気持ちが入りすぎないようにと気をつけていますが、攻めは相変わらず抜群の動きをしますし、体もふっくらしていて精神面の心配はあまりなさそうですね。調教は、状態の善し悪しにかかわらずいつも動いてくれる馬なので、レースに行ってどうかという点は分からないところもありますが、力を出せる状態にあることは間違いないですよ」(林助手)15日の中京競馬(マカオJCT・牝馬限定・芝1400m)に荻野極騎手で出走を予定しています。

7/9 安田厩舎
15日の中京競馬(マカオJCT・牝馬限定・芝1400m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて24頭の登録があります。

7/5 安田厩舎
5日は栗東芝コースで追い切りました。「今朝は1週前追い切りということで、芝コースに入れて長めから追い切りました。相手は今週デビュー予定の2歳馬でジョッキーが騎乗。レイリオンが先行してリードしてあげるような形から、直線はほぼ併入し、6ハロン81秒台でした。終始楽な手応えでしたし、精神的にいい雰囲気で走れていることが手綱から伝わってきました。正直前走があまり良くない負け方でしたからダメージを心配していたのですが、そのあたりは気にしなくても良さそうですね。馬体もふっくらしていますし、中京コースもいいイメージがあるので、芝で改めて期待したいと思います」(安田景助手)15日の中京競馬(マカオJCT・牝馬限定・芝1400m)に荻野極騎手で出走を予定しています。

6/29 安田厩舎
28日は軽めの調整を行いました。29日は栗東坂路で追い切りました(54秒0-39秒1-25秒5-12秒7)。「中京3週目の牝馬限定戦を目標に、先週帰厩させています。乗ってみるといつもどおりピリッとしたところはありますが、普段の様子はとても落ち着いていますし、馬体もふっくらしていい雰囲気ですよ。今朝は坂路で単走の追い切りを行いました。強い調教は来週からで十分ですから、ラストは流すぐらい余力を残した内容ですが、動きはしっかりしていましたよ。あと2週でちょうどよく仕上がると思います」(林助手)7月15日の中京競馬(マカオJCT・牝馬限定・芝1400m)を目標にしています。

6/22 安田厩舎
22日に栗東トレセンへ帰厩しました。

6/20 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き、角馬場とトレッドミルでのキャンターを併用しながら調整を行っており、この中間から坂路ではハロン15秒近いところも開始しました。ペースアップ後も堪えた様子はありませんし、馬はしっかりとリフレッシュされて気配は良好ですね。この調子ならば次の中京開催で使っていけそうですし、厩舎サイドと相談して近々の移動を予定しています」(NFしがらき担当者)

6/13 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「角馬場とトレッドミルでのフラットワークに加えて、この中間からは坂路にも入れています。ハロン17秒の普通キャンターペースでサッと動かしているところですが、今のところは馬体に大きく気になるようなところはありません。このまましっかりと気分転換を図っていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

6/7 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間からは、角馬場とトレッドミルでのキャンターを併用してフラットワーク中心に体をじっくりと解すような調整を進めています。馬体に目立った疲れはなさそうなのですが、慣れないダートを走って気持ちが萎えてしまったようなところはあったようなので、ここで一度心身ともにリセットさせてあげるつもりで接していきたいと思っています」(NFしがらき担当者)

5/30 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週の水曜日にこちらへ到着しており、現在はウォーキングマシン程度の運動で馬体のチェックを行っています。今のところは目立つようなダメージはなさそうですが、コンスタントに使ってきたことで目に見えない疲れがあるかもしれませんし、まずは軽く動かしつつしっかりとリフレッシュさせていきます。馬体重は448キロです」(NFしがらき担当者)

5/24 NFしがらき
24日にNFしがらきへ放牧に出ました。「ダート変わりで詰めの甘さを補うことができればと考えていたのですが、いざ実戦に行くと追走だけで苦労するという内容でした。砂を被るとそれを嫌がって戦意喪失といった感じでしたし、最後までまったくいいところなく終わってしまい本当に申し訳ありません。レース後は目立つような疲れは見せていませんでしたが、ここまでコンスタントに使ってきていますし、いったん放牧に出して立て直しを図りたいと思います」(安田師)

5/21 安田厩舎
21日の京都競馬ではスタート後に行き脚つかず道中は後方2番手。直線で外に持ち出すも前との差を詰めることができず15着。「ゲートの中の体勢は悪くなかったのですが、出てから脚を取られてしまって行き脚がつかず後方の位置取りになってしまいました。初めてのダートということもあってか砂をかぶると戸惑うような感じでしたし、直線フリーな大外に出してからも反応はありませんでした。ダート適性の問題もあるのかもしれませんが、まさかここまで負けるとは予想外で…。ただ、もしかするとスタート後に砂をかぶったことで馬に嫌気が差してしまったということも考えられます。スムーズにスタートを出せていればまた違っていたかもしれませんし、いい競馬をお見せできず申し訳ありませんでした」(荻野極騎手)芝の切れ味勝負では分が悪いので、そこを補うべくダート戦に向かいました。ただ、スタートから追走するだけで精一杯という内容で、最後までいいところなく終わってしまいました。今日の一戦だけでダート適性を判断していいのかは何とも言えませんが、力負けというわけではないでしょうから、次走で巻き返してくれることを期待したいと思います。優先権を逃してしまったので、そのあたりも考慮しつつ今後を検討していきます。

5/18 安田厩舎
21日の京都競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1200m)に荻野極騎手で出走いたします。

5/17 安田厩舎
17日は栗東坂路で追い切りました(55秒9-40秒6-25秒8-12秒5)。「今朝は坂路で終い重点に追い切りました。もう馬体はできているので、反応だけ確かめれば十分です。先週末にサッと15-15から終いを伸ばすような調教を取り入れたことでうまくガスが抜けて、イライラした感じがなくなってきたのがいいですね。今週の競馬については芝1400mとダート1200mがあるので想定もチェックしましたが、切れが求められる京都の芝だと最後は甘くなってしまうでしょうし、ここで一度ダートを試してみようと思います。前回芝1200mの流れを経験したことがここでプラスになってくれればと思います」(安田助手)21日の京都競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1200m)に荻野極騎手で出走を予定しています。

5/10 安田厩舎
10日は軽めの調整を行いました。「この中間乗り出してからも特に疲れはなく、体つきも相変わらずふっくら見せています。ただ、コンスタントに使ってきて少しピリピリしたところが出てきているので、今週は週末までに15-15程度の調教を行ってうまくガス抜きをさせたいなと思っているところです。番組についてですが、出走状況を見ていると確実に出られるかどうかは微妙ですし、今のところは想定の頭数や相手関係次第で芝1400m、ダート1200mいずれも視野に入れていきたいと考えています」(林助手)20日の京都競馬(4歳上500万下・芝1400m)もしくは21日の京都競馬(4歳上500万下・ダ1200m)を目標にしています。

5/4 安田厩舎
3日、4日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬はいい結果を出せず申し訳ありませんでした。1200mの距離に適性はあると思うのですが、このところ1400m、1600mと使ってきていたので今回は少し忙しく感じたのかもしれません。レース後ですが、カイバ食いも安定していて特にこれといった反動は見せていません。優先出走権は逃してしまいましたが、今は番組の選択肢もわりと多い時期でもありますし、出走状況を確認しつつ在厩で調整していくつもりでいます」(安田助手)

4/29 安田厩舎
29日の京都競馬ではスタートを決めて道中は好位から進めるが、直線は思うように伸び切れず9着。「1400mの前回もハミを噛んでいくぐらいでしたし、手応えがなくなってからもよく辛抱していましたから、1200mでも十分対応できると思っていました。ただ、いざ競馬に行くとスタートは速くて道中はスムーズに追走できてはいるものの、仕掛けてからスッと反応できませんでしたし、その後も切れる脚を使えずにずっとワンペースの走りになっていました。これならば多少は行きたがるかもしれませんが、もう少し距離を延ばして我慢させるような競馬をした方がいいかもしれません」(福永騎手)レース運びはスムーズに見えましたが、この距離でなし崩しに脚を使わされてしまったのか最後まで伸び切れませんでした。条件を変えて見直したいところではありますが、優先権を逃してしまったことも考慮しつつ今後を検討していくことになります。

4/27 安田厩舎
29日の京都競馬(4歳上500万下・芝1200m)に福永騎手で出走いたします。

4/26 安田厩舎
26日は栗東坂路で追い切りました(54秒0-39秒4-26秒1-13秒2)。「今朝は坂路で馬なり程度の追い切りを行いました。久々に乗ったのですが、以前に比べると走りのバランスが良くなっているなと感じました。以前は精神的に不安定なところがあったのですが、当時は馬体重が減り気味だったことなどを考えると、まだ馬体がパンとしておらず苦しいところがあったのかもしれません。今は見た目にもふっくらして落ち着きもありますし、この感じでレースに臨めれば今回もいい競馬をしてくれるのではないでしょうか」(安田翔技術調教師)29日の京都競馬(4歳上500万下・芝1200m)に福永騎手で出走を予定しています。

4/20 安田厩舎
19日は軽めの調整を行いました。20日は栗東坂路で追い切りました(54秒0-39秒5-26秒2-13秒5)。「優先出走権の権利内での出走を目指して火曜日に帰厩させていますが、馬体に張りがあって少し余裕があるぐらいの状態で、短期間でもいいリフレッシュになりましたね。今朝は坂路で馬なり程度の時計を出しました。馬場が重くてゴール前は無理をさせなかったため時計自体はそれほど目立ちませんが、力んだ感じもなくスムーズに走れていましたね」(林助手)29日の京都競馬(4歳上500万下・芝1200m)に福永騎手で出走を予定しています。

4/18 安田厩舎
18日に栗東トレセンへ帰厩しました。「こちらへ到着後はトレッドミルを併用しながら、坂路ではハロン16~17秒くらいのペースで乗り込みを続けていましたが、特に疲れた様子もありませんでしたので本日の検疫でトレセンへ帰厩することになりました。短期放牧は予定どおりでしたし、いい状態で送り出せたと思います」(NFしがらき担当者)

4/11 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週の水曜日にこちらへ到着しており、馬体に異常がないことを確認してから現在はトレッドミルを中心とした調整を行っています。このまま馬体に問題がなければ短期間で戻す予定だと聞いていますので、いい状態で送り出せるようこちらではまず疲れをしっかりと取り除いてあげたいと思います」(NFしがらき担当者)

4/5 NFしがらき
5日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週の競馬は惜しい内容で残念でしたが、ここ2走の内容が本物だと思わせてくれるレースぶりでもありました。普段の様子からも体調の良さが伝わってきますし、今は馬が充実しているなと感じますよ。優先出走権を行使できる期間内での出走を考えていますが、コンスタントに使ってきていますし、短期でもリフレッシュさせた方がいいと判断して今朝NFしがらきへ放牧に出させていただきました」(安田景助手)




応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント