FC2ブログ
2019/05/22

リリーバレロ ようやく入厩が決定!!

リリーバレロファンの皆様、長い間お待たせいたしました。

ついについに、入厩が決定いたしました。

12月にしがらきで転倒してから約6カ月、途中、このまま引退かと思うこともあり、不安な日々を過ごしてまいりましたがようやく、GOサインが出たようです。

まずは入厩しての追い切りで競馬まで行けるかということだと思いますが、順調なら、6/22東京の混合の1600mか、23日東京の牝馬限定の1800mでの復帰なのではと予想してます。

その日は休みだから、応援に行くぞー!!

がんばれ、バレロ!!

以下転載です。

19/5/22 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンターを2本登坂しています。「厩舎サイドと相談した結果、金曜日の検疫を確保することができたという話でしたので、本州へ移すことになりました。具体的な目標に関しては入厩後の状態次第で判断してもらうことになるでしょう。まずはスムーズに競馬まで進めることができればと考えています」(空港担当者)23日に美浦トレセンへ向けて移動する予定です。

19/5/16 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンターを2本登坂しています。「継続的に乗り込みをこなしていますが、いい意味で変わりありません。必要な箇所にはケアを施しつつ、更に本数をこなしていければと思います」(空港担当者)

19/5/9 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンターを2本登坂しています。「引き続き、動きの質の向上を目指して、じっくり負荷をかけています。しっかりとベースとなる部分を整えて本州移動へつなげていきたいです。馬体重は494キロです」(空港担当者)

19/5/1 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンターを2本登坂しています。「リフレッシュを取り入れながら進めていますが、ここまでの感触は悪いものではありません。まだ具体的な予定は定まっていませんので、徐々に状態を上げていければと思います」(空港担当者)

19/4/25 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンターを2本登坂しています。「この中間も変わりなくメニューを消化できています。疲れが蓄積してきた箇所にはショックウェーブでケアを施しています。引き続き慎重に接しながら前進を図っていきたいです。馬体重は489キロです」(空港担当者)

19/4/18 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンターを2本登坂しています。「速めのペースで動かしていますが、問題なくメニューを消化することができています。更に乗り込みを重ねていき、良い状態にしていければと思います」(空港担当者)

19/4/11 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンターを2本登坂しています。「ハロン14秒ペースを始めていますが、トモを含めて状態は変わりありませんね。引き続き、感触を確かめつつ乗り進めていく予定です。馬体重は491キロです」(空港担当者)

19/4/4 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンターを2本登坂しています。「速めのペースを取り入れていますが、ここまでは順調に進められていると言っていいでしょう。この調子で動かしていき、状態を上げていければと思います」(空港担当者)

19/3/26 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンターを2本登坂しています。「この中間はハロン15秒ペースを取り入れて進めています。ここまではいい意味で変わりありませんので、継続的に乗り込みを行っていければと考えています。馬体重は496キロです」(空港担当者)

19/3/20 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンターを2本登坂しています。「坂路でのメニューを再開した後も変わりはなく、徐々に負荷を高めています。この後はじっくり本数をこなすことで乗り込み量を確保していければと思います」(空港担当者)

19/3/14 NF空港
この中間は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンターを1本登坂しています。「ここまで周回コースでのメニューを行ってきましたが変わりありませんでしたので、この中間から坂路入りを開始しています。まずは無理なく動かしていきますが、問題ないようであれば徐々にピッチを上げていきます。馬体重は510キロです」(空港担当者)

19/3/6 NF空港
この中間は周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行っています。「相談の結果、この中間から騎乗運動を取り入れて進めていくことになりました。ここまで乗り進めていく中で大きな変化はありませんので、状態に合わせて少しずつ負荷を高めていければと考えています」(空港担当者)

19/2/28 NF空港
この中間はトレッドミルかウォーキングマシンでの調整を行っています。「引き続き、変わりなく調整を進められています。まだ騎乗運動を再開する時期は定まっていませんが、良い状態で本州へ送り出せるように焦らず取り組んでいきたいです。馬体重は510キロです」(空港担当者)

19/2/19 NF空港
この中間はトレッドミルかウォーキングマシンでの調整を行っています。「トレッドミルでのメニューへ移行して、1ヶ月が経過しましたが、ここまで大きな変化はありません。人を乗せた際にどうかという感じもありますので、状況を見ながら慎重に取り組んでいきます」(空港担当者)

19/2/14 NF空港
この中間はトレッドミルかウォーキングマシンでの調整を行っています。「キャンターペースで動かしていますが、変わりなく取り組めています。しばらくは現状のメニューで状態の確認を行いつつ進めていければと考えています。馬体重は510キロです」(空港担当者)

19/2/7 NF空港
この中間はトレッドミルかウォーキングマシンでの調整を行っています。「状態はいい意味で変わりありませんでしたで、徐々にキャンターペースを速めています。その分負担も大きくなるでしょうか、慎重に状態を見ながら進めていければと考えています」(空港担当者)

19/1/31 NF空港
この中間はトレッドミルかウォーキングマシンでの調整を行っています。「この中間からキャンター調整を織り交ぜて進めています。ここまでの調整過程は悪くありませんので、この流れを維持しながらさらなる良化に努めていければと思います。馬体重は516キロです」(空港担当者)

19/1/24 NF空港
この中間はトレッドミルかウォーキングマシンでの調整を行っています。「ウォーキングマシン運動を行う限りで状態は変わりはありませんでしたので、この中間からトレッドミルでのメニューも取り入れ始めています。まだダク程度の内容ではありますが、問題ないようであれば更に負荷を高めていければと考えています」(空港担当者)

19/1/17 NF空港
この中間はウォーキングマシンでの調整を行っています。「引き続き、マシン運動に留めて楽をさせていますが、大きな変化はありません。今後も左トモの状態をよく見つつ適切な治療を施していければと思います。馬体重は505キロです」(空港担当者)

19/1/10 NF空港
この中間はウォーキングマシンでの調整を行っています。「年末年始を挟んでいますが、こちらでの状態に変化はありません。しばらくは楽をさせる必要があると考えているので、状況を見ながらメニューを構築していきます」(空港担当者)

18/12/26 NF空港
この中間は軽めの調整を行っています。「しばらく軽めの内容で様子を見ていく必要があるということでしたので、このタイミングで北海道へ戻ってきています。経過を見た上でこちらでも状態のチェックを行えればと考えていますので、まずは輸送の疲れをしっかり癒していきます」(空港担当者)

18/12/25 NF空港
24日にNF空港へ移動しました。

18/12/22 NF天栄
「ここまで状態を確認してきてトモの状態は安定していますが、もうしばらくは軽めの調整で様子を見て行く必要がありますので、堀師、クラブサイドと相談をして一度北海道に戻すことにしました。今日NF天栄へ移動しています」(NFしがらき担当者)22日にNF天栄へ移動しました。

18/12/18 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間もトレッドミルでは常歩のペースで動かしています。先週から左トモの状態については大きく変わったような感じはありませんが、引き続き歩様は安定しています。状態の良化度合いについての判断は、ある程度のスパンで考えていく必要がありますし、もうしばらくは軽めの調整を行っていきます」(NFしがらき担当者)

18/12/11 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週後半からトレッドミル調整を開始しており、現在は常歩のペースで動かすことができています。まだそれほど強い負荷をかけていないとはいえ、左トモに反動が出ることはありませんし、歩様も安定していますね。少しずつ確実にペースアップできていますから、馬体のケアも行いながらこのまま進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

18/12/4 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「ここまで曳き運動で様子を見ていましたが、左トモの状態も引き続き安定していましたし、この中間からウォーキングマシン調整も開始しています。少しずつ負荷を上げて動かすことができていますし、歩様も特に問題ありません。体調面の心配もありませんから、様子を見てさらにペースアップしていきたいですね」(NFしがらき担当者)

18/11/27 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間も曳き運動を中心とした調整を行っています。左トモの状態は獣医にもしっかりと診察してもらっていますが、動かしつつも状態はいい意味で変わりありません。様子を見て問題なさそうであれば運動時間を増やすなど少しずつ負荷を上げていき、次の段階へとつなげていきたいと思います。馬体重は503キロです」(NFしがらき担当者)

18/11/20 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「数日舎飼で様子を見ていたのですが、動かしても問題なさそうだったことからすでに曳き運動を開始しています。トモの状態は引き続き慎重にチェックしていますが、今のところは歩様が悪化するようなこともありません。獣医にも定期的に診察してもらいながら様子を見ていきます」(NFしがらき担当者)

応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント