FC2ブログ
2017/11/05

11/5 出走も、結果は・・・。


クナップフラウ、久しぶりの出走はプラス10kgでしたが、まだ線は細く華奢な感じでしたね。

歩様は、しっかりと踏み込んで、背中を使って歩けていたので、いい勝負になるのではと期待してましたが・・・。

スタートで、行き脚つかず、最後方から。( ;∀;)

最初の5秒で応援馬券のハズレを確信しましたよ。(T_T)

それでも道中は足を使って中断まで取りつきましたが、そこまでで、あとは脚色一緒になって、伸びず。

浜中さん、もう少しどうにかならなかったんでしょうか。

返し馬とか、スタートする前の準備とか、何か出来たことはなかったんでしょうか。

「歩いて出ました」って・・・。(^-^;

次走はゲート練習して欲しいですね。

あのスタートでは勝負にならない。

体見ても、距離はやっぱり2000前後は必要なんではないでしょうか。

関係者の皆様、よろしくお願いいたします。


以下転載です。




11/5 野中厩舎
5日の京都競馬ではゆっくりしたスタートで二の脚もつかず最後方から。向こう正面で徐々に前との差をつめて進出するが、最後は脚色が同じになり11着。「普段ピリピリしがちなタイプで、厩舎がしっかり指示を聞けるように教えてきて実際に今日もとても落ち着いていました。ただその代わり、ゲートも開いてからゆっくりと出て、なかなか行き脚がつきません。向こう正面からジワッと流れに乗せていってからは止まらず長く脚を使っていますし、もう少し距離があってもいいかもしれません。久々でもありましたから、次は良くなってくると思います」(浜中騎手)「けっこうテンション高めの牝馬ですから、放牧明けからは落ち着いて人間の指示を聞けるように気をつけて接してきました。スタートでは立ち遅れてしまいましたし、着順も良くなかったのですが、馬場入り、ゲート周りなどもおとなしくてある意味思惑どおり、意図した形でレースを迎えることができたと言えます。久々のレースでもありましたから、ここを使っての変わり身もあると思うので、極端にカイバ食いが落ちたりしなければこのまま使っていきたいと思っています」(野中師)歩くようなスタートでなかなか行き脚がつきませんでしたが、流れに乗せてからはスムーズに走れていましたし、今回は久々のレースでもありましたから、競馬を教えていく段階と捉えれば次につながる内容だったと言えるでしょう。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

11/1 野中厩舎
1日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで併せて追い切りました。道中先行から最後は少し遅れを取ってしまったのですが、これに関しては相手の方が動きすぎた印象で、特に気にするようなことはありません。まだ成長途上の馬で緩さも残っていてチップでは動き切れませんが、軽い芝の実戦に行けば違うはずですからね。牧場ではこちらのオーダーどおりの調整をしてくれていたので、トレセンへ帰厩してからの調整もスムーズで順調。気性面の成長も見られる今なら、休み明けでもいい競馬を見せてくれると思います」(野中師)5日の京都競馬(2歳未勝利・牝馬限定・芝1600m)に浜中騎手で出走いたします。

10/26 野中厩舎
25日は軽めの調整を行いました。26日は栗東CWコースで追い切りました。「この中間も順調に調整できていますし、予定どおり来週の競馬を目標にして鞍上は浜中騎手に依頼をしました。今朝さっそく追い切りに乗ってもらい、CWコースで併せて追い切りました。1週前になりますからある程度しっかりと負荷をかけておくつもりで終いは一杯に追ってもらっています。以前に比べるとだいぶ馬もしっかりしてきましたし、これで来週サッとやればいい状態でレースに臨めそうです」(野中師)「追い切りに乗せてもらいました。最後は少し遅れましたが、ゴール後もしっかり伸びていましたからね。エンジンのかかりは遅いので促しつつという感じになるのですが、一度勢いがつくと長く脚が使えるタイプですね。折り合い面の問題もないですし、いい感触を掴むことができました」(浜中騎手)11月5日の京都競馬(2歳未勝利・牝馬限定・芝1600m)に浜中騎手で出走を予定しています。

10/19 野中厩舎
18日は軽めの調整を行いました。19日は栗東芝コースで追い切りました。「予定どおり先週の金曜日から時計を出し始めるなど、引き続き順調に調整が続けられています。今朝は雨の影響でCWコースの馬場状態が悪くなっているため、芝コースで追い切りを行いました。他厩舎でも芝コースで追い切る馬が多かったのでこちらも馬場はかなり荒れていて、ちょっとノメったり脚を取られるようなところもあったようですが、大きなストライドで終いの動きは良かったですね。これで上向いてきてくれそうですし、今のところは次の京都開催の開幕週にあるマイル戦を目標に調整を進めていく予定です」(野中師)11月5日の京都競馬(2歳未勝利・牝馬限定・芝1600m)に出走を予定しています。

10/12 野中厩舎
11日、12日は軽めの調整を行いました。「前走後は脚元に疲れが見られたためにリフレッシュも兼ねて放牧に出していましたが、牧場でも速い調教をコンスタントに重ねられるようになり、ここにきて調整も順調のようでしたし、先週の金曜日に帰厩させています。春に入厩してきた頃はピリッとしたところのある馬だったのですが、今回の休養もいい方に出たようで気性面はだいぶ大人になってきている感じがしますよ。今朝は角馬場でのフラットワークを行った後、坂路に入れて普通キャンターをサッと乗りました。今のところは問題なく調整できていますし、早ければ明日にでも一度時計を出してみて、その様子を見ながら番組を検討していきたいと思います」(野中師)

10/6 野中厩舎
6日に栗東トレセンへ帰厩しました。

10/3 山元TC
周回コースでのキャンター調整を中心に、坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を行っています。「今週末の検疫で栗東トレセンへ帰厩を予定していますので、そこへ向けて体調を整えるイメージで進めています。時間をかけた分、しっかり良化を見せていますし、何とか2戦目での前進に期待したいですね」(山元担当者)

9/28 山元TC
周回コースでのキャンター調整を中心に、坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を行っています。「来週の帰厩を予定していますから、今週は最終調整のつもりで進めています。全身を使ったフォームで走ることができており、口向きも以前より良化しています。カイバ食いも良好なので、このまま無事に送り出せればと思います」(山元担当者)

9/20 山元TC
周回コースでのキャンター調整を中心に、坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を行っています。「引き続き、順調に乗り進めることができています。野中調教師と相談した結果、11月頭の競馬を視野に入れて10月に入った段階での帰厩を検討することになりましたので、こちらもそのつもりで態勢を整えていければと思います」(山元担当者)




応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント