FC2ブログ
2018/04/19

グレートバニヤン 入厩!!

グレートバニヤンについて、初めて書きますね。よろしくお願いいたします。

ロンドンタウンの下ですから、ファンも注目されているかと思います。

ダイワメジャー譲りの逞しい肉体に、惚れて出資しました。

しかし、この時期に入厩するとは、うれしい誤算ですね。

まずは、ゲート試験を合格してもらいたいですね。


以下、転載です。


4/18 牧田厩舎
18日はゲート練習中心の調教を行いました。「北海道からNFしがらきに移動した後も特に体調など問題ありませんでしたので、先週金曜に入厩させました。順調に乗り出しており、今日からゲート練習を開始しています。環境が変わっても特に物怖じせず落ち着いていましたが、ゲートも寄り、駐立ともに安定しており、ここまでは言うことありません。さすがに発馬はゲートが開いてもまだ反応しませんが、このあたりはやっていけば出るようになるでしょう。まずはゲート試験合格を目指していきます」(牧田師)

4/13 牧田厩舎
13日に栗東トレセン・牧田和弥厩舎へ入厩しました。

4/10 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「乗り出した後も特に反動は見せておらず、坂路ではハロン16~17秒ペースで乗り込みを行っています。体調面は特に変わらず良好ですし、ここまでは順調に調整が進められていますよ。厩舎サイドとも相談して近々一度入厩させる方向で話をしていますので、移動に向けてこのまましっかりと態勢を整えていきます」(NFしがらき担当者)

グレートバニヤン2018年4月3日 NFしがらき


4/3 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週の水曜日にこちらへ到着しており、馬体に異常がないことを確認して乗り出しています。昨日ゲートの確認を行った際、前扉を開けている状態では寄り付きもしなかったのですが、今日は前扉が閉まっているところに自分から進んで入ろうしていました。初めて見る物に対してかなり慎重になるところはあるのですが、いざ覚えてしまえば特に問題はなさそうです。輸送中の馬運車からカイバをよく食べていたようで体調面も良好ですし、近いうちにトレセンへ入厩させる予定だと聞いています」(NFしがらき担当者)

3/28 NFしがらき
28日にNFしがらきへ移動しました。
グレートバニヤン2018年3月26日.jpg

3/26 NF天栄
26日にNF天栄へ向けて移動しました。タイミングを見てNFしがらきへ移動する予定です。「ハロン15秒ペースを維持して順調に乗り込むことができていましたので、このたび本州へ移動の運びとなりました。まず環境に馴らすことから始めていき、トレセン入厩の段取りを組んでいければと思います」(空港担当者)

3/15 NF空港
馬体重:508kg 
現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン15~17秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。継続的にハロン15秒ペースで乗り込んでいますが、ヘコたれることはなく、最後まで余裕を持って走ることができています。この時期でも冬毛が目立つことはなく、カイバ食いが安定していることからも順調と言っていいでしょう。

2/28 NF空港
現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン15~17秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。筋肉量が多くなってきたことで、見るからに見栄えはグンと良くなってきました。また、感触も柔らかく、質の良い筋肉なので、キャンターをしても滑らかな捌きを実現できています。ただ、テンションが上がりやすい面があるので、精神状態を如何に落ち着かせて調教ができるかが今後のポイントになるでしょう。

2/15 NF空港
馬体重:506kg 
現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。ハロン16秒ペースで乗り込んでいますが、変わらず良い手応えで調教をこなすことができています。少し元気が良すぎるくらいなので、普段からリラックスできるように取り組んでいければと考えています。

1/31 NF空港
現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。空港入場時から好馬体を有する馬でしたが、継続的に乗り込んできたことで見た目にも更にボリュームが増してきたあたりに成長を感じさせます。ダイワメジャー産駒ということもあり、気性面がどう変わっていくかが今後のポイントとなりそうです。

1/15 NF空港
馬体重:494kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンターで2本登坂しています。冬毛が伸びる時期ではありますが、ほとんど目立たないくらいで良好な毛ヅヤを維持しています。坂路での動きを見ても騎乗者が終いまで引っ張り通しなぐらい行きっぷりが良く、このまま進めていければ早めの移動も意識していけるのではないかと見ています。

12/21 NF空港
馬体重:476kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンターで2本登坂しています。ここ最近はハロン17秒ペースで負荷をかけていますが、行きっぷりが良くなり過ぎるくらいのパワフルな動きを見せています。臆病なところはありますが、調教中は真面目に集中して走ることができています。

11/30 NF空港
馬体重:482kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン17~18秒のキャンターで2本登坂しています。空港牧場へ入場してきた当時と比べて、体は着実に大きくなってきており、カイバもしっかり食べることができています。今のところ目立った課題はありませんが、精神的に多少幼い面があるので、そうした部分が成長してくれればと思います。

10/31 NF空港
馬体重:479kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン18~20秒のキャンターで1本登坂しています。初めての場所ではキョロキョロしがちですが、回数を重ねるごとに集中できるようになっています。今のところ問題点はありませんが、基本的に敏感な馬なので注意しながら調教を進めていければと思います。

9/29 NF空港
馬体重:465kg 
NF空港へ移動するまでは順調に夜間放牧を行っていました。現在は騎乗馴致を終えて、ロンギ場でフラットワークを開始しており、併行して調教場での馬場見せも行っています。ダイワメジャー産駒らしく、しっかりとした馬体に活力ある動きが印象的な馬です。普段からソワソワして落ち着きのない性格ですが、体を洗うことや鞍付け馴致はスムーズに進み、高い順応力を見せてくれました。

9/7 NF空港
6日にNF空港へ移動しました。

8/24 NFY
馬体重:482kg 
体高:157.5cm 
胸囲:183.0cm 
管囲:20.3cm 



応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント