FC2ブログ
2017/09/14

ガウ君  そろそろ、本州へ?!

ガウ君も久しぶりの更新ですね。

13秒台も出せるようになり、これから、バリバリ鍛えてもう一段階成長してくれるものと思っています。

腹回りなんか、細い。牝馬みたいですから、まだまだこれから。

ガウ君、頑張ってね。


以下転載です。

 9/13 NF空港
周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン13~15秒のキャンターを2本登坂しています。「この中間から坂路でハロン13秒ペースを取り入れています。徐々に本州移動を意識できる状態に近づいていますので、抜かりなく対応していければと思います」(空港担当者)

9/7 NF空港
周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンターを2本登坂しています。「坂路で週2本は15-15をこなしているように、この中間も順調ですね。9月中の移動に向けて、引き続きしっかりと乗り込んでいきたいですね。馬体重は475キロです」(空港担当者)

8/30 NF空港
周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンターを2本登坂しています。「引き続き、ハロン15秒ペースを主体にスムーズに乗り込みをこなすことができています。9月中の本州移動を視野に更に負荷をかけて中身から良化を促していきたいです」(空港担当者)

8/24 NF空港
周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンターを2本登坂しています。「ここまで順調に乗り込みをこなせていましたので、この中間はリフレッシュも取り入れながら進めています。早ければ9月中にも本州へ移動させるという話もありますから、そこへ向けてしっかりと態勢を整えていきたいです。馬体重は474キロです」(空港担当者)

8/17 NF空港
周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンターを2本登坂しています。「この中間からハロン15秒ペースを織り交ぜて進めています。この馬なりにしっかり負荷をかけることができていますし、本州移動に向けて問題なく前進を図ることができていると言えるでしょう」(空港担当者)

8/10 NF空港
周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンターを2本登坂しています。「引き続き、問題なく日々の乗り込みをこなすことができています。この調子で本数をこなしていき、少しずつ復帰に向けての下地を固めていければと考えています。馬体重は469キロです」(空港担当者)

8/2 NF空港
周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンターを1本登坂しています。「この中間から坂路でハロン16秒のキャンターを中心に進めています。順次負荷を高めることができているのは何よりですし、このまま継続的に坂路で動かしていければと思います」(空港担当者)

7/26 NF空港
周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンターを2本登坂しています。「徐々にピッチを上げていますが、変わりなく対応できていますよ。この調子で中身から強化していき、復帰に向けて態勢を少しずつ整えていきたいです。馬体重は466キロです」(空港担当者)

7/20 NF空港
周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週1日は屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを1本登坂しています。「この中間から坂路コースでの調整メニューを再開しています。まだ試し乗り程度の軽めの内容ですから、少しずつ慣らしながら調教のピッチを上げていければと思います」(空港担当者)

7/5 NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行っています。「継続的に周回ダートコースで負荷をかけていますが、変わりなく対応できています。ここまでは思惑通りに推移していますので、今後も早期の坂路入りに備えて順次負荷を高めていければと考えています。馬体重は469キロです」(空港担当者)

6/29 NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行っています。「角馬場での運動メニューもスムーズに対応できましたので、周回ダートコースでのメニューを開始しています。状態を見つつ、ステップアップを図ることができていますので、この調子で坂路入りに備えていければと思います」(空港担当者)

6/21 NF空港
角馬場でフラットワークを行っています。「厩舎まわりでの常歩運動でも問題なくこなせていたので、この中間から角馬場でのメニューへ移行しています。じっくり体を慣らしていき、更なるペースアップに備えていければと考えています。馬体重は469キロです」(空港担当者)

6/15 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。「引き続き、状態面に変化はありませんでしたので、マシン運動と併せて厩舎まわりで人を乗せての常歩運動も行っています。このまま変わりないようであれば徐々に負荷を高めていくことも検討したいと思います」(空港担当者)

6/7 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。「この中間は定期のレントゲン検査を実施しましたが、大きな問題はなかったのでこの調子でじっくり進めていく方針です。今後も状態に合わせて少しずつ負荷をかけることで復帰を目指していきます。馬体重は461キロです」(空港担当者)


6/1 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。「この中間もウォーキングマシンを用いての運動メニューをこなしています。次のステップへ向かうには今しばらく時間は必要ですが、状態はいい意味で変わりないので、回復状況を見ながらしっかりと進めていければと思います」(空港担当者)


5/25 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。「この中間も変わりなくウォーキングマシンでの運動を行えています。しばらくは現状のメニューを維持して進めていくことになりますが、カイバ食いや体調などもしっかりと見ながら無理のないよう取り組んでいきます。馬体重は455キロです」(空港担当者)

5/18 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。「引き続き、状態面に変わりはありませんでしたので、ウォーキングマシンでの運動を開始しています。この調子で脚元の経過を見つつ徐々にステップアップを図っていければと思います」(空港担当者)

5/11 NF空港
厩舎まわりで曳き運動を行っています。「獣医師と相談の上で、この中間から曳き運動を開始しています。このまま問題ないようであればウォーキングマシンでの運動メニューへ移行していきたいと考えていますので、状態を確認しながらしっかり対応していきたいです。馬体重は462キロです」(空港担当者)

5/2 NF空港
舎飼で休養しています。「この中間、定期のレントゲン検査を実施しています。経過は問題ありませんでしたし、徐々にマシン運動を開始することも検討していきます。引き続き、馬の状態に合わせて日々の調整メニューを決めていきます」(空港担当者)

4/27 NF空港
舎飼で休養しています。「舎飼での休養期間が続きますが、馬体重は現状で458キロと安定したまま推移しています。運動を再開していく時期については検討中ですが、今後も脚元の良化具合を見ながら慎重に判断していければと思います」(空港担当者)

4/20 NF空港
舎飼で休養しています。「先週と同様に舎飼が続きますが、この中間も良い意味で変わりない状態です。この調子でじっくり回復を図った上で運動再開を目指していければと考えていますし、無理のないよう進めて行きたいですね」(空港担当者)

4/13 NF空港
舎飼で休養しています。「引き続き、心身の変化に気を付けつつ舎飼で休養させています。今後も継続的に脚元のチェックを行い、無理のないタイミングでの運動再開を目指していければと思います。そのためにも焦らず回復に専念していきたいと思います。馬体重は461キロです」(空港担当者)

4/6 NF空港
舎飼で休養しています。「この中間もカイバ食いや精神面に細心の注意を払いながら対応していますが、大きく変わりない様子を見せています。馬体重は安定していますし、このまま運動開始まで無理せず過ごしていければと思います」(空港担当者)

3/30 NF空港
舎飼で休養しています。「引き続き、状態面はいい意味で変わりありません。骨折箇所をボルトで止める手術を行った後ですので、動き出しの時期は慎重に判断していければと思います。今後も馬体の増加には気を付けつつ日々の様子を見ていきます。馬体重は456キロです」(空港担当者)

3/21 NF空港
舎飼で休養しています。「この中間も変わらず舎飼でじっくり休養期間に充てています。カイバもまずまず食べることができていますし、脚元を含めて状態に変化はありません。今後も状態に合わせて復帰へ向けての調整を進めていければと考えています」(空港担当者)

3/15 NF空港
舎飼で休養しています。「体は増加傾向にありますが、現状で前走時の体重まで戻っている程度なので、許容範囲内と言えるでしょう。引き続き、回復を第一に考えながら接していき、いい形で次のステップへ進めるように慎重に対応していければと思います。馬体重は451キロです」(空港担当者)

3/8 NF空港
舎飼で休養しています。「引き続き、舎飼で脚元の回復に努めています。さすがに楽をさせている分、体には少しずつ余裕が出てくる頃でしょうから、しっかりカイバ内容を考えていければと思います。今後も運動再開へ向けて状態に合わせて進めていきます」(空港担当者)

3/2 NF空港
舎飼で休養しています。「この中間も回復を第一に考えて接しており、舎飼でじっくり休養期間を過ごしています。しばらくは現状のまま脚元の回復状況を見ていく形になりますので、焦らず取り組んでいければと思います。馬体重は443キロです」(空港担当者)

2/21 NF空港
舎飼で休養しています。「こちらに到着後は舎飼で休養しています。到着の翌日にはレントゲン検査を行っていますが、今後時間をかけて経過を見極めていきたいですね。素質の高い馬ですから焦らず回復を促して、復活を目指していければと考えています」(空港担当者)

2/16 NF空港
16日にNF空港へ移動しました。

2/14 NF天栄
14日にNF天栄へ移動しました。「先週の火曜日にこちらへ移動してきてからは舎飼で患部の状態をチェックしていましたが、いい意味で変わりない状態でしたし、この様子ならば動かしても問題ないだろうということで今朝NF天栄へ向けて出発しました。その後は様子を見てNF空港へと移動させることになります」(NFしがらき担当者)この後は様子を見てNF空港へ移動する予定です。

2/8 NFしがらき
7日にNFしがらきへ放牧に出ました。「術後はトレセンでしばらく経過観察をしていたのですが、もう動かしても問題ないとのことでしたので、火曜日にNFしがらきへと放牧に出させていただきました。向こうでもしっかりと患部のチェックをしてもらい、その後は様子を見て北海道へと移動させることになると思います」(花田助手)

2/1 吉田厩舎
舎飼で様子を見ています。「先週、骨折箇所をボルトで止める手術を行いましたが、その後の経過も良好です。場合によっては2週間ほど経過観察をするかもしれないと言われていたのですが、今の感じならば早ければおそらく今週末あたりには北海道へ放牧に出すことができる見込みです。このようなことになってしまい大変残念ですし、本当に申し訳なく思っておりますが、能力のある馬ですからしっかりと患部を治してまた元気な姿で戻ってきてほしいと思います」(高島助手)
  


応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント