FC2ブログ
2019/05/22

ファナティック 惜しくも2着!!

ファナティックは先週に出走し、惜しくも2着。ファナティックは、頑張ってたけどねー。

三浦皇成騎手、何とかしてほしかったよ!!

松永幹夫調教師は「オークスに出したかった」とどこかでコメントしていたくらい、期待の素質馬ということが分かっていたので、是非とも勝って、秋華賞へのステップを歩みだしたかったのですが、人気薄に足元をすくわれてしまいました。

これで、次はお姉さま方と一緒に走らないとならなくなったわけですね。

自走は6/15に阪神の1800mが牝馬限定で組まれてるので、疲れがなければ、そこらへんを目指すことになるのではないでしょうか。

何とか1勝クラスを卒業して、秋華賞トライアルに出られるようにしてください!!

以下転載です。

19/5/22 NFしがらき
22日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週の競馬はいい結果を出せず申し訳ありませんでした。内も伸びる馬場で、勝ち馬にうまく抜け出されてしまいました。枠が違えばまた結果も違ったと思うだけに残念ですが、力のあるところは再確認しましたし、また巻き返していきたいと思います。輸送もありましたから、いったん放牧に出させていただき、状態を見てから今後のプランを検討していきます」(松永幹師)

19/5/18 松永幹厩舎
18日の東京競馬ではまずまずのスタートを切るも周りの状況を見ながら折り合い重視で進める。直線では外から抜け出すかに見えたが、内をついた勝ち馬に先着を許し2着。「初めて競馬で跨るので以前との比較はできませんが、輸送の影響もあるのか少し気が入っている様子で、ゲートを含め出過ぎたかなと思えるほどでした。それでもそこで行かせてしまうと先につなげにくいですし、外から上がっていく馬もいたのでしっかりと我慢させました。何とかリズムを整えて直線へ向かえ最後まで脚を使ってくれていますが、勝ち馬に内から上手く抜け出されてしまいましたね…。今週は内馬場も伸びやすくなっていただけに、枠の内、外の差もあったと思いますが、いい馬でチャンスをいただいただけに申し訳ありませんでした」(三浦騎手)「直線では外からしっかりと脚を使ってくれましたが、勝ち馬に内をすくわれてしまいましたね…。広いコースでしっかりと結果を出したかっただけに、申し訳ありませんでした。悔しい結果になりましたが、今日は外目の枠で序盤に少し気負っている様子もありましたし、散水したのが乾いて来た午後は内も伸びるようになっていて、内をロスなく回った勝ち馬に流れが向いたこともあるでしょう。決して力が足りなかった訳ではありませんから、前を向いて次につなげて行きたいです。今後はトレセンに戻して状態を見てから考えていきます」(松永幹師)直線ではしっかり脚を使ってくれましたが、よりスムーズに運んだ勝ち馬には届きませんでした。今回はキッチリと決めたかっただけに悔しい限りですが、同世代ではクラス上位の走りができていますから、今日の経験も糧にさらにレベルアップを図って結果につなげていきたいものです。今後はレース後の状態を見てからどうするか判断していきます。

19/5/16 松永幹厩舎
18日の東京競馬(カーネーションC・牝馬限定・芝1800m)に三浦騎手で出走いたします。

19/5/15 松永幹厩舎
15日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで併せて追い切りました。ちょっとズブいところを見せる時もあるので今日はテンからある程度出していくよう指示をしたのですが、しっかりとハミを取ってすんなりと行き脚はついていました。先行する形で進めて最後もそのままきっちり先着という内容で、終いまで動きも良かったですよ。東京への長距離輸送は初めてですが、普段の輸送でも馬運車でバタバタするようなことはありませんし、そのあたりは特に心配していません。広いコースで力を出し切ってもらいたいですね」(松永幹師)18日の東京競馬(カーネーションC・牝馬限定・芝1800m)に三浦騎手で出走を予定しています。

19/5/12 松永幹厩舎
18日の東京競馬(カーネーションC・牝馬限定・芝1800m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて13頭の登録があります。

19/5/8 松永幹厩舎
8日は栗東坂路で追い切りました(56秒0-40秒3-26秒0-12秒8)。「牧場での状態も特に問題ないようでしたので、来週のカーネーションCを目標に無事帰厩しており、今朝は坂路で併せ馬を行いました。テンのペースが遅く、併走相手もあまり動かなかったので時計的にはそれほど強調できるものではないのですが、こちらは終始いい手応えで動けていていましたし、やればいくらでも時計は出そうな感触でした。広いコースは合うと思いますし、自己条件ならば力は上だと思いますから、今回はきっちりと結果を出してもらいたいと思います。なお、鞍上は三浦騎手に依頼しています」(松永幹師)18日の東京競馬(カーネーションC・牝馬限定・芝1800m)に三浦騎手で出走を予定しています。

19/5/3 松永幹厩舎
2日に栗東トレセンへ帰厩しました。

19/5/1 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間は坂路で15-15近くまでペースを上げて乗り込みを行っています。ケアを行いつつ背腰の状態も落ち着いていますし、厩舎サイドとは近々移動させましょうという話をしているところですから、いつ声がかかってもいいように調整を進めていきます。馬体重は473キロです」(NFしがらき担当者)

19/4/23 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週の木曜日にこちらへ到着しており、周回コースと坂路で軽めに乗り出しています。背腰に多少の反動はありますが、カイバはこの馬なりに食べてくれていますし、毛ヅヤも良くて体調自体は問題ありません。しっかりとケアをしながら進め、問題ないようなら3歳馬同士の番組があるうちに出走させることも考えていきます」(NFしがらき担当者)

19/4/18 NFしがらき
18日にNFしがらきへ放牧に出ました。

19/4/17 松永幹厩舎
17日は軽めの調整を行いました。「先週は申し訳ありませんでした。強いメンバーを相手に結果を出すことができれば今後が楽しみになりますし、なんとか最良の結果をと思っていたのですが、4コーナー手前で窮屈になる場面がありましたからね。ただ、それでも最後までよく差を詰めてくれていますし、なんとか巻き返していければと思います。レース後は目立った疲れなどは見せていませんでしたが、背腰のケアも兼ねていったん放牧に出させていただくことにしました。状態次第では3歳馬同士で走れる期間内に戻すことも検討していきます」(松永幹師)

19/4/14 松永幹厩舎
14日の阪神競馬ではスタートを決めて道中は3、4番手のインコースを追走。直線に向いて脚を伸ばすが、逃げた勝ち馬が最後までしぶとく2着。「ハナに立った馬が楽なペースで行っていましたが、この馬自身もしっかりと脚は溜まっていたと思いますし、道中は悪くない形で競馬ができていました。ただ、4コーナーで外から寄られて窮屈になり、そこで仕掛けがワンテンポ遅れてしまったのが痛かったです。馬場を気にしているような感じもありませんでしたし、もったいない競馬になってしまいました。本当に申し訳ありません」(北村友騎手)「僅か4キロでもプラスだったのは良かったと思いますし、少頭数とはいえ強そうなメンバーを相手にどんな競馬をしてくれるか楽しみにしていました。馬場を気にしているような感じもなく途中まではうまく運べていたのですが、エンジンを掛けていくところで外から来られてしまいましたからね…。勝負どころがもっとスムーズだったらと思いますし、勝ち切ることができず申し訳ありませんでした。この後どうするのかはまず背腰や脚元などをしっかりと確認した上で検討していきます」(松永幹師)パドックから落ち着きがあって状態は良さそうに見えましたし、昇級戦でも自信を持って臨むことができました。残念ながら逃げた勝ち馬に展開が向いてしまいましたが、最後まで脚は使ってくれていますし、相手関係や流れ次第で差し切るところまで十分期待できそうです。今後についてはまず馬体をよく確認してから検討していきます。


応援クリックお願いします。
     ↓
 
人気ブログランキングへ

なお、本文はキャロットクラブより許可をもらって転載しています。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント